ヘアメイク佐川理佳連載『Peachy Beauty』vol.6 パープルネイルでプレイフルに!

出典: FASHION BOX

sweetをはじめとした数々の雑誌で活躍する人気ヘアメイクアップアーティスト、佐川理佳さん。そんな佐川さんがお届けする人気連載の第6回では、発色のいいパープルネイルを使ったキャッチーなルックをレクチャーしてもらいました。

オシャレ感度の高い女の子から人気のパープルですが、メイクやネイルに取り入れる時はバランスを意識して。ダークなパープルは盛りすぎると、老けて見えたり古く見えたりするので、ファッションも含めたトータルコーディネートが大切です。今回は洋服もカジュアルにして、外国人の女の子みたいな、とことんプレイフルなルックをつくってみました。

いつもと違う自分を楽しもう。

主役となるパーツ以外の色味はヌーディーなトーンで統一すると、今っぽいバランスに。ベースメイクやリップもナチュラルにして、ヘアスタイルもカジュアルに。今回は濡らした髪をラフにドライヤーで乾かしてクセを出してから、細めのアイロンでランダムに巻きを足しました。

目元はちょっと遊んでみて!

目元は、ホワイトのマルチカラーペイントをラフに塗ってみました。一度乾くとぴったりフィットする舞台メイクなどでも使われるアイテムです。しっかりキレイに塗らず、ちょっと雑に塗るくらいがちょうどいいかも。今回は甘くしたくなかったのでホワイトにしましたが、最近パステルカラーのアイテムも沢山出てきていますよね。

ぜひ、春のメイクを楽しんでくださいね!

今回のプレイフルなルックを叶える一押しアイテムはこちら!

パープルネイル

右から:ボッシング イット¥2,000、ネイルピュア ファッション¥2,600(共にNAILS INC)、ヴェルニ ロング トュニュ 622 ヴィオレ ピカン¥3,200 ※モデル使用色、ヴェルニ 727 LAVANDA(共にシャネル)

リップ&アイカラー

右から:NARS ベルベットリップグライド 2732¥3,500(NARS JAPAN)、アクアXL(MAKE UP FOREVER)※佐川さん私物 ※共にモデルカットで使用

Rika Sagawa

1986年生まれ。雑誌や広告で活躍中のヘア&メイクアップアーティスト。独自の感性で作り上げられるメイクには定評あり。インスタグラムのアカウントはこちら。@rikasagawa

hair & make-up_Rika Sagawa
photo_Yuzo Touge
model_Miyuki Emond

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ