<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 北欧からの歳時記

アンナヤリーサのシンプルで幸せな暮らし フィンランド西海岸の12か月

『リンネル』で連載中の「フィンランド西海岸の12か月」。フィンランドでの暮らしは、華やかでも特別なものでもなく、自然とともに、毎日を丁寧に生きるだけ。毎号、フィンランドからの歳時記をお届けします。今回はフィンランドの夏休みの様子をたくさんの写真とともに教えてもらいました。

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

イージーリビングな夏休み

サマーハウスの特別な夏

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
海辺でくつろぐエリーナ。デッキからの眺めは、何もないけど最高です。

フィンランドでは、6月下旬のミッドサマーの後、約6週間の夏休みシーズンが始まります。日常を離れ、家族と一緒にサマーハウスで過ごす夏休み、と聞くと、優雅なバカンスを想像してしまいますが、実はなかなかの重労働。というのは、サマーハウスには水道がなく、飲み水は車に積み込んで家から持っていかなければなりません。便利な日常に慣れてしまっていると、不便を感じることもありますが、豊かな自然と暮らす喜びはひとしおです。自然の原点に返った生活はとにかく自由気ままで、時間に追われる普段の暮らしから解放されます。「サマーハウスで何するの?」と質問すると、「食べる、寝る、サウナに入る、この3つの繰り返しかなー」と笑って話してくれました。

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
7月は色とりどりの花が一番たくさん咲く季節。いたるところお花畑のようです。

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ

家族みんなで時を共に

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
こぢんまりしたサマーハウスは、1階がリビングルーム、屋根裏が寝室。

サマーコテージはだいたい30~40平米ぐらいの広さしかないので、キッチンとリビングルーム以外には小さなベッドルームが1部屋か、せいぜい2部屋程度。みんな一緒に、自然のなかで集団生活を満喫する時間です。「サマーハウスでの生活にプライバシーなんてないわよ。でもそれが楽しいの」と、タニヤ。一年の中で一番気温が高い7月は、あたり一面がお花畑のように美しく、ときには庭にテントを張って寝ることもあります。

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
ヨハンナのウサギのポリー!
1歳になったばかりのウサギのポリーにとって初めてのサマーハウス。ケサケイットで使ったニンジンの皮をもらってご機嫌です。

サマーハウスでの食事はいたってシンプル。夏の典型的なレシピは、ケサケイット、直訳すると「夏スープ」です。旬の野菜が入ったミルクベースのスープですが、この季節ならではの皮付きの新ジャガで作るのがアンナヤリーサのお気に入り。新ジャガは、水辺に座って、海や湖の水で泥を落とします。バルト海北部は塩分濃度がとても低いので、海の水でも野菜を洗うことができます。

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
海辺のデッキで新ジャガを洗うのはお手伝いの定番。

シンプルな夏の食卓

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
ダイニングテーブルには花瓶いっぱいの色とりどりの夏の草花を。

フィンランドでは、食器の種類をあまり増やさず、お気に入りのシリーズをそろえて、毎日同じお皿やカップを使うことが多く、テキスタイルや卓上の小物に変化をつけてテーブルコーディネートを楽しみます。サマーハウスでもそれは同じですが、よりシンプルでナチュラルなテーブルセッティングが好まれ、テーブルクロスは、無地とチェックと花柄の3枚があれば十分とのこと。そして、お花屋さんに行かなくても、色とりどりの美しい草花がすぐそばにあるので、お花のバリエーションは無限大。グラスに入れるだけで食卓が明るくなります。少し薄暗くなってくると、卓上のキャンドルにも火をともします。

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
エリーナと娘のリーナ。サウナは仲良し母娘のお喋りがはずむ場所。
<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
フリーマーケットで見つけたサウナタオル。暗いサウナルームには、明るい色のリネンがぴったり。

デザートにはアイスクリーム

フィンランド人のアイスクリーム好きは有名ですが、夏休みのアイスクリーム消費量は相当なものです。子どもたちは、どんなにお腹がいっぱいでも、食後のアイスクリームは絶対に外せません。ときには、家族でわざわざボートに乗ってアーキペラゴ(群島)まで出かけ、地元の小さなカフェやショップでアイスクリームを買うこともあるとか!? 時間がたっぷりある夏休みならではの楽しい経験です。

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
今日のアイスクリームは、ピンクのストロベリー味。夕方になると肌寒く、長袖カーディガンが必要です。

[フィンランド西海岸での夏至祭の過ごし方]結婚相手の夢が見られる風習とは?

北欧カルチャーを感じたい! オススメの映画・本・オンラインレッスンなど

教えてくれたのは……「アンドフィーカ」代表 今泉幸子さん

【PROFILE】
7年前に初めてこの地を訪れ、自然の美しさと人々の温かさ、そしてデザインのある暮らしに感動。以来、毎年のように現地に通い、デザイナー4人との心の通い合いがアンナヤリーサ誕生のきっかけとなりました。デザイナー4人とともに、アンナヤリーサの12か月の暮らしについてお伝えします。

About……Anna ja Liisa(アンナヤリーサ)

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ
左より、タニヤ、アンドレアス、エリーナ、ヨハンナ。

アンナヤリーサは、フィンランド西海岸オストロボスニア地域に住む4人のデザイナーたちが発信する地域ブランド。

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ

<フィンランド西海岸の夏休み>サマーハウスで自然と暮らす! 現地の様子をレポ

ヘルシンキの北西約500km。起伏がない広大な大地の向こうには、真っすぐな地平線が広がっています。普通の暮らしのなかに、必ず喜びや楽しみがあり、小さな感動からデザインが生まれます。

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

人間関係の悩みは無縁!? 北欧流コミュニケーション術は“共感”より“受け入れる”

フィンランドを感じる日本全国のサウナ関連スポット7選[岩田リョウコのオススメ店も]

イケアのミートボールみたい!? 北欧の定番レシピを料理研究家・行正り香が伝授

photograph:Anna ja Liisa
edit & text:Sachiko Imaizumi
リンネル 2021年9月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

web edit:FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ