いちご

たったこれだけ! 「年齢よりも若々しい肌」に導くお手軽美容法4つ

出典: FASHION BOX

見慣れている自分の顔に違和感を覚えたら、それはエイジングサインの現れかも! だとしたら、早め早めのケアが肝心です。今も10年後も自分の素肌に自信が持てるよう、内側からのケアで肌も気分も上向きに♡

 

温かい飲み物で代謝をアップ

お水
出典: FASHION BOX

冷たい飲み物は、体を冷やして代謝を下げる原因。できるだけ温かい飲み物を摂取する習慣をつけましょう。カフェインを含まないハーブティーや、ビタミンCたっぷりのローズヒップティーを飲むのも◎。

 

糖分を摂りすぎない

糖分を過剰摂取すると、体の中のタンパク質を変形させて、ハリや弾力に重要なコラーゲンを劣化させてしまいます。これが進むと、肌が茶色っぽくなり、くすみの原因に。甘いものを控えたり、抗酸化作用のあるカモミール茶やドクダミ茶を摂るのがおすすめ。

 

ビタミンCをまめに摂取

いちご
出典: FASHION BOX

エイジングケアや免疫力アップ、美白に効果のあるビタミンは、積極的に摂取したい食材です。食生活が不規則な人はサプリメントで補うのも◎。ビタミンCは必要以上に体内に入ると、尿として排出されてしまうので、まとめて摂らないように注意しましょう。1日5回に分けて摂取するのが理想。

イチゴやレモン、赤パプリカやブロッコリー、キウイなどの食材を、毎日の食事に取り入れて。

 

食前に梅干し!

梅干しやパクチー、セロリには、胃液の分泌を促す効果があります。食前に摂ると、体に必要な栄養素(ミネラルやビタミン)の吸収がよくなり、過食を防ぐ効果も。

 

(steady.編集部)
撮影/米玉利朋子(G.P.FLAG)
取材・文/末永陽子
編 /FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ 「よろしかったでしょうか」だけじゃない! 社会人が間違えるヘンな敬語5選
※ 忘れがちだけどよく使う! 「昔は~だった」って英語でなんて言う?

【steady.編集部の記事をもっと読む】
※ 【ZARA】通勤もデートもこれ1着! 正解差し色「赤トップス」の高見えコーデ術
※ 3,990円でオン・オフ使える! 結局ユニクロの「白ジャケット」が最強でした

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画