起きたら腰痛…はマットレスのせい!? 酷暑の今こだわりたいオススメ寝具

出典: FASHION BOX

寝室は、日中の疲れをとり、気持ちのいい朝を迎える場所。リネンは肌触り、枕は高さやフィット感が大切ですが、マットレスはやっぱり寝心地重視。インテリアスタイリストの石井佳苗さんは、「“眠る”だけでなく、自分の心と体を整える場所でもあると思う」と言います。暑さが体に堪える夏こそ、「快眠」について考え、自分の体や寝相に合った寝具を見直して快適で居心地のいい空間にしたいですね。

石井佳苗さんおすすめのマットレス2ブランド

優れた通気性と寝返りをうちやすい寝心地の「マニフレックス」

出典: FASHION BOX

独自に開発した高反発フォーム<エリセオル®>を100% 使用した、張りと弾力性に優れたマットレス。寝返りがうちやすい硬めで、かつホールド感もある寝心地。体をしっかり休めてくれるので、スポーツ選手にも愛用者が多いことで有名です。通気性に優れているので一年中快適に眠れそう。

「モデル246」シングル¥36,300~/マニフレックス

 

体に優しい寝姿勢をサポートする「レガリア」

出典: FASHION BOX

体の凸凹を吸収する独自開発の高品質素材を重ねた多層構造で、上質な寝心地を追求してきた「レガリア」のマットレス。新登場したモデルの「サークレット」は、フィット感と通気性を高めるとともに「腰部分はしっかりめがいい」という声に応えて、腰部分のスプリングのサポート性を高める仕様になっています。腰痛が気になり始める大人世代にうれしい限り。

シングル¥139,000 (税込)~/サークレット(IDC OTSUKA)

 

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph: Koji Honda
styling: Kanae Ishii
edit&text: Masaki Takeda
edit: FASHION BOX, P.M.A.Tryangle
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

#
# 睡眠
の記事もチェック♡

【関連記事】
化粧水まで自家製!「元ミス日本流」の節約ライフとは
実は食べられる、どこにでもある「野草」3選

【大人のおしゃれ手帖編集部の記事をもっと読む】
蒸し暑い日の“とろみ服”コーデで女っぷり底上げ↑↑
シャネル「ココ クラッシュ」は大人女子のお守りリングに◎

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ