マツダのMX-30におしゃれプレスが試乗! サステナブルを意識したこだわりの内装とは?

マツダ次世代SUVは300万円以下でも高級車っぽい! スピック&スパンのプレスが試乗

クルマのある生活

『InRed』で連載中の「クルマのある生活」。街乗りからアウトドアシーンまで幅広く乗りやすいSUVは、アクティブな30代女性に最適です。今回試乗するマツダのMX-30は、ハイブリッドまたは電気自動車から選べる、電動化時代のマツダを象徴するミドルサイズのSUV。サステナブルも意識した新車種の魅力をスピック&スパンでプレスとして働く森田真央さんと探ります。

 

『InRed』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

マツダ マツダ MX-30×スピック&スパン プレス 森田真央さん

マツダのMX-30におしゃれプレスが試乗! サステナブルを意識したこだわりの内装とは?
シャツ¥14,300(スピック&スパン)、ペイントデニム¥16,500(5 1/2/ともにスピック&スパン ルミネ有楽町店)

「走行中は予想以上に静かですね」
(森田さん)

My Favorites

マツダのMX-30におしゃれプレスが試乗! サステナブルを意識したこだわりの内装とは?
バッグ¥18,700(H.V.F.N/スピック&スパン ルミネ有楽町店)

郊外への買い物や小旅行のドライブなら、バッグは荷物がたっぷり入る大きめトートが便利。夏らしいジュート素材ならこれからの季節にぴったり。

マツダのMX-30におしゃれプレスが試乗! サステナブルを意識したこだわりの内装とは?
フラットシューズ¥29,700(ペリーコ サニー/スピック&スパン ルミネ有楽町店)

ドライブコーデに春らしい軽やかさをプラスする白いシューズ。ほんのり尖ったトウとセンターシームでスタイルアップ効果もあり。

「春のドライブコーデを盛りあげる白い靴」


<レクサスをより深く知る5つのポイント>歴史に残るスーパーカーやラグジュアリーヨットまで詳しく解説

サステナブルを具現化した新時代のSUV『MX-30』

自動車ジャーナリスト/藤島知子(以下、藤島):今回は、新感覚で向き合えるハイセンスなSUV、『マツダ MX-30』をご紹介します。試乗車はセラミックメタリックの3トーン仕立ての仕様ですが、第一印象はいかがですか?

森田真央(以下、森田):丸みを帯びたフォルムはカッコよくなりすぎず、女性でも乗りこなしやすいですね。実際に見てみると、白みを帯びたセラミックメタリックは優しく柔らかな印象で、一部にマットな素材をあしらうあたりもお洒落に映ります。300万円以下とは思えないほど、高級車的な佇まいですね。

藤島:ドアの構造もユニークです。前席と後席の扉は、いわゆる“観音開き”になっていて、マツダは『フリースタイルドア』と呼んでいます。

森田:近未来を感じさせるドアですね。

藤島:インテリアは環境と共存するテーマを具現化しています。マツダのルーツがコルクの製造会社であることに因んで、コンソールやドアのグリップ部に環境負荷の少ないコルク材を採用。内装にはペットボトルのリサイクル糸も活用されています。

森田:エコやサステナブルというテーマは、ファッションの世界にも共通しています。MX-30は、そうした一つ一つのこだわりから、地球に優しいクルマであることを象徴していますね。

藤島:今回は低燃費で走るハイブリッド車ですが、電気自動車も選べます。さらに、後席や荷室は広々していて、実用性も両立しています。

森田:ラゲッジは外観から想像した以上にゆとりがありますね。奥行きも高さもしっかり確保されているから、段ボールやキャリーケースを積むこともできるし、家具を運ぶ時にも活躍しそうです。

藤島:マツダは、運転する楽しさを追求してきたメーカーですが、ストレスの少なさにも注目です。

森田:走行中は静かで音楽を聴くのに最適な空間ですね。友達とドライブに出かけたくなります!

対談のお相手は……藤島知子(ふじしま・ともこ)さん

【PROFILE】
自らステアリングを握り、市販車からフォーミュラカーのレースまでを乗りこなす女流自動車ジャーナリスト。2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、自動車雑誌、TVで活動中。


日産の10年ぶり新型車「キックス」誌乗レポ! 電気自動車の快適さとお洒落な内装に注目

<Today's Car>自然体でいられる“心地よさ”

マツダのMX-30におしゃれプレスが試乗! サステナブルを意識したこだわりの内装とは?

「わたしらしく生きる」をコンセプトに、自然体で自分らしい時間を過ごせるクルマを目指して造られた『MX-30』。コンパクトなサイズは街で走らせやすく、ゆったり過ごせる室内空間と実用的な荷室を両立させている。温かみのあるモダンなインテリアはシートの材質などを選べる。最新の予防安全装備や周囲を確認できる360°ビューモニターなども充実。

MAZDA MX-30 e-SKYACTIV-G

価格:2,420,000円〜
サイズ:全長4395mm×全幅1795mm×全高1550mm
ボディ色:4色+3トーンカラー3タイプ
マツダ(株)コールセンター:フリーダイヤル0120-386-919(平日9時〜17時、土・日・祝日13時〜17時)


コスパ重視なら軽自動車! ホンダ N-ONE試乗レポにアパレルプレスが挑戦

試乗してくれたのは……スピック&スパン プレス 森田真央さん

【PROFILE】
北海道出身で高校卒業と同時に運転免許を取得。引越しの際、自らハンドルを握り荷物を運ぶほど、運転はお手のもの。イケアやコストコなど郊外への買い物や日帰りドライブではカーシェアリングを利用するなどクルマ生活を満喫。

 

『InRed』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

[最新キャンピングカー7選]バンコン~豪華なトイレ設置可まで

新型プジョー 208におしゃれ業界人が試乗! 運転が苦手な女子にオススメの理由とは?

Text=Tomoko Fujishima
Photograph=Kanako Hamada
InRed 2021年5月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Web Edit=FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ