“男顔”でもかわいい服が着たい!さりげない甘めコーデなら似合います◎

出典: FASHION BOX

この秋、アジアンビューティ系の人にチャレンジしてほしいのは、女性らしさをほどよくプラスしたスタイル。フェミニン度を上げて、いつもと違うおしゃれを楽しんでみて。

<こんな人におすすめ!>

涼しげなアジアンクールビューティ

キリッとしたマニッシュな顔立ちがカッコいい。フレーム感が際立つシュッとした体からはスタイリッシュなムードが。そんな雰囲気のなかに潜ませているちょっとした乙女心を、服装で表現したい。

Brush Up! プチフリルやドット柄でさりげない甘さを

<Style 1>

出典: FASHION BOX

動くたび軽やかに揺れる、シフォンライクなスカートの裾に視線が集中。ドットとボーダーという遊び心のある柄ミックスは、黒のカーディガンで引き締めて。

スカート¥22,000、
カーディガン¥19,000/ともにジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード ルミネ大宮店)
プルオーバー¥2,769/無印良品(無印良品 池袋西武)
ソックス¥2,600/コンジェ ぺイエ アデュー トリステス
靴¥59,000/コモン プロジェクト(ジャーナル スタンダード ルミネ大宮店)

<Style 2>

出典: FASHION BOX

首元にフリルがあしらわれた、クラシカルなブラウス。甘さをコントロールすべく合わせたのが、ガンクラブチェックのサスペンダーパンツ。上品な“おじさん感”を加えるのが、今の気分。

ブラウス¥15,000、パンツ¥29,000、
サスペンダー¥9,500/すべてネストローブ(ネストローブ 表参道店)
ニット帽¥10,000/MHL(アングローバル)
カゴバッグ¥29,000/アデュー トリステス

 

(リンネル編集部)
photograph: Tomoya Uehara
styling: Kumiko Motose
hair & make-up: Megumi Kato, Yoko Fuseya
model: Dona(BARK in STYLe)
text: Momoko Miyake, P.M.A.Tryangle
edit: FASHION BOX, P.M.A.Tryangle
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

#
# コーディネート
の記事をチェック♡

【オススメ記事】
余ったそうめんで作る時短の和え麺レシピ
ジャケットが暑い日はシャツワンピを羽織るべし

【SWEET WEBのオススメ記事】
最後の撮影で安室ちゃんに贈ったものは…
ノーファンデ!? まゆゆの美肌にうっとり!

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ