無印インナーほか、シンプルライフ主婦が厳選した家事ラク服を公開!

出典: FASHION BOX

“今必要なものだけ”を持つことがシンプルライフのベース。
そう語るのは、シンプルライフ研究家のマキさんです。
ワードローブも多くは持たず、本当に気に入っている服だけで過ごしているそう。
スッキリ整理されたクローゼットへと近づける、マキさん流の服の選び方を教えてもらいましょう。

【関連記事】
☆『4つのルールで家事が速くなる!? 時短のプロが教える片付け&収納術』はコチラ

24時間気持ちいい!服・小物の選び方

私は多くの服は持ちません。クローゼットに収まる服だけというルールもありますが、何より、「本当に気に入っている服だけを着たい」というのがその理由。実際、ほぼ毎日、同じデザインのワンピースを着ています。どうしてワンピースかというと、パッと一瞬で着ることができて、上下をコーディネートする必要もないから。それに、何といっても着心地がいいからです。

自分にとってベストな服を選ぶということが、私の服選びの基準。「自分にとって」という自分主体の気持ちが大切です。
例えば「毎日違う自分に見せたい」とか「会社で浮かないようにしたい」とか、まわりの目を気にするのは正直、疲れてしまいます。たぶん、一生懸命コーディネートして出かけても、意外と他人は何を着ていたか、覚えていないと思うからです(私だけ?)。

だから私は潔く、毎日ワンピース!
とはいえ、一着だけではなく、持っているのは色違いで3着。夏は半袖バージョンがあって、やはり3色をひたすら着回しています。もうひとつは白のブラウス。形も着心地も最高のブラウスで、生地や色違いで3着持っています。本当に気に入った服はいつも色違い、生地違いで買うほうが絶対ハズレなし。そして何より一番のお気に入りを着ると、いつでもベストを出せる自分でいられるような気がします。

また、さらに欲をいえば、何通りも着回せるデザインを選ぶと効率的。着方を変えるだけで普段着にもセミフォーマルにもなる兼用服がいくつもあれば、服の数も少なくてすみます。

こうして着る服を厳選し、パターン化してしまえば、忙しい朝にコーディネートで悩む時間もなくなります。気分よく着られて、ムダもカットできる! 一石二鳥の服選びだと思いませんか?

さて、そんなお気に入りのアイテムをどこで見つけるかというと、私はほぼ決まったブランドのお店で買い物をします。同じブランドなら世界観が一緒だから、私の好きなテイストばかり。それに足繁く通えば、店員さんは私の好みがわかって適切な服をおすすめしてくれます。

【関連記事】
☆『「不要な家事はしない」がモットー!時短ブロガーのムダがないキッチン』はコチラ

私が選んだ家事ラク&ヘビーユーズ服

■インナー

*(上段 左から)A長袖ウール(グンゼ)、Bコットンニット(フェリシモ)、(下段 左から)C洗えるウール フレンチスリーブ(無印良品)、Dコットンキャミ(無印良品) 出典: FASHION BOX

これらのインナー類を季節によって一年中組み合わせて着回ししています。

春:C
夏:D
秋:A+C
冬:A+B+C

■ボトムス

*リネンデニムパンツインディゴ(nest Robe) 出典: FASHION BOX

ボトムスの一番のお気に入り。普通のデニムは乾きにくいのですが、リネンデニムなら、雨の日に裾が濡れてもすぐ乾く優秀アイテム。日本は四季があるので、オールシーズン&晴雨兼用だと便利。

■トップス

*リネンスタンドフリルブラウス(nest Robe) 出典: FASHION BOX

生地違いで持っている白のブラウス。どちらもリネンですが、織り方が微妙に違います。このデザインが一番好きなので、ほかにブラウスは必要なし。

■ワンピース

*シャーリングネックワンピース(nest Robe) 出典: FASHION BOX

前ボタンで全く同じデザインの黒のリネンワンピース。夏は半袖、それ以外の季節は長袖と、一年中同じデザインのワンピースを着続けています。首ゴム入りで着るときもボタンの開け閉めなし。

■下着

*ふわぴたスワンブラ(プリスティン) 出典: FASHION BOX

下着はブラもショーツもオーガニックコットン製。基本的に半年に1度2セットを新調します。

■靴下

出典: FASHION BOX

靴下は多めに持っていてもスペースを取らないし値段も手頃。おしゃれのアクセントに唯一複数持ちしています。長めの靴下はワンピースを合わせたときにタイツのようにはくことも可能。色や柄でちょっぴり遊んで。

【関連記事】
☆『洗濯物はたたまない!暮らしのプロがしているスムーズな洗濯方法』はコチラ

【Profile】
マキ
シンプルライフ研究家。6歳と10歳の娘、夫との4人暮らし。東京都在住。広告代理店でテレワークをするワーキングマザー。不要なものは持たない、不要な家事はしない暮らしを綴ったブログ「エコナセイカツ」が人気。『しない家事』(すばる舎)や『母から子に伝えたい 持たない四季の暮らし』(大和書房)、『マキ流 やめていい家事』(宝島社)など著書累計発行部数は22万部。全国のNHK文化センターでの講演活動や、アパレルブランドとの商品コラボなど幅広く活躍中。
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
編:FASHION BOX

(参考)

出典: FASHION BOX

TJ MOOK『虫のいい家仕事』
著者:マキ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ