手作りでストレス解消!?「体と心に優しい万能調味料」レシピ3選

出典: FASHION BOX

「適当なもの」で我慢する暮らしは、知らず知らずのうちに不満がつのります。「あったらうれしいな」そう思いつつ手を動かしたときから、心豊かな暮らしが始まります。

出典: FASHION BOX

今回は、「暮らし家」として、料理、縫いもの、リメイクなどを通じ「丁寧に心地よく暮らす」提案を行う塩山奈央さんに、体に優しい手作り調味料のレシピをお聞きしました。

 

ねぎ油

出典: FASHION BOX

香ばしいねぎの香りが食欲をそそる、お手製のねぎ油を常備。炒め物にはもちろん、お豆腐やゆで野菜にかけたりドレッシングに加えたり。味噌汁に加えるとコクが深まります。

出典: FASHION BOX

ソースパンに斜め切りにした長ねぎ1カップと油1カップを入れる。最初は中火で、温度が上がったら弱火でねぎの水分が抜けるまで火にかける。瓶に保存。時間が経つとねぎがカリカリになっていっそうおいしくなる。

出典: FASHION BOX

「合羽橋で揃えたフランス料理用の鍋のうち、直径18㎝のソースパンがねぎ油作りにぴったりでした。以前は太白ごま油を使っていたけれど、今はこめ油でさっぱり仕上げます」(塩山さん)

 

梅びしお

出典: FASHION BOX

体の疲れをとり、気分もシャキッとなる梅干し。ペースト状にして少々甘みを加えた梅びしおを1瓶作っておくと料理の幅が広がります。マヨネーズやドレッシングに加えても美味。

梅干し150gは種を取り除き、ミキサーにかける。鍋に日本酒、みりん各100ccを入れ、強めの中火にかけてアルコール分をとばし、焦げないように注意しながら、とろみがつく程度に水分もとばす。砂糖100gを加えてさらに煮詰め、梅を加えて練り上げる。

 

アンチョビ

出典: FASHION BOX

アンチョビ好きが高じてとうとう手作り。「発酵食品は、育てる感覚が楽しくてやめられない」と塩山さん。

カタクチイワシは3枚におろし、塩水でよく洗う。キッチンペーパーで水気をよくとったら重さを量り、イワシの総重量の15~20%の塩をまぶす。ガラス容器にイワシを重ね、ラップして重しをのせて冷蔵庫で4カ月以上保存、発酵させる。水気が出たら取り除く。

煮沸消毒したガラス瓶にオリーブオイルを3分の1程度そそぎ、イワシを詰めて冷蔵庫で保存。

 

イライラを解消して私も家族も幸せになれる一冊!

本表紙
出典: FASHION BOX
TJMOOK『イライラを消す家仕事』(宝島社)
定価:本体880円+税
イライラを抑えたり、怒りを落ち着かせたりするには、家事をすればいいだけだった! 素敵な人はすでにやっていた! 自分の怒りをコントロールする手法として人気の「アンガーマネジメント」の第一人者が、心を穏やかにする家仕事のポイントを紹介。皿を磨く、ジャムを煮るなど実践している人たちを徹底取材。

 

監修/安藤俊介
撮影/井上雅央(TRYOUT)、横田公人、目黒智子、杉能信介、上岡エマ
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【オススメ記事】
※ 「よろしかったでしょうか」だけじゃない! 社会人が間違えるヘンな敬語5選
※ 3日でマイナス2kg!? 食べるだけでやせる「魔法のスープ」がスゴすぎる

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ