ラファエルの素顔はイケメン?大人気YouTuberが仮面の秘密を明かす!

出典: FASHION BOX

(2020年1月11日 更新)

高級時計を買い、ランボルギーニを乗り回す! ハチャメチャ動画で人気を博す“ラファエル”。彼のYouTuberとしての成功の裏側には、まだ語られていない苦悩があった! これまで過ごしてきた波瀾万丈な人生と、困難を乗り越えてきたロジックをここで激白。異色の仮面YouTuber“ラファエル”。その明るい成功の裏にある計算された人生のロジックとは——。

≪目次≫

 

人気YouTuber「ラファエル」のプロフィールを紹介

出典: FASHION BOX

ラファエル

YouTuber、実業家。大阪府生まれ。定時制高校を卒業後、パチンコ店に勤務。その後、自衛隊や営業職など経てYouTuberに転身。自衛隊で鍛え抜かれた肉体、営業職で培ったトーク力とビジネスセンスを武器に、瞬く間に人気YouTuberの仲間入りを果たす。チャンネル名はラファエル Raphaelで登録者数は130万人を超える(2019年9月現在)。

出典: FASHION BOX

架空請求業者が家に来た!
▶動画再生 3,027,721回視聴

出典: FASHION BOX

またランボルギーニの色を勝手に黒に戻してみたドッキリ
▶動画再生 2,970,632回視聴

出典: FASHION BOX

進撃のノアの自宅初公開! 日本一稼ぐキャバ嬢の暮らし!
▶動画再生 2,649,429回視聴

出典: FASHION BOX

お金が無いのでランボルギーニ売ります!
▶動画再生 2,328,965回視聴

出典: FASHION BOX

1億円の時計購入!プラチナカードの限度額で一番高い上限額の買い物をしてみた結果
▶動画再生 2,054,731回視聴

【オススメ記事】
[限定動画も]サンシャイン池崎の“保護猫ライフ”に異例の取材殺到!猫愛がヤバすぎた
人気声優ゲーマーが語る!「ゲーム配信の魅力」とは?

 

「好きなことで、生きていく」仕事が本当にあったんです!

――ネット上を主戦場にするYouTuberも、最近では、様々なメディアに登場して人気を得ています。その中で、仮面で素顔を隠したラファエルさんは異色の存在だと思うのですが、YouTuberを始められたきっかけは、どういったものだったんでしょうか。

「当時、僕はサラリーマンだったんですが、あるTV-CMを観たのがきっかけで人生が激変しました。それが“好きなことで、生きていく”というYouTubeのCMで、コピーとともに、先輩のヒカキンさんが出演されていたんです。それを観たときに『そんな仕事、存在しないだろ』と思ってググッてみたら、そんな仕事があったんですよ(笑)。

YouTuberは、お金も事務所もいらない。一般人も、やる気さえあれば、楽に稼げる仕事だったんです。2014年頃は、まだ、そういう時代だったんですね。

僕は一部上場企業に勤める営業職だったんですが、少し“しゃべりのスキル”があれば、単純にYouTubeでも稼げるんじゃないかと思ったんです。そこでいろいろ分析やマーケティングをしたんですが、調べれば調べるほど勝算が見えてきたんですね。ですから最初から、稼ぐためのビジネスにしようとして参加したんです」

出典: FASHION BOX

――とはいえ、まだYouTubeが爆発的に流行る直前で、ちょうどアニメ映画『アナと雪の女王』の歌マネを投稿するのが注目されていた時期ですね。でも、誰もYouTuberを職業にしようとは思わなかったんじゃないでしょうか。

「そこで足を踏み出して、同時期にデビューしたりバズったのが、第2世代と呼ばれるヒカルさんだとか、禁断ボーイズさんでした」

――人気者になりたかったんじゃなくて、仕事になるかどうかの判断だったんですね。

「そうです、そうです。僕はFXとかもやっていて、グラフを見て予測するのが好きだったんですよ。YouTubeも分析していくと、いろいろな条件が適(かな)えば、投稿した動画の視聴者数のグラフが上がるのがわかりました。

それで、すぐやろうと。最初、ハンディカムと三脚、照明機材を買ってきたんですが、初期投資は20万円もいってません。当時は、そんなにお金が潤沢にあったわけではないので、元手がいらないのも魅力的でした」

――ラファエルさんは、そのマスクが最大の特徴ですが、最初から被っていたんですか。なぜマスクを付けようと思ったんでしょうか。

「マスクを付けたのは、サラリーマンだったので、まわりにバレたくなかったのが最大の理由です。サラリーマンは副業がダメだったんで、顔を隠す必要があったんですね。

そもそもサラリーマンの業務と同時進行のYouTuberだったので、動画を作る時間は帰宅してからです。その頃、もう係長という役職付きだったので、家では仕事や資格の勉強もしないといけない。すると身だしなみを整え、髭を剃って、髪にワックスをつけてヘアメイクもする……なんて時間は一切ないんです。

帰宅してから限られた時間で、どんなことができるかを考えると、家に入った5分後にはカメラの前に立つ必要がありました。ですから時間を稼ぐには、動画制作の作業工程の回数を少なくするしかなかったんです。すると一番いいのはマスクを付けて顔を隠す、服はフード付きのパーカだという結論に達したんです。時間との勝負だったんです(笑)。

それにYouTubeのロジックを検証すると、ちょっと身近な、お兄さんタイプのイケメンじゃないとダメだとか、見た目も重要なんですね。だったら、それを無効にできるのは仮面だろうと(笑)」

――最初は、あの白いマスクじゃなかったとか!?

「動画の第1回だけ、服はスーツ姿、頭にはフランスパンを入れるようなチープな紙袋に目の穴を開けて被っていたんです。でも、これは違う! というのは、すぐに気づいたんで、大事には至らないで済みました(笑)。この直後、ヴィレッジヴァンガードでマスクを見つけて、2回目から今のスタイルにな
りました」

********************
ラファエルYouTube傑作選
********************

出典: FASHION BOX

お店の客が全員ラファエルの元カノドッキリ
▶動画再生 5,783,506回視聴
RAPHAEL'S COMMENT
「撮影当日は本当に空気が悪くて絶対いい動画にならないと思ってました。本当に現場の空気が事故だったのでお蔵入りも考えました」

 

【オススメ記事】
ブログが書籍化!“好き”をとことん追求して毎日が輝きだしたOLの話
ゲームで億万長者に!?“eスポーツ”で稼ぐ2つの方法
YouTubeで人気のカワウソ、コタロー&ハナの暮らしをチラ見せ!

 

********************
YouTube登録者数130万人超え!
日本一の時給を誇る白い仮面の人気YouTuber、ラファエル初の自伝本。
********************
借金、親の離婚・死別、自衛隊入隊、アカウント削除、壮絶人生を乗り越えたラファエル自伝。“成り上がる”ためのたったひとつの方法。

出典: FASHION BOX

『無一文からのドリーム』1200円+税 宝島社刊

これまで明かしてこなかったラファエルの半生のすべてを振り返った、ドキュメンタリー本。決して恵まれていなかったラファエルの半生や、自衛隊や営業マンの経験を経て、時給日本一のYouTuberとなったラファエル流・仕事術などのビジネス要素を書き綴った一冊。

※ 本文中の動画再生回数は8月31日現在のものです
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
撮影_大村聡志
取材・文_幕田けいた
Web編_FASHION BOX, 安藤彩紀[vivace]
smart 2019年11月号
【いま読まれている人気記事】
菓子パンやカレーのルーも要注意!? やめないと心と体に危険が及ぶ食事とは
化粧水なら絶対コレ! 一度使ったら手放せない神アイテム5選
[笑える画像集]なんでそうなった!?街のおもしろ表示
【雑学】あの常識、実はウソだった!
全オトナ女子共感!絶対見せられない体のアノ部分[常滑川マリカの日常]
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチ まとめ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ