定番コーデがぐっとこなれる!手持ちの服へのちょい足しワザをスタイリストが伝授

出典: FASHION BOX

着こなしの悩みで多かったのが、コーディネートがマンネリ化してしまうという声。 ここでは、手持ちの服がひと工夫で見違えるアレンジ術をスタイリストの石井あすかさんから教わります。

カジュアルシャツ+カーゴパンツ

王道の組み合わせは旬のディテールを意識

出典: FASHION BOX

無難に陥りがちな鉄板服のワンツーコーデでも、シャツが今年らしいスキッパー×ストライプ柄なのでおしゃれ! そのまま着ただけでもカジュアルでかっこいいけれど、もうひと味プラスするとお出かけシーンにも活躍するスタイルに。

コットンスキッパーストライプシャツ¥ 24,000/ダブルビー、カーゴパンツ¥ 26,000 /ティッカ、黒ハイカットスニーカ ー¥6,500 /コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

 

レイヤードと小物使いで一気にお出かけスタイル 

出典: FASHION BOX

ワンツーコーデで物足りないときに活躍するのがはおり。ローブなら、大人っぽくて着やせ効果も大。ベルト代わりにスカーフを巻くとアクセントに。シャツの袖とパンツの裾をまくって、こなれ感も演出すると◯。

シャツとパンツは着まわし。コットンローブワンピース¥48,000 / HANNOH WESSEL (キコ)、スカーフ¥18,000 / 45R(フォーティファイブアールピーエムスタジオ)、スニーカー¥20,000/K.T キヨコ タカセ(ファイブフォックス カスタマーサービス)

モノトーンスタイル 

ミニマムな装いこそ流行りのシルエットで

出典: FASHION BOX

つい“モノトーン頼り”になりがちな人は、シルエットで今感を。定番服こそ流行との微調整が必要。
トップスは、肩に切り替えのないドルマン仕立て×前上がりデザイン、パンツはサルエルのモードな装い。

ウールホワイトメルトントップス¥26,000 / プレインピープル(プレインピープル丸の内)、パンツ¥13,800 /ミズイロインド(マーコート)、シューズ¥18,000 /ミナ ペルホネン

鮮やかな赤を投入して女子感とメリハリUP 

出典: FASHION BOX

気分を変えたい日は、インパクトのある色や流行服を足して旬にアップデート。
黒×白に負けない鮮やかな赤を小物で散らし、流行りのポンチョ風×チェック柄のはおりで、こなれた雰囲気をプラス。

トップスとパンツは着まわし。リネンウールドレープカーディガン¥19,000 /ミズイロインド(マーコート)、ハット¥36,000 / キジマ タカユキ、バッグ¥53,000/ミニ(ともにビショップ)、スカーフ¥11,000 /マニプリ(フラッパーズ)、ブーツ¥30,000 /ダンスコ(シースター)

 

華やぎ素材で主役なスカートスタイルに 

出典: FASHION BOX

主役服に格上げするならスカートにチェンジ。モノトーン配色×スカートは地味になりがちなので異素材使いのプリーツで存在感を出し、フェミニンなネックレスとファーの靴を足してぐんと華やかに。

トップスは着まわし。プリーツニットボーダースカート¥36,000/アデュー トリステス、ネックレス各¥24,000 /フローリアン、 イヤリング¥15,000 /イリディウム(ともにアッシュ・ペー・フランス(本社))、ファーミュール¥37,000/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店)、タイツ/ スタイリスト私物
(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph:Tadaaki Omori
styling:Asuka Ishii
hair & make-up: Syoko Narita
model: Tomoko Watanabe
text: Mizuki Sakaguchi
edit: FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

#着まわし
の記事もチェック♡

【大人のおしゃれ手帖編集部の記事をもっと読む】
子どもが喜ぶ&低カロリーで嬉しい里芋のマッシュの作り方
下半身のムダ肉をカバー!着やせコーデのポイント追究

【SWEET WEBのオススメ記事】
ホテルでくつろぐ赤ショーツ姿の紗栄子
この冬手に入れるべき“ほわほわ三種の神器”

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ