古いお米が新米なみに!? 豚しゃぶの臭みが消える!? 料理酒って実はスゴイ!

出典: FASHION BOX

だしのように料理に深みを与えてくれるお酒。豚肉の臭みが気になる……、お米が古くておいしくない……、そんなお悩みはお酒で解決できますよ。

【教えてくれたのは……】

静山社/松田美智子
出典: FASHION BOX

松田美智子さん
料理研究家。旬の食材の持ち味を大切にした、季節感あふれるレシピに定評がある。著書に『松田美智子 調味料の効能と料理法』(誠文堂新光社)など。

お悩み1 冷しゃぶをおいしくしたい

これで解決!
【水に酒をたっぷり加えてゆでる】

出典: FASHION BOX

夏にさっぱりと食べやすい、冷しゃぶ。ただ、冷えると豚肉の臭みや硬さが気になることも。おいしく食べるには、酒の出番です。水に半量の酒を加えて煮切ると、うまみの濃いだしのようになります。肉を1枚ずつくぐらせれば、臭みがとれ、やわらかくなり、脂も落ちておいしく仕上がります。

お悩み2 お米が古くておいしくない!

これで解決!
【酒を加えて炊く】

出典: FASHION BOX

新米が出回る直前の夏には、昨年度のお米、いわゆる「古米」を食べる機会もよくあります。その場合、米を炊くときに少量の酒を加えてみましょう。米の甘みが増して、ふっくらとし、新米のようなおいしさが感じられます。加える量の目安は、米2カップに対して、大さじ2程度に。酒の風味が気になるなら減らして。

お悩み3 鶏むね肉がパサパサする

これで解決!
【酒を加えてゆでて、余熱で温める】

出典: FASHION BOX

大ブームの鶏むね肉は、ゆでると硬くなるのが悩みどころ。表面に塩を振り、1Lの水に酒1カップ以上を入れて煮立たせた中に、鶏むね肉1枚を入れて20分ほどゆでて火を止め、余熱でそのまま温め、冷めたらゆで汁に浸けたまま保存すると、ふっくら! ゆで汁には、鶏や酒のうまみが溶け込んでいるので、油分をこして、野菜などを加えてスープなどに使ってください。だし要らずでうまみが味わえます。

(リンネル編集部)
illustration: Kayo Yamaguchi
text:Kaori Akiyama
edit: FASHION BOX, P.M.A.Tryangle
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

# レシピ
の記事もチェック♡

【SWEET WEBのオススメ記事】
海外旅行前に知っておきたい英語フレーズ
分からなきゃ中学生から英語やり直し!

【リンネル編集部の記事をもっと読む】
混ぜるだけ♡ 超お手軽「鮭缶とアボカドのディップ」
低カロリー超簡単な「エビのトマチリ・パクチー添え」

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ