人気スタイリストが選んだリアルワードローブで着まわし6デイズ♡

出典: FASHION BOX

すっかり定着した“かすみの欲しいものは、みんなが欲しいもの”説。そこでこの秋も早速、人気スタイリスト加藤かすみさんが「本当に買った」新作アイテムをリサーチ。そして、今年っぽいだけじゃなく、ちゃんと使えるのか―。靴&バッグも含め、リアルなワードローブでの着まわしに挑戦してもらいました。見たら全部、欲しくなっちゃうからご注意を!

今すぐ着たい優しい薄茶色で秋の気分を先取り!

【DAY 1】B+J
コーデがパッと華やぐキレイ色ニットが大活躍!

出典: FASHION BOX
頭に巻いたスカーフ¥16,000(ピエール ルイ マシア/イエナ ラ ブークル)

「ワークパンツとしてジャンプスーツを活用。キレイ色のニットを合わせることで、コーデにメリハリが出ていい感じに。この秋冬もまだ、“頭にスカーフを巻く”ブームは続きそう」

【DAY 2】A+E+H+b
トレンドカラーでまとめて着こなしに統一感を

出典: FASHION BOX
フープピアス¥21,000(マリア ブラック/ショールームセッション)

「個性的なアイテム同士を大胆に合わせてみました(笑)。全体的にブラウンでまとめているから、意外とうるさくないし、何なら洒落て見える!大きなフープピアスもポイントです」

【DAY 3】F+K+L+b
ウエストマークでアレンジをきかせて

出典: FASHION BOX
フープピアス¥21,000(マリア ブラック/ショールーム セッション)、ベルト¥31,000※参考価格(アトリエ アンボワーズ/アマン)

「セットアップで着たリブニットの上下の上にポンチョを重ねて。ベルトでウエストマークすれば、シルエットにメリハリもできるし、着こなしが新鮮に見えるはず」

今すぐほしい!スタイリストに聞く秋冬買うべきアイテム7つ

【DAY 4】C+E+J+c+g
ワークテイストを都会的に取り入れたい

出典: FASHION BOX
ハット¥48,000(クライド/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

「もともとボウタイブラウスと合わせたいなと思っていたジャンプスーツ。キレイめに着たいから足元もTストラップパンプスに。都会で着るワークスタイルをイメージ」

“鮮やか色”を秋に着るならこっくりカラーで引き立てるべし

【DAY 5】D+I+d+e
女っぽさが引き立つジャケットスタイル

出典: FASHION BOX
クロスシルバーネックレス¥17,000(マリア ブラック)、シルバーリング¥68,000(ザ レタリング/共にショールーム セッション)

「メンズライクな印象のウールジャケットが、ドレスの女っぽさを引き立たせてくれます。正統派な気こなしはシルバーアクセやファーサンダルといった小物でハズして」

初秋アイテムでトレンドど真ん中!旬コーデ7デイズ

【DAY 6】H+K+a+h
クラシカルな小物でアップデートを

出典: FASHION BOX
パールピアス※1個売り¥29,000、パールダブルリング¥35,000(共にエルナン エルデス/エスケーパーズ)

「今季注目しているのが、クロコの型押し小物。ショートブーツもバッグもそうです。今年っぽくて、コーディネートになじむから、使いやすくてオススメですよ」

服で!小物で!“初秋ブラック”をもっと楽しむコーデ集

かすみがオーダー済み!秋の新作アイテム
今回使ったのはこちら……

【A】JANE SMITHのフォトプリントT

出典: FASHION BOX
人気ですぐに完売しそうな、ジェーン スミスのフォトプリントT。¥13,000(ジェーン スミス/シップス 渋谷店)

「自分が着るとなると、ロゴTは苦手。かといって、無地も味気ないですよね。フォトTは新鮮だし、かっちりし過ぎなくて◎」

【B】AURALEEのモヘアリブニット

出典: FASHION BOX
キャミソールやブラトップなど、わざと中を透けさせて着てOK。薄手でインナーとしても重宝。¥36,000(オーラリー)

「色がとっても今の気分。トレンドの茶色ともバッチリ合う!透け感があるニットってこなれて見えるから好きです」

【C】SAYAKA DAVISのボウタイブラウス

出典: FASHION BOX
ボウタイは垂らしたり巻いたりアレンジ自在。¥42,000(サヤカ デイヴィス/ジャーナル スタンダード 表参道店)

「流行りのボウタイブラウスはハズせないかなと。これは生地がテロッとしていて女性らしさがアップする気がします」

【D】ALEXACHUNGのジャケット

出典: FASHION BOX
立体的なデザインで、小柄な女性でも無理なく着られる。¥81,000(アレクサ チャン/エディット フォー ルル)

「形がキレイで一目惚れ。リアルに着るとなると、これくらいコンパクトなサイジングのほうが着やすいなって思います」

【E】LEONIEのフリンジジャケット

出典: FASHION BOX
着れば着るほど味が出る、ヴィンテージライクなフリンジジャケット。¥61,000(レオニィ/イエナ ラ ブークル)

「パッと見は難しそうなアイテムだけど、意外と何にでも合うんです。それに、これひとつ投入するだけで洒落るんだから!」

【F】RACHEL COMEYのポンチョ

出典: FASHION BOX
ストールにも、カーデにも、アウターにもなる。¥43,000(レイチェル コーミー/RHC ロンハーマン)

「ポンチョは流行りとか関係なく好きなアイテム。私にはカーディガンを着る文化がなくて、その代わりがポンチョなんです」

【H】GALLARDAGALANTE NAVYのレオパード柄スカート

出典: FASHION BOX
裾のフレアが可愛いスカート。¥20,000(ガリャルダガランテ ネイビー/ガリャルダガランテ 表参道店)

「ブラウンベースで今年っぽいレオパード柄。何色か使われてるから、意外と無地より柄物のほうが合わせやすかったりします」

【I】BY TIMOの花柄ドレス

出典: FASHION BOX
ネイビーベースにイエロー×白の甘過ぎない花柄がポイント。¥43,000(バイ ティモ/イエナ ラ ブークル)

「私的にこのシルエットが鉄板。ついつい毎シーズン同じようなドレスを購入……。今季はブラウンに合いそうな花柄を追加」

【J】MADISONBLUEのジャンプスーツ

出典: FASHION BOX
タイトなシルエットでキレイめに着られる。襟元のあき具合も女っぽい。¥82,000(マディソンブルー)

「このマディソンのジャンプスーツは、使いやすそうだなって。1枚でというよりはキレイめの服に合わせて着たい!」

ATONのセットアップ

出典: FASHION BOX
リブニットのトップスとスカートは別売り。
【K】トップス¥26,000(エイトン/エイトン青山)
出典: FASHION BOX
【L】スカート¥39,000(エイトン/エイトン青山)

「着まわしがきくし、セットアップはいつだって欲しい。ベーシックなリブニットのセットはブラウンベースが今年っぽくていい」

【a】PELLICOのショートブーツ

出典: FASHION BOX
足首をキレイに見せてくれるショートブーツ。今年らしいブラウン。[ヒール7.5㎝]¥75,000(ペリーコ/アマン)

「クロコの型押しがリッチでいい!表情が出てはきやすいです。ロングも注目してますが、ひとまずショートをゲット」

【b】PORSELLIのバレエシューズ

出典: FASHION BOX
上質でくったりとした革が足にジャストフィット。[ヒールなし]¥30,000(ポルセリ/フレームワーク自由が丘店)

「結局リアルに一番はくのはぺたんこなんですよね。楽チンだし、走れるし。このポルセリのバレエはやっぱり使える」

【c】PELLICOのTストラップパンプス

出典: FASHION BOX
ストラップ付きだからヒールでも歩きやすい。[ヒール8㎝]¥52,000(ペリーコ/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

「Tストラップって女っぽくて好き。ぺたんこ派とはいえ、ときにはヒールもはきたい!黒のエナメルはきちんと感もあって◎」

【d】ROCHASのファーサンダル

出典: FASHION BOX
はいてるだけで癒やされる心地よさ。Rのビジューもアクセントに。¥93,000(ロシャス/ロンハーマン)

「こういうサンダルをひとつ持ってると便利なんですよね。足元にボリュームが出るし、モケモケで可愛いでしょ(笑)?」

【e】OPEN EDITIONSのショッパーバッグ

出典: FASHION BOX
“THANK YOU”は全て刺繍。軽くて使いやすい。[H41×W39㎝]¥6,000(OPENEDITIONS/エスケーパーズ)

「コーデのハズしに使えていいかな~って。少し光沢があるから、キャンパス地のトートよりも洒落て見える気がします」

【g】MARCO MASIの巾着バッグ

出典: FASHION BOX
ミニ財布と携帯が入るくらいの大きさ。[H14×W14.5×D14.5㎝]¥17,000(マルコマーシ/エディット フォー ルル)

「こういうミニバッグでお出かけする人、意外と多いのでは?ずっと大きいバッグ派でしたが、最近はもっぱらこれ!」

【h】GIANNI NOTAROのクロコ型押しバッグ

出典: FASHION BOX
ショルダー付き。[H18×W26×D11㎝]¥17,000(ジャンニ ノタロ/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店)

「今季のトレンドでもある“クラシック”なムードにぴったり。こういうバッグがひとつあると、コーディネートの格上げに」

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph_SHOHEI KANAYA(model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling_KASUMI KATO[TRON]
hair&make-up_KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
model_RENA TAKESHITA
edit_WEMMY CHAU[vivace], FASHION BOX
otona MUSE 2019年10月号
【いま読まれている人気記事】
からっぽのことは「虚ろ」この漢字読めますか?
生理の症状、1つでも当てはまれば診察を!PMSチェックリスト
スキームって何のこと?意味を理解しておくべきカタカナ語
トイレに掃除機はダメ⁉細菌・ウイルスを寄せつけない部屋づくり
[漢字クイズ]人間の動作を表す言葉5題
[漢字クイズ]「十八番」は読めなきゃヤバイ!?三文字単語5問

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ