[飲み過ぎた翌日に押したいツボ] 二日酔いに効く対処法

[飲み過ぎた翌日に押したいツボ] 二日酔いに効く対処法

出典: FASHION BOX

二日酔いの原因がアルコールの飲みすぎであることは、誰もが知るところ。飲みすぎた日の翌日の、吐き気や頭痛など不快な症状が二日酔いです。つらい二日酔いを解消するために必要なのは、アルコールの解毒。解毒作用のあるツボをご紹介します。

教えてくれたのはこの方

寺林陽介(てらばやし・ようすけ)さん
六本木・寺林治療院院長。1996年にあんまマッサージ指圧師、鍼師灸師の国家資格を取得し、父の治療院で本格的に修業を開始。24歳のときから1人で治療院を運営し、現在に至る。2008年には港区南青山でも完全紹介制・完全予約制の治療院を開設し、2014年3月、港区六本木に移転。患者に心から満足してもらえる治療院を追求している。どこに行っても楽にならなかったという患者ほど違いを実感する「疲れとりマッサージ」を行い、多くの著名人から評判を得ている。著書『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(アスコム刊)は27万部のベストセラーになり、テレビ、雑誌など多数のメディアで注目を集めた。

症状別に太衝or瘂門を押し動かす

二日酔いのメカニズムははっきりとは解明されていませんが、アルコールの解毒を促進することで、症状が緩和されるのは確か。そのために有効なのが太衝。このツボを中指で上下に10〜20回押し動かすことで、アルコールを分解する肝臓の機能が高まりますから、吐き気などの二日酔いの諸症状が軽減します。反対側も同様に。頭痛が強い場合には、頭痛に効くツボ・瘂門への刺激が効果的。中指で左右に10〜20回押し動かしましょう。顔を少し上に向けるとツボに入れやすくなります。

【オススメ記事】
夏の胃腸疲れが足に現れるってホント? カチカチ足の人は体調不良予備軍かも!?
デブじゃなくて“むくんでる”だけ! 医療現場でも活用される「久式リンパマッサージ」とは?

[飲み過ぎた翌日に押したいツボ] 二日酔いに効く対処法
出典: FASHION BOX

太衝(たいしょう)

足の甲側、親指と人差し指の間を、足首に向かって押し上げていくと、骨に当たって指が止まるくぼみの部分。

[飲み過ぎた翌日に押したいツボ] 二日酔いに効く対処法
出典: FASHION BOX

頭痛が強いとき

瘂門(あもん)

後頭部の首の上のほうにあるくぼみの、ちょうど真ん中あたり。

【オススメ記事】
クーラーのせいで生理痛がヤバ過ぎ……なら、カカトをもんでみるべし!?
薬に頼らない“フィトテラピー”って? 自分でできる梅雨だる解消法!

(抜粋)

[飲み過ぎた翌日に押したいツボ] 二日酔いに効く対処法
出典: FASHION BOX
TJ MOOK『女35歳からの「不調」は指1本で治せる!』
https://tkj.jp/book/?cd=TD296672
著者:寺林陽介

イラスト:アオノミサコ
ライター:佐藤美由紀
special thanks:石井美保さん
編集/FASHION BOX
TJ MOOK『女35歳からの「不調」は指1本で治せる!』
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ