機転が利くとは? 機転が利く人になるための方法をご紹介!

出典: FASHION BOX

機転が利く人は、職場の仲間や友人、家族からも頼られ、重宝される存在です。緊急のトラブルにも冷静かつ迅速に対応する姿は、自然と周囲の評価にもつながります。しかし、機転が利くとは一体どういうことなのでしょうか? この記事では、機転が利く人の特徴や、機転が利くことによって得られるメリットを解説します。また、実際に機転が利く人のエピソードを集めてみました。さらに、機転が利く人になる方法もご紹介していきましょう。

≪目次≫
●機転が利くとは?
●機転が利く人の特徴
○地頭がよい
○いつも冷静
○洞察力がある
○柔軟性に富んでいる
○迷いのない行動力
●機転が利くことのメリット
○視野が広がる
○選択肢が増える
○取りこぼしや見逃しが少ない
○リスク管理能力が高くなる
○円滑な人間関係を築くことができる
●機転が利く人のエピソード
○「フレキシブルな対応力」(20代・会社員・男性)
○「私を見ていてくれたの⁉」(30代・看護師・女性)
○「かゆいところに手が届く」(40代・経営コンサルタント・男性)
●機転が利く人になる方法
○心に余裕を持つ
○想像力を養う
○柔軟な思考を持つ
○行動力を身につける
○自分の信念を持つ
●機転が利く人になるには、視野の広さと柔軟性、行動力のバランスが大切

 

機転が利くとは?

そもそも、機転が利くとはどういう意味なのでしょうか? 実用日本語表現辞典(weblio)によれば、以下のように説明されています。

読み方:きてんがきく
その場の状況に応じて素早く適切な判断や行動ができること。

その場の状況に応じて、臨機応変な行動を迅速にとること。いざというときに、すぐさま適切な動きや選択ができる人を「機転が利く人」といいます。

※参照:実用日本語表現辞典(weblio)

【オススメ記事】
ネガティブ女子の特徴|恋愛や仕事ができないのは自己肯定感が低いから!?

 

機転が利く人の特徴

機転が利く人の特徴
機転が利く人の特徴
出典: FASHION BOX

どんな状況下においても最適な判断を下し、すぐ行動に移すことができる機転が利く人。ここでは、そんな機転が利く人の特徴をご紹介します。気が利く人や気を遣う人とも違う、独特の対応力や行動力を持っているようです。

 

地頭がよい

機転が利く人は、地頭がいいといわれています。地頭とは、学校での勉強で得た知識などではなく、その人が本来持つ人間性や能力を指すことが多いようです。機転が利くといわれる人は、考える力やコミュニケーション能力が高いため、地頭がすぐれていると考えられます。

いつも冷静

機転が利く人は、常に冷静です。肝が据わっていて、何事にもあまり動じることがありません。イレギュラーな問題が発生しても、焦らずに物事を見ることができるため、常に適切な判断を下すことができるようです。

洞察力がある

鋭い洞察力を持っているところも、機転が利く人の特徴です。物事の本質を見抜く力があり、状況や問題を正確にとらえ、適切な判断と対処ができます。また、経験に基づいた勘のよさも併せ持っているため、その行動にも信憑性が増すようです。

柔軟性に富んでいる

機転が利く人の特徴として、柔軟性に富んでいるところが挙げられます。常識やマニュアルなどに縛られず、常に臨機応変な対応を心がけているからです。周囲の意見や提案も積極的に取り入れ、その場に応じた最善策をチョイスします。

迷いのない行動力

適切な判断ができる人は数多くいます。しかし、機転が利く人の場合、その判断を行動に移す速さが違います。機転が利く人は度胸もあるため、これと決めたら迷いのない素早い動きを見せるのです。このスピード感も機転が利く人の特徴として数えられるでしょう。

【オススメ記事】
ホリエモン初公開! 超一流の「伝える力」とは[“最高のプレゼン”極意]

 

機転が利くことのメリット

いざというときに機転が利けば、周囲はもちろん自分にも大きなメリットをもたらしてくれます。ここでは、機転が利く人が得られる、具体的なメリットを挙げてみました。機転のよさは、さまざまなリスク回避にもつながるようです。

 

視野が広がる

機転が利く人は、物事をさまざまな視点から見ることができます。相手の立場になって考えたり、状況の全体像を客観的に把握するなど、物事を俯瞰でとらえられるのです。このように、視野を広く持てることが機転が利くことで得られる大きなメリットといえるでしょう。

選択肢が増える

さまざまな選択肢から最適な答えを選べるようになるのも、機転が利く人にもたらされるメリットです。機転が利く人は考える力がすぐれているため、たくさんの手段や方法を見つけられます。そのなかから状況にあったベストなやり方を選ぶことができるため、生きていくうえでたくさんのメリットを享受できるでしょう。

取りこぼしや見逃しが少ない

さまざまな選択肢のなかから最善の決断を素早く下し、迷わずに行動へ移すことができる機転が利く人。その迅速な決断や行動は、対応の遅延による取りこぼしや見逃しを大幅に減らし、結果的に周囲や自分へメリットをもたらしてくれます。

リスク管理能力が高くなる

機転が利く人のリスク管理能力は、驚くほど高いでしょう。機転が利く人は、危険回避のための策を練る地頭のよさと合理性を持っています。また、突発的なトラブルが起きても、最小限の被害に食い止めたうえでそつなく対応できるため、リスクを最低限に抑えることができるのです。

円滑な人間関係を築くことができる

機転が利く人は、場の空気を読むことにも長けているため、周囲に対する配慮を欠かしません。普段は、見栄を張らず謙虚そのもの。しかし、何か問題が起きたら自ら率先して行動を起こします。その姿勢が自然に人望や好感を集め、円滑な人間関係を築くことができるのです。

【オススメ記事】
相手を尊重することが大切なビジネス敬語[依頼編]

 

機転が利く人のエピソード

機転が利く人のエピソード
機転が利く人のエピソード
出典: FASHION BOX

ここからは、実際に体験した機転が利く人のエピソードをご紹介します。「機転のよさに助けられた」「その機転にやさしさを感じた」など、どのエピソードからも「さりげない行動力」が機転の利く人の共通点として挙げられているようです。

「フレキシブルな対応力」(20代・会社員・男性)

「参加者が10人と思っていた会議の予定が、実は30人だったと知り、準備担当だった私は頭が真っ白。そんなとき、上司の女性が会議室の変更や資料の追加準備など、てきぱきと冷静に対応してくれました。そのフレキシブルさにいつも助けられています」

「私を見ていてくれたの⁉」(30代・看護師・女性)

「有名な高級中華料理店のランチタイム。店内もにぎわうなか、私が薬を飲もうとバッグから取り出すとすぐに、すっとスタッフが水を差し出してきたんです。あれだけ大勢の客がいたのに、私を見ていてくれたの⁉ とその視野の広さに驚かされました」

「かゆいところに手が届く」(40代・経営コンサルタント・男性)

「私が指示を出さなくても動いてくれる部下がいます。顧客への連絡、書類の準備や整理、クレーム対応など、かゆいところに手が届く感じですね。先を読む力にすぐれ、物事の全体像を把握している、まさに機転が利く証拠でしょう」

【オススメ記事】
生意気な後輩にはどう接すればイイ? 三賢者が教える「職場でのコミュニケーション術」

 

機転が利く人になる方法

素早く最善策を講じて、よくない事態を打開してくれる機転が利く人。できることなら、そんな頼りがいのある人物になりたいものです。ここからは、機転が利く人になる具体的な方法をご紹介します。

心に余裕を持つ

機転が利く人になるためには、まず心に余裕を持ちましょう。心に余裕があれば、自然と視界が広がり、常に周囲や物事を観察できるようになります。その結果、緊急の問題が起こっても、焦らず冷静な判断や行動ができるようになるはずです。

想像力を養う

機転が利く人は、想像力が豊かです。すぐに物事に対するイメージを膨らませることができるため、どんな状況にも慌てず、冷静に対処ができます。日頃から頭の中で物事の進み方をシミュレーションする癖をつけて、想像力を養うようにしてください。

柔軟な思考を持つ

柔軟な思考を持つことも、機転が利く人になるために必要なポイントです。固定観念にとらわれず、物事をさまざまな方向から見るようにしましょう。周囲の意見やアイデアなどからも学ぼうとする姿勢を持てば、機転のよさがさらに磨かれるようになります。

行動力を身につける

迅速な行動力は、機転が利く人の大きな特徴です。ある程度の判断力やひらめきなら、誰でも持っているかもしれません。しかし、すぐ行動に移さなければ、問題の解決にはつながらないのではないでしょうか。言葉よりも行動で示すように心がける必要がありそうです。

自分の信念を持つ

周囲の意見を聞く柔軟性や謙虚さも大切なのですが、肝心なときに自分の信念がなければ、判断や行動が鈍ってしまいます。機転が利く人になるには、さまざまな迷いを払拭するためにも、ゆるぎない信念を持つことが重要になってくるでしょう。

【オススメ記事】
伝説のキャバ嬢・エンリケが自宅公開! 電撃結婚の真相や引退後の生活に迫る【#エンリケ空間 2020年2月新刊案内】

 

機転が利く人になるには、視野の広さと柔軟性、行動力のバランスが大切

機転が利く人は、広い視野と柔軟性、そして誰よりもすぐれた行動力を持っています。また、周囲との協調性も大切にしているため、普段は謙虚であり、見返りを求めたりもしません。機転が利く人とは、まさに憧れの人物像ではないでしょうか。人生は選択と決断の繰り返し。だからこそ、いつでも機転を利かせられるように、鋭い洞察力を養いましょう。そして、もっとも大切なことは、行動力を身につけることです。機転が利くようになれば、周囲だけではなく、自分の人生も好転させることができるようになるでしょう。

編集/FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ