狭くても部屋がすっきり見え! ケースやかごを活用した「収納ワザ」3選

出典: FASHION BOX

家事効率を考えると、広すぎる家よりも、必要なスペースがコンパクトにまとまった部屋の方が暮らしやすい場合もあります。でも、物があふれてなかなか片付かないと、お客様も呼べないし、かえって家事の効率が下がってしまうことも。

そこで今回は、コンパクトな部屋を選んだ人に聞いた、狭くてもすっきりおしゃれに暮らすアイデアをご紹介します。

アドバイザーは、ライフオーガナイザーのさいとうきいさん。“そろえる”“まとめる”“隠す”の収納術に引き続き、狭くてもすっきり見せるポイントを教えてもらいましたよ!

【Profile】
さいとうきいさん
アメリカ、日本などで60m²未満の部屋に暮らした経験を基に、「スペースを最大限に活用して、狭くても快適な暮らし」を提案。著書に『ものが多くてもできるコンパクトな暮らし』(すばる舎)など。家族は夫と5歳の息子、犬。

さいとうさんが暮らす部屋

Space:55㎡
Family:家族3人+犬1匹
間取り
出典: FASHION BOX

 

小物を入れるケースやかごは定番もので揃えて

さいとうさんの自宅は、小さな息子さんもいるため決してミニマルではないけれど、すっきりと快適な印象。たとえば細かいものはボックスごとにまとめて一元管理したり、そのボックスは黒のファイバーやかご素材の買い足せる定番品に統一していたり。

ちょっとした工夫や心がけで、限りのあるスペースを広々と見せることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

狭くてもすっきり見えるポイント

箱
出典: FASHION BOX

「中身が見渡しやすく、重ねられるのがいい」と愛用中のフラットな浅型フタ付きケース。サイドにラベリングをすれば外からも一目瞭然。

はたき
出典: FASHION BOX

電子ピアノの上のかごにはヘッドフォンとブラシをセットに。

「手に取りやすいので、気がついたときに息子がホコリ掃除をしてくれます」

洗剤
出典: FASHION BOX
食品
出典: FASHION BOX

洗剤系(上)と食品(下)のストック。

「余分なスペースがないので、日用品や食品のストックは専用のかごを決めて、その中に収まる分しか買わないことにしています」

部屋がなかなか片付かないのは、物をしまう場所がないというのも要因のひとつ。だったら収納する場所を増やせばいい、と思いがちですが、逆に、収納スペースに収まるだけの量しか持たないというのも、部屋をすっきりさせるコツ。

それが本当に必要なものなのか、しっかり考えてから買い物をするということも大切ですね。

 

(リンネル編集部)
photograph:Akira Yamaguchi
text:Kazuyo Nojiri, P.M.A. Tryangle
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ 「よろしかったでしょうか」だけじゃない! 社会人が間違えるヘンな敬語5選
※ 3日でマイナス2kg!? 食べるだけでやせる「魔法のスープ」がスゴすぎる

【リンネル編集部の記事をもっと読む】
※ 超実用的な3点セット! 大容量トートバッグやパスケースが『リンネル』5月号についてくる
※ ワンポイント変えるだけ! 部屋をおしゃれに変身させる「ファブリック選び」のコツ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ