フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー

バービー「自分のからだを否定しないで」“ボディポジティブ”ではない本音を吐露|インタビュー

綺麗の礎は品にあり 美と品格

『& ROSY』で連載中の「美と品格」。今回はお笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービーさんが登場です。芸人としてだけでなく、さまざまな活動に精力的なバービーさん。テレビに出始めた当初のことから、今にいたるまでの気持ちの変化など、たくさんお話ししてくれました。

『& ROSY』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

starring バービー“「ありのまま」の本質に気づかせる人”

「情熱」を超える「慈愛」を持つ人

フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー
ドレス¥253,000(チカ キサダ/エドストローム オフィス)

自らの悩みからプレゼンテーションを仕掛け、下着をプロデュースしていること。地元である北海道・夕張郡栗山町の空き家を購入し、町おこしの活動を続けていること。これらはほんの一部。バービーさんの活躍に心動かされている人は多いだろう。正義感、行動力、バイタリティ、そんな言葉を思い浮かべながら、実際、お目にかかると、少し違っていた。「熱さ」を超える「温もり」であり、「強さ」を超える「優しさ」であり、つまりは「情熱」を超える「慈愛」であり。まさに、フォトグラファーが写真で表現したとおり、まるでルノワールの女性像のような豊かさと包容力を感じさせる人。
「もともと強い意志で芸人になったわけじゃないんです。大学卒業後、ライターに憧れてよく分からないままに放送作家養成所の門を叩いたら、『放送作家じゃなくて芸人やんなよ』って。女芸人は少ないとかつぶしが利くとか言われて、軽いノリで始めました。テレビに出演させていただくまで3年弱くらいだったんですが、それまでずっとシャイなまま。そういう意味では芸人らしくなかったと思います」

フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー
ドレス¥171,600、スカート¥96,800、帽子¥69,300(全てVAQUERA/ドーバー ストリート マーケット ギンザ)

テレビで活躍し始めてからは向き合い方がまるで変わり、「どう生き残るか」しか考えていなかったとバービーさん。どうしたら爪痕が残せるだろう、どうしたら次の仕事に繫がるだろう……? 容姿への「いじり」をも笑いに変えて。そんなあるとき。
「ある視聴者の方がいじられている私を見て『バービーさんと似ている私は、虐げられる存在なんだと悲しい気持ちになりました』と。笑いを取るうえで私が『美味しい』と感じることが、誰かを傷つける場合があるんだとはっとさせられた。それがきっかけで、自虐はやめようと決心しました。不特定多数の方々に向けて何かを発する立場として、社会の価値観に対する責任みたいなものを感じたから。私は嫌なものは嫌と意思表示できるけれど、そうできない人もいる。意識し始めたら、次第に『こんなに黙っていた人がいたんだ』という気づきが広がって」

自由奔放で明朗闊達で。でも、でも……、私達を吸い寄せる本当の理由は、決して表面的なものでなく、その向こう側にある「奥行き」だった。

ぶれない思いがいまを、未来を変える

フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー

ありのままでいよう。ポジティブであろう。自分を愛そう。バービーさんはまさに、時代が求める価値観を体現し、広く伝える役割を担っている人。
「下着をプロデュースするにあたってプラスサイズも多く揃えたことから『ボディポジティブ』の人と思われて、『どうしたら、自分のからだを全肯定して愛せるんですか?』みたいな質問をされることも多いんです。ただ、私自身は、自分のからだが大好きーっ!と断言しているわけではなくて、ひたすら、自分のからだを否定している人が辛いだろうと思うから、少しでも否定しないで、もっと言えば卑下しないでいてほしいという気持ちなんですよね。私も正直、自分のからだを愛するというところまではまだ、行けない部分もある、それが『等身大』の私なんです」

すとんと肩の力が抜け、すーっと心の曇りが晴れる気がした。

フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー
ドレス¥146,300(VAQUERA/ドーバー ストリート マーケット ギンザ)

「若い世代の人達が時代のムーブメントに巻き込まれていてかわいそうだと思うときもあります。『ダイエットやメイクをして綺麗になろうとすることは悪なんですか?』とか『彼氏に可愛いと思われたくて、つい女性を意識させる仕草をしてしまう私はだめなんでしょうか?』とか。そんな言葉を耳にするたび、ありのままの意味合いが本質とずれる気がして、複雑な気持ちになるんです」

じつはバービーさん、中学生のときに電車の中吊り広告で見たコピーに衝撃を受け、以来、現在に至るまでずっと続けていることがあるという。
「『たった5円でアフリカの子供をひとり救える』。えっ、10円ガムをひとつ我慢すればふたつの命が助かるの? もし将来、たくさん稼げたら何百人も助かるんじゃない? そう思って、微々たる額ではあるけれど、寄付を始めたんです。その気持ちはいまも変わっていなくて。あっ、寄付額も変わっていないんですけど、ね(笑)」

フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー

ずっとぶれてないバービーさんが考える品格。その答えがとても気になった。
「このテーマのタイトル、『美と品格』ですよね? 私、まさに品格こそが美だとずっと思っているところがあって。その人自身が意識しなくても溢れ出る、ぶれないもの。傍から見たら、たとえそれが値段の安いものであっても、洗練されていないものであっても、その人ならではの統一感があるというのかな? それが品格だと私は思います。逆に、どんなにハイブランドで固めていても統一感がない人は、まだ自分探し中なのかな? 本物の充足感にめぐり合えていないのかな?と邪推をしてしまいます(笑)」

この人から何かが変わる。いまが変わり、未来が変わる。

品格美人の日常

フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー
感性豊かに活動する日々

マイ シンギングボウルで邪気を払っています。

フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー

イノシトールやハーブのリキッドなどを入れたオリジナル朝ドリンクで腸を整えています。

フォーリンラブ・バービー|「自分のからだを否定しないで」等身大の姿を語ったインタビュー

地元・北海道に古民家を買ってDIYをしています。

天才肌・満島ひかり|憧れは“笑われる人” 「誰かの『声にならない声』でありたい」インタビュー

吉高由里子 「基本、『へらへら』している」日々を送るためのストレス発散法は? |インタビュー

PROFILE/バービー

1984年生まれ。北海道出身。2007年、お笑いコンビ「フォーリンラブ」を相方・ハジメと結成。コメンテーター、ラジオパーソナリティの他、エッセイの執筆、下着のプロデュース、地元の町おこしなど芸人の枠を超えて幅広く活動。YouTube「バービーちゃんねる」も好評配信中。

『& ROSY』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)


天海祐希の“『苦労』を自分で決めない”主義|映画『老後の資金がありません!』に込めたメッセージ[インタビュー]

吉高由里子|『最愛』主演に「プレッシャーも」 意気込みを語る[インタビュー]

「カムカムエヴリバディ」出演中の西田尚美|30代女子が憧れる理由は役柄の幅広さにあり!? [インタビュー]

 

Direction & Photo:MAKOTO NAKAGAWA [CUBISM]
Text:CHITOSE MATSUMOTO
Styling:KAYO YOSHIDA
Hair & Make-up:TOMOMI FUKUCHI
& ROSY 2022年1月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Web Edit:FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ