OLは食費がかさみすぎ!? ムダ使いを減らす5つの習慣

出典: FASHION BOX

毎日のランチ、女子会など……働く大人女子は食費にお金がかかりがち!
ついで買いをやめたり、ランチを持参したり、できることから取り組んで節約をしていきたいもの。

今回は節約アドバイザー和田由貴さんに、誰にでも簡単にできる「食費をおさえる5カ条」を伝授していただきました。

出典: FASHION BOX

和田由貴さん
節約アドバイザー。TVや雑誌、ラジオ等さまざまなメディアで活躍し、わかりやすく実践しやすい節約アイデアを展開。「節約はムリをしないで楽しく!」がモットー。

1.ランチはおにぎりひとつでもOKなので持参する!

お弁当だとハードルが高い人も、おにぎりだけなら続けやすいと思います。プラスで買うとしたら、おかずだけで済むので節約に。また、外食の抑止にも最適!

2.食費専用のカードや電子マネーを用意する!

安易にカード決済をすると、どこからどこまでが食費かわからなく使いすぎてしまう傾向があるので、他の費目と混ぜないように食費専用のカードを用意するのが◎。

3.外食をするなら計画的に!

“なんとなく”という曖昧な理由で外食をしないこと。“外食ランチは◯曜日だけ”“週末に限りディナーOK”など、外食にマイルールを作ることが大切!

4.食材は原則冷凍できるものをセレクト

自炊派の人は、原則使いきれる量の食材を買いましょう。ひとり暮らしの場合は、冷凍保存ができる食材を選ぶようにするのがおすすめです。

5.ついで買いしがちなものに要注意!

お弁当を買うついでにお菓子やスウィーツを……など、ついで買いの出費は食費がかさむ原因に! ダイエットのためにも、ついで買いの習慣を見直して。

(steady.編集部)
構成・文/渡辺麻衣子
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

# ライフスタイル
# 節約
の記事もチェック♡
【steady. 編集部の記事をもっと読む】
全部6千円以下! “色ち”買いできるGUコート集合
今から春まで着倒す! 通勤できるユニクロのワンピ&ジャケパン
【SWEET WEBのオススメ記事】
H&Mなのに約2万円!? ニ度見必至の限定アイテム
セクシーなカラダに近づくヒント

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ