赤箱

わたしとカウブランド赤箱のある暮らし

出典: FASHION BOX

暮らしまわりにこだわる目利きさんの間でも、赤箱を使う人が増えています。
赤ちゃんと一緒のお風呂や子どもの手洗い、軽いメイクのときの洗顔まで、いつでもやさしく洗い上げてくれる赤箱の魅力について聞きました。

 

\AKABAKO LIFE 1/
赤箱は洗顔にもおすすめです

モデル kazumiさん

赤箱は洗顔にもおすすめです
出典: FASHION BOX
カシュクール¥25,000/メゾン ド ソイル(メゾン ド ソイル 恵比寿店)、ヘアバンド/スタイリスト私物

「赤箱は、泡立てネットでもちもちの泡が立って、洗顔中も泡がへたらないので、洗いやすいです」。釜だき製法の赤箱は、うるおいを守るミルク成分とスクワラン配合。洗い上がりはすべすべの肌に。

うるおいを保つスクワラン配合!

うるおいを保つスクワラン配合!
出典: FASHION BOX
プルオーバー¥24,000/メゾン ド ソイル(メゾン ド ソイル 恵比寿店)

【PROFILE】
雑誌やCM、広告で活躍中のモデル。WEARのフォロワーは100万人を超え自然体の着こなしにファンが多い。著書に『kazumi 普段のおしゃれの作り方』(宝島社)。

赤箱のうるおいの理由は「釜だき製法」にあり

赤箱は、国内の工場で手間のかかる釜だき製法(ケン化塩析法)で作られています。材料の天然油脂を加熱、かくはんして約1週間熟成。この工程を経ることで、保湿効果の高い成分をほどよくふくんだ、赤箱ができるのです。

 

\AKABAKO LIFE 2/
家族みんな赤箱で手も体も洗っています

フォトグラファー 西 希さん

家族みんな赤箱で手も体も洗っています
出典: FASHION BOX

「実家で小さいころから赤箱を使っていたので、当然のようにお風呂も手洗いも赤箱を選んでいます。長く続いているブランドだし、シンプルな処方なので、赤ちゃんの体や髪を洗うときにも使っています。もちもよいので、家族全員で使う我が家にぴったり」。92年の歴史をもつ赤箱だから、親子3代で愛用している人も多いようです。

【PROFILE】
デザイナーを経てフォトグラファーに。 2010年より独立。『リンネル』をはじめ、暮らしまわりやファッションの撮影で活躍。5歳、2歳の2児の母。

 

\AKABAKO LIFE 3/
石けんで落とせるコスメが増えています

ヘアメイクアップアーティスト 高松由佳さん

「最近はミネラルコスメなど石けんで落とせるメイクが増えているので、赤箱は常備しています。泡立ちもよくクリーミーでふわふわの泡が気持ちいいですね」。肌に必要な皮脂をとりすぎずに、汚れを落としてくれるのが赤箱のよいところ。石けんのよさが見直されています。

赤箱でもっちり
泡洗顔がおすすめ

石けんで落とせるコスメが増えています
出典: FASHION BOX

【PROFILE】
サロンワークを経て、資生堂SABFAへ入学。ヘアメイクアップアーティスト山本浩未氏に師事し、2012年に独立。ナチュラルななかに華やかさのあるメイクが人気。

 

COW BRAND LINE-UP

COW BRAND LINE-UP
出典: FASHION BOX
上:カウブランド赤箱 1個100g ¥100、同 赤箱 125 1個125g ¥120 下:カウブランド青箱 1個85g ¥80、同 青箱バスサイズ 1個130g ¥115

[カウブランド赤箱]しっとり

うるおいを保つスクワラン配合で、しっとりすべすべのなめらかな美肌に洗い上げる赤箱。洗顔後もふんわり続くやさしいローズ調の花の香り。

[カウブランド青箱]さっぱり

豊かでソフトな泡立ち。さっぱりすべすべの肌に洗い上げる青箱。さわやかなジャスミン調の花の香りが広がります。


 

#赤箱女子キャンペーン実施中!

インスタグラムで「@cowakcp」をタグづけ&ハッシュタグ「#赤箱女子」をつけて赤箱の写真を投稿すると、毎月抽選で 5名様に赤箱オリジナルグッズが当たるキャンペーンを実施中!詳しくは下記サイトをご覧ください。

☆キャンペーンの詳細はコチラ

【INFORMATION】
COW BRAND 牛乳石鹸共進社
tel: 06-6939-2080

☆オフィシャルサイトはコチラ

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph: Nozomi Nishi
styling: Emiko Furuse
hair & make-up: Yuka Takamatsu
illustration: Miho Terashita
text: Ema Tanaka
(提供:牛乳石鹸共進社)
(リンネル 2020年5月号)

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ