プリンだけどプリンじゃない⁉︎雪みたいに溶けるマンゴープリンがめちゃ美味しそう♡

出典: FASHION BOX

国内外を食べ歩き、グルメ情報を発信する“タベアルキスト”ことマッキー牧元さんが、季節を味わう“旬な一皿”をご紹介。今回は、東京・赤坂の名店で出合った「フレッシュマンゴープリン」が登場!

今しか味わえない甘さ!冷製コーンスープで旬を極めた名店

紹介してくれたのは……
マッキー牧元

出典: FASHION BOX

1955年生まれ、東京都出身。㈱味の手帖取締役編集顧問。国内外問わず年間600食ほど食べ歩き、グルメ情報を発信する“タベアルキスト”。近著に『超一流のサッポロ一番の作り方』(ぴあ)。

儚く淡い食感に込められた、濃厚なマンゴーの風味
Turandot(トゥーランドット)臥龍居(がりゅうきょ)【東京・赤坂】フレッシュマンゴープリン

出典: FASHION BOX
フレッシュマンゴープリン(1000円)

プリンという名前だが、これはプリンではない。口に入れて噛もうと思った瞬間に、淡雪のように溶けてしまうのである。甘い常夏の香りに、優美な酸味を伴いながら、ゆっくり消えていく。

このギリギリに固まっている食感と、生のマンゴー以上にマンゴーの風味が弾けるのが、このプリンの魅力だろう。一口食べてはうっとりと中空を眺め、「はあ」と、充足のため息をつかせる。実に魅惑的なデザートである。

マンゴーは甘みが濃く、酸味とのバランスがとれた、宮古島のアップルマンゴーを使う。マンゴー自体の糖度を生かすために糖分を入れず、少量の生クリームとゼラチンで作っていく。

また、ペティナイフで切ると繊維が残るため、茶碗の蓋でマンゴーをすくい取り、レモンで酸味を調える。いかにスレスレのところで固めるか、その精妙さを計る。酸味を加えると緩くなるので、糖度を味見して、酸味の度合いも計算する。

そうしたプロの眼力があってこそ、この夢の味は生まれるのである。

味噌汁1杯で貧血予防!具の組み合わせで鉄分増強

出典: FASHION BOX
苦茶油(ツバキ科の茶の木の実から搾油した油)と生姜の炒め麺。あっさりとした味わいでツルツルとお腹に収まってしまう。
出典: FASHION BOX
特製調味料、干し貝柱のXO醤(右、2300円)やにんにく醤油(左、900円)は店内でも購入可能。
出典: FASHION BOX
「The Garden」では庭の緑を眺めながら食事を楽しめる。

Turandot 臥龍居
住所/東京都港区赤坂6-16-10 Y's CROSS ROAD1,2F
電話/03-3568-7190
営業時間/月~金9:00~L.O.14:30/17:00~L.O.22:00、土・日・祝9:00~L.O.21:00
アクセス/東京メトロ千代田線赤坂駅6番出口より徒歩約6分、都営地下鉄大江戸線六本木駅7番出口より徒歩約6分

ワインのプロが解説!巷でトレンドの“自然派ワイン”って⁉︎

*******************************
マンゴーの「旬食深識(しゅんしょくしんしき)」
*******************************

出典: FASHION BOX

原産地はインドからインドシナ半島周辺。紀元前よりインドで栽培が始まったと言われる。果皮が赤いアップルマンゴー、果皮が黄色く最も出回るペリカンマンゴー、希少なキーツマンゴーなどの種がある。一年中出回っているが、最も流通量が多いのは7月~8月。未熟な状態で収穫される海外のものに比べ、完熟させてから収穫する国内産は糖度が高く高価。

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
撮影_本野克佳
イラスト_キモトアユミ
編集_WEMMY CHAU[vivace]、FASHION BOX
MonoMaster 2019年10月号
【いま読まれている人気記事】
男はぽちゃ好き?マシュマロボディの作り方
デリケートゾーンの匂い&黒ずみ対策
結婚って本当にしたほうがいいの?[恋愛指南塾]
女医に聞いた大人のニオイが独特なワケ
納豆を食べるなら朝と夜、どっちが健康にいい?
更年期障害の予防にはアーモンド!?

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ