スタイリストにおしゃれのアップデート術を聞きました!

出典: FASHION BOX

まじめで勉強熱心なスタイリストの“ゆうこ”こと遠島有子さん。古本からスタイリングのアイデアを得たり、なじみの古着屋さんに通って常に情報をアップデートしているという“ゆうこ”さんの中身をウォッチング!

レトロでちょい悪♡ヴィンテージを女っぽく着る

PROFILE

スタイリスト 遠島有子さん
とおしまゆうこ/ストリートスタイルを得意とし、本誌をはじめ広告などで活躍。90年代に青春を過ごしたせいか、無類のHIPHOP好き。

70年代が気になります!

『チープ・シック―お金をかけないでシックに着こなす法』カテリーヌ・ミリネア+キャロル・トロイ著¥2,200(草思社)

「着こなしのヒントは古い雑誌や書籍から得ることも。1977年初版、世界的ベストセラーのこちらは雑誌の特集でもよく見る“チープ・シック”という言葉を作った名著」

おしゃれのプロが今ハマってる夏コーデ

ヴィンテージといえば、やっぱりデニム!

「Levi’s®501、517、646……サイズが合ってダメージが好みだと同じ501でも買っちゃう♡はき過ぎてすれたらお直しに。デニムのリペアはO・KI・DO・KIがオススメ」

齋藤飛鳥の“下をはかない”デニムコーデが新鮮

毎週出没するヴィンテージSHOP

▶︎LUIK

広くてモダンな内装も◎

info================
LUIK
住所_東京都世田谷区太子堂2-36-9 下の谷ハマーハイツ1F
電話_03-5712-3520
==================

▶︎FILM

色落ち感のよいデニム、Tシャツ、スエットなどリアルな品揃え。

info================
FILM
住所_東京都世田谷区代沢2-28-4
電話_03-6804-0608
==================

「好みの古着屋はマメにチェック。FILMではLevi’s®646をゲット♡LUIKは今のトレンドや気分に合う質のよいモノがセレクトされていて、今季はシルクシャツを購入」

チョイ悪ヴィンテージに夢中!マギーのロックTコレクション

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photo_MAYA KAJITA[e7](still)
styling_YUKO TOSHIMA
illustration_HARUKA HAYASAKA
edit_SATOKO ISHIKAWA[vivace], FASHION BOX
sweet 2019年7月号

【SWEET WEBの注目記事】
男子は“ちょいぽちゃ”が好きって本当⁉︎
結婚って本当にしたほうがいいの?[恋愛指南塾]
デリケートゾーンの匂い&黒ずみ対策
加藤玲奈、ミニスカートで太もも見せ♡
父はスーパー寿司職人⁉︎街で見つけたクスネタ
家計コンサルが教える節約のコツ6つ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ