長谷川京子がランジェリーブランド「ESS by」をプロデュース! フェムテックへの思いを語る[インタビュー]

ランジェリー「ESS by」をプロデュースした長谷川京子が語る「フェムテックは“自愛”」

女性を解放する! 長谷川京子さんのランジェリーブランド「ESS by(エスバイ)」誕生!

生理、更年期、性……今まで密やかに語られていた女性特有の問題がフェムテックという世界的なムーブメントによって大きく動き出しています。自身の理想を詰め込んだ、機能的でいて美しいランジェリーをプロデュースした長谷川京子さん。ランジェリーを含めフェムテックに対する思いとは?

『GLOW』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

フェムテックとは?

「Fem Tech」=Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけ合わせた造語。生理痛や更年期障害など、女性が抱える健康問題を、テクノロジーで解決できる製品やサービスなどの総称。

長谷川京子がランジェリーブランド「ESS by」をプロデュース! フェムテックへの思いを語る[インタビュー]
白トップス1万8700円、イヤリング1万4300円(ともにトーガ プルラ)、ネイビーメッシュスカート6万4900円(トーガ/すべてTOGA 原宿店) 黒ショートパンツ[参考商品](アンブッシュ(R)/アンブッシュ(R) ワークショップ) ピアス6万2700円、リング46万2000円(ともにリーフェ ジュエリー)

吸水サニタリーショーツでナプキンから解放! 漏れないの? 洗濯は大変?などの疑問を解決

月経カップを使って経血がドバッと出る不快感から解放! 使い方を詳しく解説

“フェムテックは、自分のカラダを慈しむためのきっかけに”

顔や髪には手をかけるのに、デリケートゾーンは?の疑問

2019年の40歳の時、写真集『Just as a flower』(宝島社)を発売し、メリハリのあるしなやかボディを披露した長谷川京子さん。この5月に初めて自身がプロデュースする下着を発売し話題に。日頃から自分のカラダと向き合い、慈しむ気持ちを忘れない長谷川さんが考えるフェムテックとは?
「私自身、顔や髪、カラダはこんなにお手入れするのに、胸やデリケートゾーンはどうなの?という疑問を長年抱えていたので、フェムテックは前向きに捉えています」

ボディトリートメントに通うサロンの施術者の女性が「私はお風呂上がりに顔より先にデリケートゾーンのケアをする」と話すのを聞き、なるほどと思ったそう。
「私もお風呂上がりはまず顔にパックして、デリケートゾーンにクリームを塗るようになりました。フェムケアを行うとデリケートゾーンが喜び、それによって顔色が明るくなったり、気持ちがポジティブになるという経験があったので、もっと自分を慈しんであげるべきだなと思ったんです」

長谷川さんはフェムテックという言葉を“自愛”だと話す。
「両親からセックスや性に対する発言はデリカシーやTPOを踏まえてと育てられたので、自ら積極的に発言するわけではありません。でも女性の膣トレを女性誌が取り上げるようになって私自身が試してみたり、お友だちの誕生日プレゼントにバイブレーターを贈ったりする感覚は持っています」

見えない部分を慈しむと、身のこなしが変わります

下着にこだわることも、女性としてのカラダに対する自愛だと思うと話す長谷川さん。
人からは見えない部分だけど、そこを慈しむかどうかで、その人が醸し出す印象が変わると思うんです。昔、女性が下着をつけずにタイトスカートで1日過ごすと、身のこなしがとても女らしくなるんだという話を聞き、妙に納得しましたから(笑)」

肌のデリケートな部分に密に当たるものだけに、長谷川さんは下着をプロデュースする際、自分なりのこだわりを詰め込んだ。
「国産の下着は機能性が高いけれど、レースの素材やデザインになかなか満足できず、海外のものはデザインが素敵なのに、胸がきちんと収まらない。そんな双方のいいとこ取りはできないかと考えたんです」

「ESS by」のブラジャーでこだわったのは脇の高さ。ショーツはヒップの丸みを出すデザインを大切にした。
「胸が横に流れては美しくないので、脇高のデザインを採用しました。逆に胸もとのカッティングは大胆に入れ、曲線を描くカービングラインでメリハリをつけました。ショーツはヒップの高さを見せたい部分に丸みが出るようにして、フロントはハイライズで誰もがはきやすいデザインに」

これからは身につける下着も含めたフェムケアで、とことん自分自身を慈しみたいという長谷川さん。そんな丁寧な生き方が、女らしい立ち振舞いや、魅力ある雰囲気を醸し出す秘訣なのかもしれない。

長谷川京子がランジェリーブランド「ESS by」をプロデュース! フェムテックへの思いを語る[インタビュー]

膣まわりの乾燥に気づいてる!? エイジングケアにもつながるデリケートゾーンケア

介護のためのVIO脱毛!? 今さら聞けない疑問に婦人科医師が回答|セルフ脱毛も人気

ナプキン不要の生理用ショーツで女のコの自由な社会を目指す! 女性起業家インタビュー

着けている自分を愛しく思えるようなランジェリーを

長谷川京子がランジェリーブランド「ESS by」をプロデュース! フェムテックへの思いを語る[インタビュー]
Curving Line Bra(Black、Beige、Moca)各9,240円、Curving Line Shorts(Black、Beige、Moca)各2,640円(ともにESS by)

ESS byのブランドコンセプトは自愛(Self-Love)。
・ストラップが外寄りなので背中あきトップスで見えにくい
・脇高で胸が流れにくい
・ヒップの丸みがキレイに出るブラジリアン

『GLOW』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

撮影=目黒智子
スタイリング=樋田直子
ヘア=宇津木 剛
メイク=佐々木貞江
取材・文=今井 恵

GLOW 2021年7月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集=FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ