忘れがちだけどよく使う! 「昔は~だった」って英語でなんて言う?

出典: FASHION BOX

ハワイのマキさんが外国人とのコミュニケーションやSNSですぐ使いたくなるおしゃれ&可愛い英語をレクチャー。今回は、過去の習慣を表現するときに使うポピュラーな助動詞“used to”をマスターしましょう。

 

「昔は〜だった」と過去の習慣を話す表現

“ I used to live in Seattle.”
私は昔はシアトルに住んでいました。

ALOHA! ハワイのマキ・コニクソンです。

最近はあちこち飛び回っていてハワイを留守にしがちですが(笑)、私は毎日をエンジョイしています。どんな状況も楽しめるかは自分次第。感謝の気持ちを忘れず、今日もお互いハッピーな一日を過ごしましょうね!

さて、お題は、日常会話で非常によく使う助動詞“used to〜”。助動詞はその名のとおり、動詞をサポートする言葉で、will,can,may,shouldなどと同じように、後ろに動詞の原形をつけて使います。

“used to〜”は、「昔は〜だった」と過去の習慣や状態を表し、「今は〜ではない」という意味も含まれます。単純な過去形の文章 “I lived in Seattle.(私はシアトルに住んでいました)”では、今シアトルに住んでいるのかは判別できませんが、“I used to live in Seattle.”は「私は昔はシアトルに住んでいました(が今は住んでいません)」と現在の状況も分かります。

“used to〜”は「かつて、昔は〜だった」と漠然とした期間や時期を表すときに使うので、「2年間住んでいた」のように具体的な期間を表現するときには“used to”ではなく、“I lived in Seattle for two years.”と過去形を使います。間違えないように覚えましょう。

 

Advanced Version

スヌーピーのぬいぐるみ
出典: FASHION BOX

“I used to be quiet.”
私は昔は静かだったんだよ。

“used to”は助動詞なので、後ろに形容詞や名詞を入れるときは必ず“be”をつけましょう。名詞の場合は“I used to be a teacher.(私は昔は先生だった)”のように冠詞も忘れずに!

 

Maki's Favorite Phrase 

韻を踏んだ単語を並べたり、クスッと笑える言葉のかけ合いだったり。翻訳するのは難しいけれど知っていると楽しい言葉遊びをご紹介。マスターしたら一歩ネイティブに近づけるかも!?

“Yummy yummy for my tummy.”
美味しくてお腹が喜んでいる!

発音を日本語にすると「ヤミー ヤミー フォー マイ タミー」。“yummy(美味しい)”と“tummy(お腹)”で韻を踏んだ、子ども言葉のフレーズ。とにかく美味しいときに使うお茶目な表現。

“See you later alligator.”“In a while crocodile.”
じゃあ、また後でね

別れ際に交わす英語のダジャレ。“later (レイター/後で)”と“alligator ( アリゲーター/ワニ)”が韻を踏んでいて、“alligator (ワニ)”に対して“crocodile(クロコダイル)”で返すのが面白いですよね。

 

(sweet編集部)
edit_KAORI SUTO
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ 気分が沈む、朝起きられない…今日からできる「ウィンターブルー」の対処法
※ えっ、これだけで!? 「お金がどんどん貯まる」お財布の基本ルール3つ

【sweet編集部の記事をもっと読む】
※ 【テレビCM】スヌーピーグッズがなんと6点ついてくる! 『sweet』最新号の付録に注目
※ 赤リップで色っぽく♡ マネしたくなるマギー流「モテ顔」のつくり方

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ