辛酸なめ子が2人の「港区女子」を目撃! リアルと自称の見分け方は……?

自称「港区女子」とリアル「港区女子」を比べてみると…… 辛酸なめ子が考察

辛酸なめ子の覗き見♡ OL妄想劇場

『steady.』で連載中の「辛酸なめ子の覗き見♡ OL妄想劇場」。ある日見かけた2人の「港区女子」を見て、なめ子さんが感じたこととは?

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

「港区女子」の生態とは……カフェで遭遇した強気ワーケーション女子

以前、Clubhouseで「港区女子」の美女と少し会話する機会があり、必要以上に緊張してしまいました。20歳以上年下なのに、威圧感漂う笑い声を聞くだけで敗北感しかありません。彼女のインスタを見たら、毎日ゴージャスなレストランで食事していてコロナを感じさせなかったです。パトロンのおごりで毎日こんな生活をしていたら、ただものではない風格をまとうのも納得です。インスタ内を「港区女子」で検索すると、アプリで加工されまくった人形のような美女たちが、カニとかフォアグラ、ウニや焼肉と写った映え写真を投稿していました。キラキラしているイメージが強い港区女子ですが、実際港区に住んでいる人は少なく、港区によく遊びに行く、という程度でも「港区女子」を自称できるみたいです。港区に税金を納めていなくてもなれるようで名乗ったもの勝ちです。成功者の街、港区に通ううちにギラギラした野望を抱く港区女子もいます。

先日、平日の午後、港区のディーン&デルーカのカフェにいたら、隣でパソコンを開き、仕事をしている女性がいました。そのあとパソコンのデータを参照しながら、どこかに電話をかけていた港区女子。カフェでのワーケーションにしては派手に展開しています。
「今、資産をお持ちの方リストを開いているんですが、13株持っている方がいて……」といったセリフが聞こえてきました。資産を持っている人に何かセールスしようとしているのでしょうか。大金を動かす仕事なら、たしかに下町のカフェよりも港区でワーケーションした方がうまくいきそうです。電話のあと、彼女はパソコンを操作していたのですが、その後、驚きの行動に! 店員さんに「ネットが調子悪いんですけど……」とクレームを入れたのです。えっ、無料Wi-Fiを使わせてもらっているのに? 店員さんは話を聞くだけ聞いて、その後は特に対処もせずスルーしていました。港区女子になると自己肯定感が高まり、強気モードになるのかもしれません。そして港区に通うために、ポケットWi-Fiやテザリングの通信費を節約するようになるのでしょう。

道端に集まる「港区女子」。リアルな地元民の周りにうずまく人情

Wi-Fiクレーム港区女子への驚きが覚めやらぬまま、店を出て歩いていたら、今度はバッグ屋さんの店先に人々が集まっているのが視界に入ってきました。一人の女性が犬と一緒にしゃがんでいて、周りを女性3人、男性1人が取り囲んで見守っています。彼女はゴールデンレトリバーを心配そうに見守り、撫でさすっていました。

「うんちが出ないの」と、訴える女性。「人間の場合は、お腹にのの字を書くようにさするとよいって聞くけど」と、別の女性がアドバイスして、彼女は愛犬のお腹を撫でていました。そのあと、何の話題か「アハハハ!」という笑い声が聞こえてきました。もう一人、トイプードル連れの女性もいて、見るからに地元民です。つまり、彼らはリアル「港区女子」。自らを身の丈以上に飾り立てるSNSの「港区女子」とは違って、本当の「港区女子」たちは飾らず自然体で井戸端会議していました。ラフだけれどこなれ感が漂うファッションが目を引きます。しばらくして、横たわる便秘の犬に、トイプードルが近付き、慰めるように顔をなめていました。「なめてくれるの? ありがとう」と、うれしそうなリアル港区女子。人情だけでなく犬の情も熱いです。

しかし店の入り口の真ん前で、便秘犬のお腹をさすったりして、催したらどうなるのでしょう。店の前に犬のうんちが鎮座していたら、お客さんが若干入りにくいことに……。でも、生粋の港区民の方々は屈託なく、楽しそうに犬を囲んで語らっていました。仲間同士の結託感というか地元意識でつながっていて、とても自称「港区女子」は入り込めなさそうな空気です。真の「港区女子」たちの絆と、テリトリー意識を見せつけられました。もし、便秘のゴールデンレトリバーが便意を催したとしても、彼は由緒正しい「港区犬」。うんちにもブランド感が漂いそうです。むしろ拝めたら金運アップするラッキーアイテムかもしれません。真の「港区女子」の代々の金運にあやかれるチャンスです……。

辛酸なめ子が2人の「港区女子」を目撃! リアルと自称の見分け方は……?

辛酸なめ子が整形美女に遭遇! ダウンタイムがバレない今の整形事情は……

辛酸なめ子が“オウム間接キス”を考察! 濃厚接触NGな新時代のコミュニケーション!?

PROFILE/辛酸なめ子(しんさん・なめこ)

辛酸なめ子が2人の「港区女子」を目撃! リアルと自称の見分け方は……?
辛酸なめ子(しんさん・なめこ)

漫画家、コラムニスト。皇室、セレブリティ、スピリチュアルなどの分野に精通。著書は『女子校育ち』(筑摩書房)、『セレブマニア』(ぶんか社)、『辛酸なめ子のつぶやきデトックス』(宝島社)など。『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎文庫)は、日本のカルチャー要素をキーワードに、漫画タッチで構成されています。ツイッターのシュールボイスもお見逃しなく。@godblessnameko

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

六本木の探偵バーに辛酸なめ子が訪問! 別れさせ工作のやり方は……

辛酸なめ子がオラオラ系男子の魅力を考察! 世の女性はギャップ萌えを欲している!?

辛酸なめ子、電車内のソーシャルディスタンスから都会人の知恵を学ぶ?


steady. 2021年8月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ