【人気の鍋レシピ】お手軽・簡単・片付け楽々! おいしい鍋レシピ まとめ

出典: FASHION BOX

簡単で栄養満点な鍋料理。白菜やキャベツの葉野菜もたくさんとれてヘルシーですよね。しかも鍋料理は、一年を通じてダイエットの強い味方にもなるんです。今回は人気の鍋レシピを一挙に紹介します。季節を問わず、食卓で鍋料理を囲みましょう!

旬の白菜1/2個使い切り! 激推し鍋つゆで作る簡単ミルフィーユ鍋レシピ

鍋でポカポカになりたい季節。ぜひオススメしたいのが、簡単さと美味しさを兼ね備えた「鍋つゆ」。今回は厳選した8商品の中から、スタッフがリピートし続けている偏愛「鍋つゆ」を教えちゃいます! 数々の料理企画に携わっているプロが厳選したので味は間違いなし! 最強の鍋つゆ、要チェックです。

 

■スタッフ絶賛! イチオシ鍋つゆはコレ!

・くばら「はくさいのうま鍋 あごだし醤油味」

焼きあご(飛び魚)、しいたけなどのだしをきかせたつゆが、白菜を感動的な美味しさに仕上げてくれます。

美味しさ ★★★★☆

手軽さ ★★★☆☆

インパクト ★★★☆☆

 

■本気で試食したプロのコメント

・エディトリアルデザイナー 髙橋朱里さん

「子どもも大人も大好きな味。切り餅を加え、とろっと溶かしてからどうぞ!」

Profile/料理本からコミックエッセイ、旅行本まで、幅広く手がけるエディトリアルデザイナー。甘い物に目がなく、日々のチョコレートは欠かさない。趣味は、パッケージが素敵なお菓子の箱を集めること。パッケージが欲しくてお菓子を買い求めることも。

 

■【レシピ】豚バラ、白菜、切り餅のミルフィーユ鍋

◎材料(3~4人分)

くばら「はくさいのうま鍋 あごだし醤油味」/1袋(800g)

白菜/小1/2個(800g)

豚バラ薄切り肉/300g

切り餅(しゃぶしゃぶ用)/15枚

一味とうがらし/好みで適量

>>白菜をがっつり消費! ミルフィーユ鍋の作り方の続きをもっと見る

 

(otona MUSE編集部)
cooking/ETSUKO ICHISE
photograph/EIKO SAWAKI
styling & text/HIROKO NAKADA
illustration/CHIHIRO YOSHII
edit/SATOKO ISHIKAWA[vivace]

【レシピ公開】 食欲の秋を逆手にとる! おいしい鍋料理で「20kgやせた!」

食の誘惑があちこちから押し寄せるこの季節。どうせ食べるのなら、太らない食べ方を知っておきましょう! 近頃、TVや雑誌で話題の「糖質オフダイエット」にうってつけなのが、秋冬においしくいただける鍋料理なのです。

管理栄養士の麻生れいみさんは、37歳のときに1年間で65kg→45kgと20kgのダイエットに成功! カギを握っていたのが「夏は冷しゃぶ・冬は鍋」という食事。鍋も冷しゃぶも、知らず知らずのうちに「糖質オフ」できるメニューだったのです。

 

■20kgやせた「麻生式ダイエット」は、

①糖質オフ! ごはんやパン・麺、いも類などに多く含まれる糖質は控える

②肉・魚・野菜はたっぷりと! たんぱく質・ミネラル・良質なオイルをしっかりとる

③ベジファースト! 血糖値の上昇を防いでくれる野菜類から食べる

そう、これって……まさに鍋料理ですよね!

肉・魚・野菜・きのこ・豆腐……、しっかりとりたい食材がたっぷり入ったお鍋は、このダイエット法そのもの! 栄養たっぷりの糖質オフメニューだったのです。

 

ここで、麻生れいみさんオススメの簡単鍋レシピ「豚バラ肉のごまラー油鍋」をご紹介します。豚肉のうまみが出た担々麺みたいな濃厚スープは、満足感もあって絶品!

このボリュームで、1食分の糖質量は10.2g、たんぱく質は27.2g、エネルギー652kcal。

いっぱい食べてもやせちゃうなんて、うれしすぎますね!

 

おっと、うどんや雑炊など、お鍋のシメだけはNGですのでご注意を……!

■豚バラ肉のごまラー油鍋

【材料:1人分】

豚バラ薄切り肉……100g

ニラ……1/3束

もやし……1/2袋(約100g)

油揚げ(油抜き不要タイプ)……1枚

 

A

水……300ml

鶏がらスープの素(顆粒)、みそ、白練りごま(ペースト)……各大さじ1

ラー油……小さじ1/2

白ごま、ラー油(お好みで)……各適量

 

>>-20kgも夢じゃない! プロ直伝の鍋レシピ続きをもっと見る

 

■TJMOOK『20kgやせた! 10分ごはん』

麻生れいみさんが20kgやせるカギとなった冷しゃぶサラダ、鍋をはじめとする、究極の簡単10分ごはんが大集合。「10分で作れる」「少ない材料・道具で作れるから洗い物も最小限!」「おいしくて満足感があるのに太らない」という糖質オフのスピードレシピ集です。麻生れいみさんは2018年10月3日「梅沢富美男のズバッと聞きます!SP」に出演。番組内でロカボダイエットに挑戦したゆりやんレトリィバァさんは、わずか10日で8.3kgの減量に成功。大きな話題になりました。

 

食べる量は変えなくても、食べるものを変えるだけでいいのがうれしい糖質オフ。

食欲の秋を逆手にとって、まずは本誌の鍋レシピでおいしくダイエット!

超ズボラレシピでラクに続けて、いい結果を引き寄せましょう!

 

(ムック編集部)
著者/麻生れいみ
写真/佐藤貴佳

3日でマイナス2kg!? 食べるだけでやせる「魔法のスープ」がスゴすぎる

脂肪燃焼に欠かせないたんぱく質や1日に必要な野菜の量が考えられた「魔法のスープ」は、ダイエットに最適! さっと簡単に作れるし、食べごたえ満点でおいしいので、1杯でお腹も満たされます♪

 

スープのレシピは1日で食べられるよう、3食分の量。頑張りたい人は、3日間3食すべてをスープに置き換えてみて。ただし最大3日までに。夜だけスープに置き換えると続けやすいので、初心者はまず1週間トライを!

 

■サーモンとかぼちゃの味噌ごまスープ

ほくほくとしたかぼちゃと脂がのったサーモンは好相性。かぼちゃを食べて腸内をキレイにすることで、食べてやせる体に整いやすくなります。

 

■材料(1日分3食)

サーモン・・・2~3切れ

かぼちゃ・・・200g

長ねぎ・・・1本

和風だし ・・・大さじ1

味噌 ・・・大さじ1

白ごま・・・大さじ4

ごま油・・・大さじ1

水・・・600mL

 

>>心もお腹も大満足! 脂肪燃焼スープの作り方をもっと見る

(steady.編集部)
撮影/矢野宗利

吉川ひなのが教える簡単おいしい「地中海鍋」

毎回ひとつのテーマに沿って、オリジナルレシピを紹介するひなのの料理連載。食に対して強いこだわりを持つ彼女らしく、からだにも心にも優しいメニューを提案していきます。

■家族全員で囲みたい、からだに優しいあったかお鍋

「寒い、寒い」って言いながら外から帰ってきて、部屋でぬくぬくとお鍋をつつくのが最高に幸せで。立派なご馳走だなって思う。それは、高級な食材が入っているかどうかとかじゃなく、家にある残りもので作ったお鍋だったとしてもそう感じられるはず。そう、一度にたくさんのお野菜を食べられるのもいいですよね。忙しいときでも、材料を切って煮ればいいだけだから助かります(笑)。

■地中海鍋

■INGREDIENTS 材料(2~3人分)

エビ・・・4尾

あさり(砂出ししたもの)・・・150g

ズッキーニ・・・1本

ムール貝・・・4~6個

イカ・・・1ぱい

白身魚・・・2切れ(今回は真鯛を使用)

トマト(大きめ)・・・2個(450g)

にんにく・・・2片

オリーブオイル・・・大さじ1

白ワイン・・・100g

イタリアンパセリ、ディル・・・各適量

塩、粗挽きブラックペッパー・・・各適量

 

>>家族が笑顔になる? 地中海鍋の作り方続きをもっと見る

 

(otona MUSE編集部)
photograph/ KEIICH SUTO
styling/ YASUKO SHIRAISHI
recipe/ HINANO YOSHIKAWA

暮らし上手さんなら知ってて当たり前? ステーキも焼ける土鍋が今アツイ!

鍋料理でよく使われる土鍋ですが、煮る、炊く以外にも使える、優秀な土鍋があることを知っていますか? 熱に強い伊賀の土を使っている〈土楽〉の土鍋は、一流割烹でも使われる逸品です。暮らし上手な目利きさんが選ぶ、リンネル暮らしの道具大賞のキッチン部門で3位に輝いたその人気の秘密を紹介します。

 

■推薦者代表はこの2名!

■スタイリスト 曲田有子 さん

洗練されたスタイリングに定評あり。暮らしの道具を選ぶセンスもばつぐん。

 

■料理家 冷水希三子 さん

料理にまつわるコーディネートやレシピ制作を中心に書籍や雑誌、広告で活躍。

 

■〈土楽〉の黒鍋蓋付八寸

■油をひけばステーキも焼ける黒い釉薬が塗られた土鍋

数ある土鍋の中でも、定番で人気を集めているのが、土楽の土鍋。

「火の当たりがやさしく調理しやすいと思います」(曲田有子さん)。

「個性のある鍋で愛着を持って使っています」(冷水希三子さん)。

 

伊賀焼土楽窯の八代目・福森道歩さんの作品で、中でも黒鍋は40年以上にわたって、有名割烹店などで使用されているもの。耐火度の高い伊賀の粘土を使ってろくろでひとつひとつ手づくりされています。黒い釉薬である鉄釉の、光沢のある鍋肌は、煮る、炊く以外にもそのまま油をひいてステーキを焼いても大丈夫という特性が。土鍋ならではのゆっくり熱が行き渡る性質のため、食材がやわらかく仕上がり、うま味が引き出されます。デザインも素敵なのでそろいのお碗やレンゲもほしくなる、逸品です。

 

>>プロが推薦! 優秀土鍋が選ばれるポイントをもっと見る

 

(リンネル編集部)
photograph/Akira Yamaguchi
styling/Yui Otani
text/Ema Tanaka, P.M.A.Tryangle
edit/P.M.A.Tryangle
cooperation/commeden
文・編/FASHION BOX
※ 本記事は『otona MUSE』『20kgやせた! 10分ごはん』『steady.』『リンネル』に掲載された記事を再編集したものです
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ