梅雨もカラッと過ごせる家はココが違う!プロが実践する3つの極意

出典: FASHION BOX

じめじめと不快な梅雨シーズンは、体調も気持ちもゆらぎがち。鬱陶しい季節を爽やかに過ごすために、暮らしも体も心も整える“梅雨前仕度”の3つのポイントを、暮らし上手さんにご指南いただきました。ファブリックや香りで心身をリフレッシュさせて、梅雨を乗り切りましょう!

【関連記事】
梅雨の“重ダル”は韓国薬膳のお茶でデトックス

教えてくれたのは……

柳沢小実さん

出典: FASHION BOX

エッセイスト、整理収納アドバイザー。雑誌や書籍などで丁寧な暮らし方や収納に関する提案を行う。台湾にも精通し、ガイドブックの著書もある。近著に『考えない 探さない ラクして整う住まい考』(KADOKAWA)など。

清々しく暮らせるよう布ものや香りで気分転換

我が家の場合、梅雨前だからといって特別な家事をするわけではなく、一年を通して湿気やカビの対策をしています。たとえば、バスマットは通年で乾きのいいリネン素材を使用。クローゼットの中の収納には、通気性のいい金属のかごを使い、クローゼットは開けっ放しにして湿気をこもらせないようにしています。こうしておくと季節に影響されず、一年中快適に過ごせます。

あとは、春夏と秋冬でファブリックと香りを替えて、季節感を出しています。たとえば、ブランケットの場合、秋冬は温かな色味のウール、春夏は涼しげなブルー系のコットンに。ベッドリネンなども、季節ごとに色と素材を変えています。香りも、夏に向けて清涼感のあるミント系に替えて、じめじめとした日本の夏を少しでも心地よく過ごせるように工夫しています。

《Point 1》ファブリックを夏仕様に衣替え

▶︎軽やかなコットンの膝かけに

出典: FASHION BOX

クリッパンのコットンブランケットは肌触りがよく、かけるたびに癒やされるお気に入り。ブルー系で涼しげに。

▶︎ふきんは乾きやすい麻ガーゼ

出典: FASHION BOX

速乾性が高いリネンをふきんに。(上)白雪ふきんのハンカチ。蚊帳生地が2枚重ねになっていて柔らか。(下)目の粗い北欧産のリネン。

▶︎ベッドリネンは白で爽快に

出典: FASHION BOX

ムシムシする梅雨は、カバーやシーツ類をイケアの白コットン素材に替えて、肌触りも見た目も爽やかに。

《Point 2》香りで気持ちを涼やかに

▶︎スワッグにアロマスプレーを

出典: FASHION BOX

リビングの入り口に吊るしたスワッグに香りをしゅっとひと吹き。壁にシミがつかず、香りも長持ちします。梅雨時は、清涼感のあるアヴェダのラベンダー&レモンのスプレーを愛用中。

▶︎ミントティーで頭スッキリ

出典: FASHION BOX

湿度が高くなると頭が重く、体がだるくなりやすいので、爽やかな香りのミントティーで気分をリフレッシュ。

《Point 3》おしゃれに湿気対策

▶︎珪藻土の乾燥剤

出典: FASHION BOX

米びつや茶葉を入れている瓶には、見た目もかわいい、ソイルの珪藻土の板チョコ型乾燥剤を入れて。湿気取り効果大。

▶︎リネンのバスマット

出典: FASHION BOX

リネンバードのバスマットは乾きがよく、心地いい使用感。使い終わったらフックに吊るして乾かせる優れもの。

▶︎金属の収納かご

出典: FASHION BOX

籐など天然素材のかごはカビやひっかかりが気になるので、ストール類は金属のかごに入れてクローゼットの中に。

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph_Yusuke Shirai, Aya Sunahara, Sachie Abiko
edit & text_Mizuki Sakaguchi
edit_Ayaki Ando[vivace], FASHION BOX
(大人のおしゃれ手帖 2019年6月号)
【いま読まれている人気記事】
カビを防げば梅雨の家事がラクになる!
人気モノマネ芸人が再現!ナチュラルメイクのNG例
お札の向きは下向きが正解⁉︎「貯まる財布」5つの条件
人気占い芸人に聞く!人生も恋も“トクする人”がしていること
お家でできるヒップアップエクササイズ まとめ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ