イエローの合わせ色、正解は? 素敵見えする「おしゃれの法則」教えます

出典: FASHION BOX

春になると、その陽気に誘われて、明るめカラーのアイテムを身につけたくなりますよね。ただ、色合わせを間違えてしまうと、派手すぎたり、重たくなってしまったり……。

そこで今回は、素敵にこなれて見える、ヴィヴィッドカラーの取り入れ方を紹介します。

 

ヴィヴィッドなカラーにはニュートラルなカラーを合わせる

キレイ色は、目立ちすぎに注意。オフ白やグレー、ベージュなどの中間色を合わせることでコントラストが和らいで、洗練された装いに。鮮やかな色にも挑戦しやすくなり、華やぎがアップ。

大人のピンクはグレーを合わせるのが正解

出典: FASHION BOX

強めのピンクはニュートラルなグレーと組み合わせると柔らかな雰囲気に。リネン素材ならピンクも自然な発色で、グレーのワンピースで覆うことで分量もセーブ。白×グレーの柄トップスでつなげば、メリハリがつきすぎず、断然おしゃれに見えます。

グレーシャツワンピース¥16,800/ミズイロインド(マーコート)、有松絞りのノースリーブ¥27,000、リネンパンツ¥19,000/ともにパオデロ、ネックレス¥6,000/チンツィア カルディ(プレインピープル 丸の内)、サンダル¥36,000/フォート(キーロ)

上品にまとめるならイエロー×オフホワイト

出典: FASHION BOX

おさえた発色のマスタードイエローは大人の肌になじみやすく、おすすめなトレンドカラー。真っ白ではなくオフ白でなじませ、スカートのベルトとトップスの首元や小物で黒をリンクさせて引き締め。セットアップのようにまとまりのある装いに。

ワンピース¥140,000/マーティン グラント(ドレステリア 銀座店)、スカート¥9,900/ルール ビス(ディノス)、バッグ¥30,000/センシ ステュディオ(ビショップ)、パンプス¥21,000/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

浮きがちなグリーンはベージュが馴染む

出典: FASHION BOX

ニュアンスのあるグリーンは際立たせ過ぎず、アースカラーでまとめてナチュラルに。肌なじみのいいベージュのインナーにフォレスト柄のストールを垂らし、グラデーションを完成。コットンの素朴な風合いも相まってリラックス感のある着こなしに。

ベージュワンピース¥15,000/ミズイロインド(マーコート)、カディコットンワンピースコート¥62,000、パンツ¥18,000/ともにハウス オブ ロータス 青山店、ストール¥36,000/ファリエロ サルティ(アッシュ・ペー・フランス(本社))、バッグ¥22,000/カテリーナ ベルティーニ(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)、ネックレス¥36,000/ボロロ(キューレット 伊勢丹新宿店)、イヤリング¥14,000/ジャマン ピエッシュ(アッシュ・ペー・フランス(本社))、ミュール¥19,000/プレインピープル(プレインピープル 丸の内)

ヴィヴィッドなカラーは、馴染みがなければなかなかチャレンジしにくいものですが、1点取り入れるだけで、それまでのスタイルが格段に素敵になることも。ちょっとしたおしゃれの法則を知っておけば、こなれた着こなし方ができるので、ぜひ試してみてください。

 

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph:Isao Hashinoki
styling:Asuka Ishii
hair & make-up:Kyoko Fukuzawa
model:Yue
text:Mizuki Sakaguchi,P.M.A.Tryangle
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【オススメ記事】
※ これを着とけば間違いない! 「ユニクロ」アイテムでつくる体型別ベストコーデ
※ 買い足さなくていい! 持ってる「定番服」が見違えるカンタン着こなしルール

【大人のおしゃれ手帖編集部の記事をもっと見る】
※ ご近所服をグッと格上げ! 「定番アイテム」の選び方&着こなしテク
※ ずっと同じ方法はNG!? 「ぱっちり&大きな目」をつくる大人のアイメイク

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画