社会人なら知らなきゃ恥ずかしい! 目上に使うべき「メールの言い回し」3選

出典: FASHION BOX

いまや携帯電話やLINEなどで気軽にメッセージを送れる時代ですが、ビジネスシーンにおいては、改まった言い回しや敬語が求められます。「マナーに気をつけよう」と心がけていても、実は少し失礼だったかも……というメールの言い回しを3つご紹介します。

 

(1)上司に相談をしたいとき

×「相談したいことがあります」

○「ご相談したいことがあります」

実はどちらとも間違っていないのですが、「ご」をつけた言い回しの方が望ましいです。

ビジネスシーンでは上司への相談がつきもの。そんなとき、メールでは挨拶を述べ、相談があることを伝え、いつ相談したいかお願いしましょう。

 

(2)お誘いを断るとき

×「お声をかけていただいたのに」

○「お声をかけてくださったのに」

声をかける主体を敬う場合は、尊敬語の「くださる」を使います。

お誘いをどうしても断わらざるをえないときは、どんな理由かを伝えて、謝罪をしましょう。

 

(3)文書確認のお礼を伝えるとき

×「取り急ぎお礼まで」

○「まずは用件のみにて失礼いたします」

「取り急ぎお礼まで」という言い回しはよく上司からのメールで見かける言い回しですが、これを目上の方に対して使ってはいけません。

どの文書を確認してもらったのかを明記し、確認をしてもらったことについてお礼を述べましょう。

 

ちょっとしたメールの言い回しで、仕事の印象がアップする一冊!

出典: FASHION BOX
『ていねいで「短いメール」のお手本』(宝島社)
定価:本体1200円+税
現代文講師として、受験生から絶大な支持を得ている出口汪。基本的なメールの作法やビジネスシーンにおけるさまざまなシチュエーションの模範表現を実践的に紹介する一冊。

 

監修/出口汪
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【オススメ記事】
※ 「よろしかったでしょうか」だけじゃない! 社会人が間違えるヘンな敬語5選
※ 3日でマイナス2kg!? 食べるだけでやせる「魔法のスープ」がスゴすぎる

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ