温泉が多い場所には理由があった? “マグマ”が水を温める?

温泉が多い場所には理由があった? “マグマ”が水を温める?

出典: FASHION BOX

非日常の時間を過ごし、疲れた体を癒やしてくれる温泉。日本には温泉で有名な場所がありますが、実際のところ、どんな場所に多いのでしょうか。東進ハイスクール地理科講師の村瀬哲史先生が教えてくださいました。

Q:温泉ってどんなところに多いの?

温泉が多い場所には理由があった? “マグマ”が水を温める?
出典: FASHION BOX

日本では温泉法という法律で、水温25℃以上の地下水か、総硫黄など指定された成分のどれかひとつを一定量以上含む地下水を「温泉」と定めています。

温泉が多い場所には理由があった? “マグマ”が水を温める?
出典: FASHION BOX

大分県は「別府温泉」で知られる別府市をはじめ、16の市町村で温泉が湧き出し、温泉の湧出量、源泉総数ともに日本一となっています。そして大分県では、豊富な温泉の熱を利用して、発電を行ったり、ハウスを温めて野菜の栽培を行うなど、さまざまな分野での活用を進めています。

【オススメ記事】
牛乳は季節で味が変わるってホント!? 冬は濃厚になる理由を解説
旅のプロが厳選! “絶景温泉”と“祭り”で日本の秋を満喫

A:そりゃ火山の近くでしょ!

温泉が多い場所には理由があった? “マグマ”が水を温める?
出典: FASHION BOX

大分県には別府温泉や由布院温泉などの有名な温泉があります。温泉ってどんなところに多いイメージがありますか? やはり「火山の近く」でしょうか。もちろんそれが一番で、大分県にも鶴見岳や由布岳などの火山があります。火山の下には、地下数km〜十数kmのところに1000℃以上という高温のマグマがたまった「マグマだまり」 があります。付近に降った雨や雪の一部は地下にしみこんで地下水となります。この地下水がマグマだまりの熱で温められ、その後、温められた地下水が地表に湧き出たものが温泉になります。このような温泉では、温泉水にマグマの成分や岩石の成分が含まれるので、いろいろな泉質(温泉の性質)があります。つまり、温泉水が地下でどんなところを通ってきたかによって、温泉の成分や色などが変わるわけです。

【オススメ記事】
ペットボトルや洗剤やレジ袋までつくりだす! どうして石油は万能なの?
“サウナ”“ロウリュ”ってどこの国の言葉? リラックスだけじゃない効果とは

教えてくれたのは……

温泉が多い場所には理由があった? “マグマ”が水を温める?
出典: FASHION BOX

村瀬哲史(むらせ・あきふみ)先生

【Profile】
1972年3月11日、大阪府生まれ。東進ハイスクール 東進衛星予備校 地理科講師。わかりやすく、理解しながら覚えられる授業が好評。キャラのある関西弁と聞き取りやすい声で話す。『ネプリーグ』(フジテレビ系)ほかテレビのバラエティー番組や情報番組などでも活躍。

【オススメ記事】
北海道はなぜ大きい? かつては札幌県も存在していたって本当?

(抜粋)

温泉が多い場所には理由があった? “マグマ”が水を温める?
出典: FASHION BOX

書籍『常識なのに! 大人も答えられない都道府県のギモン』
著者:村瀬哲史

イラスト:とみたかえり(SUPER MIX)
編集:九内俊彦、荒井風野(SUPER MIX)
編集協力:知野美紀子(SUPER MIX)、江藤優子、松本玲子
ディレクション:成澤景子(SUPER MIX)
画像・写真提供:宇和島プロジェクト、江崎グリコ株式会社、銀座 伊東屋、神戸肉流通推進協議会、小谷信介、サントリー食品インターナショナル株式会社、SPA大手町、ピクスタ、一般社団法人 北海道広告業協会
WEB編集:FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
唐沢寿明が山口智子とツーショット! 愛車ポルシェで被災地支援
仕事で信用されない人の口癖が判明!? アナタの評価を下げる言葉とは?
ヌーブラ派・紗栄子が“華奢すぎる”欧州ランジェリーに恋♡
回転寿司ではどのネタがコスパが高い? 原価率や利益率などの裏側を専門家が暴露!
南海キャンディーズ しずちゃんが色っぽメイクで大変身! プロ絶賛のスタイルで女度爆上げ!!
話し上手な人はココが違う! 伝える力が劇的に上がる2つのポイント

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ