『メリーに首ったけ』監督の最新作!凸凹コンビが織りなす実話コメディ映画!

出典: FASHION BOX

旬な映画をsweetの辛口ライターたちが星付けチェック!仕事を探していた男と、その男を雇ったツアー中のピアニスト。でもまったく気が合わなくて道中は大変〜!実話なところも面白い映画『グリーンブック』をレビューしちゃいます。

Checker’s List
金子裕子……美男大好きライター。美しくなければ男じゃない!が信条。
東郷葉月……ママさんライター。サブカル大好きな割に暮らしぶりはロハス。
よしひろまさみち……おかまライター。男子に甘く女子には厳しい。

★★★……観なきゃ罪レベル!
★★☆……お時間あればぜひ〜
★☆☆……評価人視点でダメ映画

『グリーンブック』

story:1962年、NY。勤めていたクラブが改装のため仕事を探していたトニー(V・モーテンセン)は、ピアニストのDr.シャーリー(M・アリ)の南部ツアーの運転手として雇われることに。ところがこの2人、全くそりが合わず……。

監督:ピーター・ファレリー
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ ほか
配給:ギャガ
公開:TOHOシネマズ 日比谷 ほかにて公開中

軽やかにして心に沁みる実録ロードムービー
by 金子裕子


弟ボビーと組んだ一連のお下劣コメディとは一線を画し、兄ピーターが一人で監督した本作は出色のヒューマン・コメディの仕上がり。キャスト、脚本、演出、選曲……全てにクリエーターのセンスが光り、全方位で楽しめる傑作に。

★★☆……お時間あればぜひ~

正反対のバディコンビがいい味
by 東郷葉月


破天荒で大食いの力自慢(白人)&エレガントなエリートセレブ(黒人)という奇妙な組み合わせと、演じる2俳優の好演に笑い泣き。理不尽な差別を描きながら、2人の旅を楽しく痛快な珍道中に仕立てた監督の手腕がお見事。

★★★……観なきゃ罪レベル!

本当にあったお話
by よしひろまさみち


題材自体はめちゃくちゃシリアスなのに、ヴィゴとマハーシャラの凸凹演技のおかげで軽快なコメディに。しかもこれが実話だった(Dr.シャーリーのゲイ話もホント)って、すごい話が埋もれてたのね〜。

★★★……観なきゃ罪レベル!

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
edit_RISA SATO[vivace], FASHION BOX
(sweet2019年3月号)

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ