年齢とともに自律神経は老化していく? ストレス軽減 etc. 老化させない3つのポイントを医学博士が伝授

自律神経も老化する!? 神経のアンチエイジングを意識した生活のポイント[医師 監修]

その不調は自律神経の乱れかも?!/自律神経は年齢とともに老化する?!

加齢とともに体の機能は衰えます。特に、神経は一度傷がつくと再生しにくいそう。年齢とともに老化していく自律神経と、どんな風につきあっていけばいいのか、せたがや内科・神経内科クリニック院長の久手堅司先生に考え方を教わりました。

TJ MOOK『面白いほどわかる自律神経の新常識』

監修:久手堅 司

最強の体内システムを整えて
≪不調をすっきり!≫

・心と体のリセット術・骨盤メンテナンス など
・糖質の摂り過ぎは負担大
・2つの神経のバランスが大事
・体の痛みは自律神経の乱れのサイン
・骨格のゆがみは自律神経の乱れに
・ため息でむしろ健康に
・スマホは持ち方が大事
・自己流の筋トレに注意

あなたの自律神経乱れていませんか?

『素敵なあの人』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

自律神経をいたわり老化させないように生活する

生きている以上、老いは平等に訪れます。体のあらゆる器官が老化するのと同様に、自律神経も老いを免れることはできません。特に神経は、一度損傷を受けると元には戻らないといわれています。

最近の研究では、末梢神経の場合は、大打撃でなければ修復することも可能であるという実験データが出てきています。中枢神経が損傷を受けた場合の回復はいまだに難しいようですが、自律神経も末梢神経の一つなので、少しは希望が湧いてきます。しかし、修復できるといっても、基本的には普通の傷口のように治るというわけではありません。もう少し医学が進歩すれば、完全に治すこともできるかもしれませんが、最新医学の力を借りず、日頃から自律神経をいたわり、老化させないように生活したほうがよさそうです。

「自律神経をいたわる」というのはどういうことかというと、どちらか一方が極端に優位になりすぎないようにすることです。体の働きは一定ではなく、常に変化しています。それに合わせて、バランスを取るように交感神経と副交感神経が拮抗(きっこう)して働き、体内をある程度の範囲で一定に保っていますが、どちらか片方だけが働きっぱなしの状態では、片方だけが疲弊します。

また、それを元に戻すときに余計な力が必要になり、どちらにせよ自律神経には負担です。

どちらかだけが少し優位なくらいの傾きであれば、何かあったときにも、どちらもすぐに働けるため、自律神経にも負担がかかりません

自律神経を老化させない3つのポイント

1:骨格を整える

年齢とともに自律神経は老化していく? ストレス軽減 etc. 老化させない3つのポイントを医学博士が伝授

脊髄を守る背骨を中心に骨格がゆがんでいると自律神経にも負担がかかるため、骨格改善は神経のアンチエイジングといえる。

2:ストレス軽減

年齢とともに自律神経は老化していく? ストレス軽減 etc. 老化させない3つのポイントを医学博士が伝授

ストレスは自律神経の大敵。気分をうまく切り替え、翌日にストレスを残さないようにするのがストレス軽減のポイント。

3:規則正しい生活

年齢とともに自律神経は老化していく? ストレス軽減 etc. 老化させない3つのポイントを医学博士が伝授

日中は交感神経、夜は副交感神経が優位になる。自律神経の負担を軽減するには、規則正しい生活が欠かせない。

スマホで自律神経が狂う!? リラックスできなくなる理由を元MLBトレーナーが解説

季節の変わり目の頭痛は食事で改善! 自律神経が整う旬の食材を管理栄養士が指南

お話を聞いた方は……久手堅 司(くでけん つかさ)先生

年齢とともに自律神経は老化していく? ストレス軽減 etc. 老化させない3つのポイントを医学博士が伝授
久手堅 司先生

【PROFILE】
せたがや内科・神経内科クリニック院長。医学博士。日本内科学会・総合内科専門医、日本神経学会・神経内科専門医、日本頭痛学会・頭痛専門医、日本脳卒中学会・脳卒中専門医。1996年北九州大学法学部法律学科卒業、2003年東邦大学医学部医学科卒業。東邦大学医療センター大森病院等での臨床経験を経て、2013年せたがや内科・神経内科クリニック開業。「自律神経失調症外来」「頭痛外来」「肩こり・首こり外来」など複数の特殊外来を立ち上げ、多くの患者のニーズに応えている。

もっと詳しく知りたい方へ
TJ MOOK『面白いほどわかる自律神経の新常識』

年齢とともに自律神経は老化していく? ストレス軽減 etc. 老化させない3つのポイントを医学博士が伝授
TJ MOOK『面白いほどわかる自律神経の新常識』
¥990/宝島社刊

この記事はTJ MOOK『面白いほどわかる自律神経の新常識』をもとに構成しました。自律神経の乱れは心だけの問題ではなく、体にも何らかの原因があり、「骨盤のゆがみが自律神経の乱れ」につながると久手堅先生は言います。ムックでは、自律神経のしくみ・働き、自律神経を整えるストレッチ、呼吸法、食事、生活習慣などを写真やイラストを入れてより詳しく、具体的に紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

TJ MOOK『面白いほどわかる自律神経の新常識』

監修:久手堅 司

最強の体内システムを整えて
≪不調をすっきり!≫

・心と体のリセット術・骨盤メンテナンス など
・糖質の摂り過ぎは負担大
・2つの神経のバランスが大事
・体の痛みは自律神経の乱れのサイン
・骨格のゆがみは自律神経の乱れに
・ため息でむしろ健康に
・スマホは持ち方が大事
・自己流の筋トレに注意

あなたの自律神経乱れていませんか?

TJ MOOK『面白いほどわかる自律神経の新常識』を購入する!

 

『素敵なあの人』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 


秋のプチ体調不良を撃退! 自律神経を整える1日の過ごし方を女医が指南

自律神経が乱れるとからだにどんな影響が? しくみや上手なつきあい方を医学博士が解説

おやつを食べすぎると自律神経に負担が? 今すぐ見直すべき6つの生活習慣を医学博士が指南

イラスト/石山綾子
文/大橋美貴子
編集/入江弘子
素敵なあの人 2021年11月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ