アクセサリーを持ち歩くならコレ! 「見た目もGOOD」な携帯ケース

出典: FASHION BOX

旅行先ではもちろん、仕事帰りにデートやお出かけをする時など、気分やイメージを変えるためにアクセサリーを持ち歩くことって意外とありますよね。でも、そのままバッグの内ポケットなどに入れてしまうと、必要な時に取り出しにくかったり、ピアスやリングなどの小さなものだとなくなりそうで不安だったり……。

そんな時は、アクセサリー専用のケースやポーチなどを持っておけば便利です! アクセサリー用ケースは、ネックレスなどが絡まったり、中でアクセサリーが遊んだりしないように、小さめのサイズを選ぶのがポイント。衝撃から守るクッション性も重視して選んでくださいね。

 

携帯アクセサリーケース

出典: FASHION BOX

繊細なアクセサリーを入れるのにちょうどいいソフトなレザー。クリーンな白で、カバンの中に爽やかな風を呼び込みます。

[H6.5×W9cm]¥8,000/アエタ(アルファ PR)
出典: FASHION BOX

ポイントになる蝶の刻印とニュアンスのある白にひと目惚れ。

[H11×W11cm]¥15,000/ミナ ペルホネン
出典: FASHION BOX

フェイクファーのライニング。パールのネックレスなど、絡みやすいアクセサリーを入れても安心。

[H7×W10×D10cm]¥8,000/レアジェム
出典: FASHION BOX

強度のある紙素材。和紙ならではの風合いに温かみが。

[各H7.7×W8.2cm]各¥1,800/SIWA|紙和(SIWA Collection 銀座店)
出典: FASHION BOX

目を引くイエロー。経年変化を楽しめる素上げ革ならシミや日焼けも味わいに。

[H7×W7.5cm]¥7,000/genten(クイーポ)

高価なものや思い出深いものなど、お気に入りのアクセサリーは大切に扱いたいものですよね。専用ケースがあればなくす心配もありません。ぜひ試してみてください!

 

(リンネル編集部)
photograph:Keiko Ichikawa
styling:Mari Nagasaka
text:Ai Watanabe,P.M.A.Tryangle
編/FASHION BOX
※サイズ表記は[H高さ×W幅×Dマチ]です
※画像、原稿の無断転載はご遠慮ください
 

 

【オススメ記事】
※ 手取り10万円台でもOK! 簡単なのに今年度中に「100万円」貯める方法
※ 「よろしかったでしょうか」だけじゃない! 社会人が間違えるヘンな敬語5選

【リンネル編集部の記事をもっと読む】
※ サッとはおって初夏まで着まわし! 1枚あれば超使える「ジャケット」はコレ
※ 狭くても部屋がすっきり見え! ケースやかごを活用した「収納ワザ」3選

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画