懐かしのコッペパンがお手軽ランチに! 作り置きおかずで「バインミー&ポテサラサンド」

出典: FASHION BOX

バランスのよい食事を心がけたいけれど、お出かけ先のランチなどでは、野菜をたっぷり摂るのが難しいですよね。

だったら、たまには手作りのサンドイッチを持っていくのはいかがでしょう? お弁当を作るのは大変だけれど、コッペパンを使ったサンドイッチなら、手軽にできます!

旬野菜で作り置きしておいたおかずを、サッと挟むだけ。時間のない朝でもすぐに用意できるので、おすすめですよ。

教えてくれたのはこの人・・・幸栄さん

出典: FASHION BOX

ブーランジェール。モデルとして活躍後、ベーカリーに勤務しながら本格的なパン作りを学び、現在はパン教室「toiro」を主宰。自宅で手軽に作れ、日々楽しめるパン作りを提案している。プライベートでは2児の母。近著に『日々たんたんとパン』(光文社)。

 

大根とにんじんのバインミー

出典: FASHION BOX

材料(4個分)

生ハム・・・8~12枚
〈なます〉大根・・・150g、にんじん・・・40g、塩・・・小さじ1
〈A〉酢・・・大さじ4、グラニュー糖・・・大さじ2、ナンプラー・・・小さじ1
パクチー・・・適量

作り方

1.なますを作る。大根、にんじんは太めのせん切りにし、塩を振ってしばらくおいたら水けを絞る。

2.Aをボウルに合わせ、1を和える。

3.横から斜めに切り込みを入れたコッペパンに、生ハム、軽く水けを絞った2、パクチーの順に挟む。

POINT

大根とにんじんは、食感がよくなるので、太めのせん切りに。野菜から出てくる水けにうま味が含まれているので、挟むときには軽く絞る程度に。

保存:冷蔵で1週間ほど

 

ディルとそらまめのポテトサラダ

出典: FASHION BOX

材料(4個分)

じゃがいも・・・中2個(200g)
マヨネーズ・・・50g
塩・・・適量
そらまめ(塩ゆでして薄皮を取る)・・・50g
ディル(生)・・・適量

作り方

1.じゃがいもは皮ごとやわらかくなるまで塩ゆでし、皮をむいてボウルに入れてつぶす。

2.1にマヨネーズ、塩を加えて混ぜ合わせ、さらにそらまめ、ディルを和える。

3.横から斜めに切り込みを入れたコッペパンに挟み、ディルを飾る。

POINT

ほっこりしたじゃがいもとそらまめに、香り高くほろ苦い生のディルを合わせ、見た目と風味のアクセントに。グリーンが、そらまめとの相性も抜群。

保存:冷蔵で1週間ほど

 

なますもポテサラも、もちろん晩ごはんの一品にもできるので、たくさん作っておいて保存しておけば便利です。コッペパンのサンドイッチなら、ナプキンを敷いたバスケットに入れるだけで持っていけるため後片付けも楽ちん。ピクニックなどお出かけの時はもちろん、毎日のお弁当にも取り入れてみて。

 

(リンネル編集部)
cooking:Yukie
photograph:Aya Sunahara
styling:Yuko Magata
text:Kaori Akiyama,P.M.A.Tryangle
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【オススメ記事】
※ 冷凍生活アドバイザーが教える! 目からウロコの「冷凍術」
※ 「お名前頂戴できますか」はどっち? 恥をかかないための「間違いやすい」敬語集

【リンネル編集部の記事をもっと読む】
※ 目覚めをシャキッと! 簡単な「モーニングセレモニー5カ条」で朝の目覚めが驚くほど快調に
※ 【大人女子のたしなみ】可愛さと機能性を兼ね備えた「キーケース」5つ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画