冷房よけにも◎ 2ステップでできるジレ風ストールアレンジ法

出典: FASHION BOX

夏の巻きものは、装いに表情や変化をつける格好のアイテム。色や柄ものを選べば、顔周りを明るく華やかに見せてくれます。巻き方のコツを覚えて、おしゃれに仕上げましょう。

ジレ風に肩掛けして華やか見せ

洋服のようにまとうストールは、分量が大きいので、柄か無地、素材感などで印象がガラリと変わります。ジレ風の肩掛けにすると肩幅が細く見え、縦ライン効果で着やせにもひと役。巻きつけたときにボリューム感が出る、ほどよい厚みのリネン素材のストールは、体にしなやかに沿って濃淡がアクセントに。

出典: FASHION BOX

【HOW TO】
超ロングのストールを縦半分に折り、シンプルに首にかけて、細めのベルトで留めただけの潔いアレンジ。共布ベルト付きのワンピースでもOK。

ストール[104×216cm]¥32,000 /レキップ、ノースリーブワンピース¥52,000/45R(フォーティファイブアールピーエムスタジオ)、ワイドパンツ¥18,000/パドカレ(パドカレ六本木)、ベルト¥17,000 /ハリス(ハリス代官山店)、サンダル¥32,000 /プレインピープル、バングル¥4,800 /マテリア デザイン(ともにプレインピープル丸の内)、帽子¥10,800 /コンジェ ペイエ アデュー トリステス

 

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph: Naofumi Mioki
styling: Ritsuko Hirai
hair & make-up: Miyuki Yoshino
model: hana
text: Mizuki Sakaguchi
edit: FASHION BOX, P.M.A.Tryangle
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

#
# ストール
の記事もチェック♡

【関連記事】
Vネックは要注意!だらしなくならない上品服の選び方
蒸し暑い日の“とろみ服”コーデで女っぷり底上げ↑↑

【大人のおしゃれ手帖編集部の記事をもっと読む】
日本に伝わる食の知恵・完熟梅での白梅干し作り
麺の代わりにズッキーニ!旬野菜パスタ風♪

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ