シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集

シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集

出典: FASHION BOX

季節を問わず相性抜群のシャツとデニムのコーディネート。今回は簡単に真似ができるコーディネート術をご紹介します。いつもと違うスタイリングに挑戦してみて!

《目次》

シャツ×デニムサロペットの大人コーデ

※本記事は2019年2月13日に初掲載されました

大人のつなぎやサロペットはおしゃれさんの間ではもはや定番アイテム。着こなし方を少しアレンジするだけでおしゃれ度がアップします。

シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集
出典: FASHION BOX

小林夕里子さん
IDÉE VMD
age_ 41 height_ 164cm

「デニムのオーバーオールに、クリーンなジャケットと白シャツでハズしを入れたスタイルです」。ボウタイ風に巻いたリボンでドレス感も投入。カジュアルときれいめのバランス感覚がお見事です。

☆続きは「ズボラ女子でもおしゃれに見える!? 簡単にキマる“つなぎ”コーデ6選」でチェック

(リンネル編集部)
photograph: Kimiko Kaburagi, Jun Fujiwara, Asako Hoshi, Tomoko Yonetamari, Kiyono Hattori, Akira Yamaguchi
text: Hanae Kudo, Aya Kuribayashi, Ai Watanabe

【オススメ記事】
丈が絶妙! ビッグシャツをワンピ風に着るウラ技を公開‼︎
やんちゃだけど女っぽいデニムコーデ! 真似できるテクがたくさん♪

永遠の定番コーデは白シャツとデニム

※本記事は2019年4月20日に初掲載されました

モノトーンコーデやミリタリースタイルなど、オトナ女子のカジュアルスタイルで長く愛される定番アイテムをご紹介。オススメやこだわりポイントも教えてもらいました!

1er Arrondissementの白シャツ

シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集
出典: FASHION BOX
シャツ¥20,000、ニットキャミソール¥12,000(共にプルミエ アロンディスモン)、デニムパンツ¥22,000(B SIDES/全てプルミエ アロンディスモン)、ピアス¥15,000(エンフォルド)

「ヌケ感のあるシャツは毎シーズン、アップデートしながら販売してます。今季はイタリアの老舗シャツメーカー、カンジョーリの生地を使用。サイドスリット入りでニュアンスが出しやすい!」(PR 長谷川貴昭さん)

☆続きは「1回買えば長く愛用できる! 人気ブランドのロングヒット商品教えます♡」でチェック

photograph_FUMI KIKUCHI[impress+]
styling_ERINA KAWASE
hair & make-up_YOKO HIRAKAWA[mod’s hair]
model_REINA ASAMI
(otona MUSE 2019年5月号)

ストライプシャツがポイントのコーデ

※本記事は2018年8月26日に初掲載されました

おしゃれに定評のある人気モデルみっこが私服を大公開。

ストライプシャツにおリボン♡ 私好みの王道フレンチ決定版

シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集
出典: FASHION BOX

「大人になった私にも似合う、理想的なフレンチスタイルがこちら。ストライプシャツのフロントリボンや頭に結んだリボンで甘さは取り入れつつも、ヌケ感が出るように肩を抜いてシャツを着たり、デニムでカジュアルダウンしたりと可愛さの度合いを大人向けに調整してます。でもきっとこのコーデは10年後も好きだな♡」

頭に結んだリボン、NO BRANDのカゴバッグ/共に本人私物

今回着用したのはこの3つ

シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集
出典: FASHION BOX

左:KALITAのセットアップ(トップスのみ)
「上下でも単品で着ても今季らしさが叶う、夏らしいリネン素材のセットアップ。肌見せは大胆なんだけど、ラフでこなれた雰囲気のカーキなので嫌らしく見えないの」/本人私物

中:KHAITEのストライプシャツ
「ほっこりするチェック柄よりストライプが昔から好きなので、シャツはストライプか無地をよくセレクトします。このシャツはヒトクセあるリボンデザインがツボ」/本人私物

右:ROLLA'Sのデニム
「自称デニムオタクな私が、すごい頻度ではいているのがこの1本。トレンド感のあるハイウエストと美シルエットはもちろん、とにかくはき心地が極上。まさに神デニム!」/本人私物

☆続きは「秋の気配を感じる日は、シャツを着崩したパリジェンヌ風スタイルで」でチェック

(sweet編集部)
photo:SAKI OMI[io](model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling & model:MIKIKO YANO
hair & make-up:KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
edit:ICHIKO IIJIMA

シャツはワイドパンツとも好相性

※本記事は2018年4月23日に初掲載されました

この春夏トライするなら、断然ワイドデニム。脚長効果がありスタイルアップしつつ、リラックス感のあるコーデを作ってくれる!

スウィートなレースブラウスでグッドガールに!

シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集
出典: FASHION BOX

レースのシャツ、パールネックレスとガーリーシックなアイテムをチョイスして、ワイドパンツをグッドガールなムードに。こんな甘いアイテムを大人が着こなせるスタイルに仕上げてくれるのがワイドパンツの成せる業。

パンツ¥12,000(ロペ マドモアゼル/ジュンカスタマーセンター)、シャツ¥24,000(ルル・ウィルビー/アルアバイル)、ネックレス¥60,000(リラ バイ スピック&スパン/リラ バイ スピック&スパン ルミネ池袋店)、バッグ¥7,400(エミ アトリエ/エミ ニュウマン新宿店)、シューズ¥90,000(ジェイ・エム・ウエストン/トゥモローランド)

☆続きは「足長効果抜群♡ 大人のリラックス感を演出する『ワイドデニムコーデ』3選」でチェック

(otona MUSE編集部)
photograph_MAYA KAJITA[e7]
styling_AYA KANEKO

羽織シャツ×スキニーデニムコーデ

※本記事は2019年5月28日に初掲載されました

ベーシックカジュアルを信条とするスタイリスト金子綾さんにとっての、気持ちよくって楽な服とは? 今回は冷房や日差しよけに便利な「羽織り」アイテムに注目。“物足りない日に腰や肩に巻いてアクセントに”するなどプロならではの裏ワザも。いいものを知る大人の本音、必見です!

《BROOKS BROTHERS》のメンズシャツと《REPLAY》のスキニーデニム

シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集
出典: FASHION BOX
シャツ※メンズ¥9,000(ブルックス ブラザーズ レッド フリース/ブルックス ブラザーズ ジャパン)、パンツ¥36,000(リプレイ/ファッションボックスジャパン)、タンクトップ¥4,980(マウジー/バロックジャパンリミテッド)、バッグ¥25,000(エディット フォー ルル)、靴¥11,000(レインボー サンダル/ジャーナル スタンダード 表参道店)、ピアス¥14,000(SIBILIA/デ・プレ)

「メンズサイズのシャツをオーバーサイズの羽織りアイテムとして使うのは、もはや夏の定番テクニックかなと思っています。清潔感がある、仕立てのいいものがオススメ。ギュンと伸びて戻りのいいスキニーデニムを合わせてシルエットの落差を楽しみたいですね。ギュンギュンに伸びるスキニーデニムは、私も黒やグレーをはいています。着心地のいいモノトーンスタイルには欠かせませんよね」(金子さん)

☆続きは「ばさっと羽織ってもサマになる! 着心地のいいシャツ&軽アウター」でチェック

photograph_SATOSHI KURONUMA[aosora](model)
styling_AYA KANEKO
hair & make-up_MAIKO INOMATA[TRON]
model_RENA TAKESHITA
(otona MUSE 2019年6月号)

体形の悩みもシャツとデニムで解決!

※本記事は2018年2月10日に初掲載されました

脚や腰まわりなど、人によって体形の悩みはさまざま。そんな悩みを、みんな持ってるデニムで解決しちゃいます!

手ごわい腰まわりは“羽織って隠す”で解決

シャツ×デニムコーデはハズレなし! 簡単に真似できるコーデ集
出典:https://fashionbox.tkj.jp

ウエストやヒップラインは年々シルエットが変わってくるもの。デニムで押さえ込んでも飛び出てくる……そんな手ごわいお腹はジャケットやシャツワンピなどアウターを羽織って隠す! シャツワンピなら部分的にボタンを開けて抜け感を作れば洒落度も更新、ハイライズでのベルトも効果的。

デニム2万3000円(アッパーハイツ/ゲストリスト) シャツワンピース5900円、ベルト2900円(ともにセンスオブプレイス/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店) バッグ9000円(ビリティス・ディセッタン/ビリティス)

☆続きは「【タイプ別】手持ちのデニムで体形の悩みをおしゃれに解決!」でチェック

(GLOW編集部)
撮影=和久井ひとみ
スタイリスト=一場 遥
テキスト=中村三枝子
※本記事は『リンネル』『otona MUSE』『sweet』『GLOW』に掲載された過去の記事を再編集したものです
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※掲載商品は、店頭での取り扱いが終了している場合があります。ご了承ください
編/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ