ずっと同じ方法はNG!? 「ぱっちり&大きな目」をつくる大人のアイメイク

出典: FASHION BOX

目元がくぼんできた、まぶたが下がってきてアイシャドウが塗りにくいなど、年齢を重ねると目元に関する悩みが増えてきます。そんな大人の女性のアイメイクは、今までのような可愛さや華やかさを求めるのではなく、上品な雰囲気を演出することが必要になってくるのではないでしょうか。

そこで、これからマスターしたい大人のアイメイク法を、女優からの支持も厚いヘアメイク・面下伸一さんに教えてもらいました! ブラウンとゴールドでつくる上品な陰影が、魅力的な大人顔に仕上げてくれますよ。

 

HOW TO

STEP 1

出典: FASHION BOX

ゴールドシャドウはラメの細かいものをセレクト。眉頭の下から、まぶたの全部に指で広げます。

STEP 2

出典: FASHION BOX

締め色は黒目の上を起点に、目の幅に色がつくよう左右に広げます。目を開けた際に2mm幅でブラウンが見えると美しい。

STEP 3

出典: FASHION BOX

目の下に締め色を入れることで目の縦の幅が誇張され、ぱっちり目元効果が! ブラシで目の際ギリギリにブラウンを入れます。

STEP 4

出典: FASHION BOX

アイライナーはまつ毛を埋めるように、目の際に沿ってチョコチョコ引いていきます。大人世代は目尻を無理に跳ね上げる必要はありません

STEP 5

出典: FASHION BOX

目の下のラインは黒目の幅だけラインを補足。これもまつ毛を埋めるような感覚で。これで片方のアイメイクが終わりました。

出典: FASHION BOX

左右で比較してみましょう。アイラインの効果がわかります。右目だけぱっちり&大きく見えます!

STEP 6

出典: FASHION BOX

まつ毛が下向きがちな大人のまつ毛にビューラーは必須! まつ毛の生え際を少しはずして、根元、中間、毛先へと少しずつビューラーをずらして上げていきます。

STEP 7

出典: FASHION BOX

下地の液をしごきます。まつ毛下地を使うとカールが長時間、キープできます。

STEP 8

出典: FASHION BOX

次にマスカラです。まぶたを指で持ち上げ、マスカラのブラシはまつ毛の下の根元部分に当て、そこから毛先へジグザグに動かします。両目交互に乾かしながらつけ足しましょう。ジグザグにするとダマになりません。

 

アイラインを上手に引けなかったときは、描いたあとすぐに綿棒でぼかすとガタガタした線も消え、グラデーション効果が出ますよ。また、アイライナーやマスカラが落ちるのが気になる場合には、目尻や目の下の際にパウダーを塗布すると落ちにくくなるので、試してみてくださいね。

 

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph: Shohei Yokoyama(t.cube)
styling: Sanae Kumazawa
hair & make-up: Shinichi Omoshita(faccia)
model: Saori Aoki
text: Yuka Hashimoto, P.M.A. Tryangle
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転用はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ 撮影現場でも使ってる! 1,500円以下の「プロ溺愛」最強プチプラコスメ
 ゴム1本で超簡単! プロ直伝「いつものヘアアレンジ」を格上げする小ワザ

【大人のおしゃれ手帖編集部の記事をもっと読む】
※ 冷凍生活アドバイザーが教える! 目からウロコの「冷凍術​」
※ こんなときどうする? 人間関係を悪化させない「大人の断り方」

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画