今田美桜のプライベートはピンクアイテムが増加中! 苦手意識がある人にアドバイスも[インタビュー]

今田美桜|男子のピンクコーデは「好きです!」 私服のピンクアイテムについて根ほり葉ほり[インタビュー]

今田美桜 スパイシーガール♥withピンク/PINK

春になると着たくなる色、ピンク。童話から出てきたお姫様と見まごうほど美しく可憐な女優・今田美桜ちゃんが、ピンクをストリートかつフレッシュに着こなします。もう、ピンクは甘くて手を出せない……なんて言わせないぞ♥♥♥ インタビューでは美桜ちゃんとピンクの関係性について聞いちゃいました。

『mini』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

ちりばめたパステルピンクと黒サングラスのフュージョン

今田美桜のプライベートはピンクアイテムが増加中! 苦手意識がある人にアドバイスも[インタビュー]
ジャケット¥23,100/ブギ - ウギ ワークス(ファミリーファースト)、オフショルトップス¥7,150/ガールズソサエティ、サングラス¥18,700/A.D.S.R.(シック)、パールチョーカー¥5,390、パールネックレス¥14,850/ともにケイティ、スウェットパンツ¥14,300/ヴォート メイク ニュー クローズ(UTS PR)、サンダル¥14,300/スライ(バロックジャパンリミテッド)、頭につけたリボン/スタイリスト私物

今田美桜のプライベートはピンクアイテムが増加中! 苦手意識がある人にアドバイスも[インタビュー]

今田美桜のプライベートはピンクアイテムが増加中! 苦手意識がある人にアドバイスも[インタビュー]

「女の子らしい部分もありつつ、スウェットパンツでボーイッシュ。ピンクとグレーの組み合わせが大好きなのでツボでした。個人的にゆるっとしたスウェットパンツが好きで、普段着るならヒールを合わせたいな」
(by MIO)

――今回の撮影は、まぎれもなく“ピンク”がテーマでした。美桜ちゃんとピンクの関係性は?

「実は、最近すごくピンクのアイテムが増えているんですよ。数年前までは、ガーリーになりすぎたり、幼く見えてしまう気がしてちょっと遠ざけていた部分もあるんですが、今は好んで手に取るようになりましたね。こうした撮影で用意していただくことも多くて、段々と『ピンク、いいかも』と苦手意識が薄れていったのかも。私も少しは大人になってきたのかな?と思うので、けっこうピンク買っちゃってます」

――ピンクっていろんなニュアンスがあるけれど、どのあたりからトライしたんですが? いきなり面積の大きいピンクだと、ちょっとドキドキしません(笑)?

「そうですよね! 何から買ったっけな……? たぶんシャツだった気がします。ちょっと濃いピンクでデビューしました。ちょっとオーバーサイズで、生地も落ち感があって、大人っぽいようなシャツでした。はじめましては」

――そのシャツを着るときは、どんなボトムを合わせる?

「すとんとした素材感のパンツです。足元にヒールを合わせたり」

――根掘り葉掘りで恐縮なんですが、他にはどんなアイテムを持ってます?

「服が黒が多いので、ブーツで足元にピンクを取り入れたりもします。あとは、パンツも持ってますし……あ、ニットもある。って、めっちゃ増えてる(笑)」

――自分でも笑っちゃってるくらい意外とピンクだらけじゃないですか!

「バッグも持ってます」

――今回の企画にぴったりすぎて素晴らしいです! ピンクを選ぶときのポイントはあります?

「自分の肌がきれいに見えることが大切ですね。合わないピンクを着てしまうと、肌がくすんで見えちゃったりもするので、ピンクを買うときは試着は絶対! 妥協はしないほうがいいですね」

――美桜ちゃん、先ほど“幼く見えたくない”と言っていたけど、自分なりのピンクの着こなしルールってあります?

「その日の気分によって服を選ぶのでテイストがバラバラなんです。せっかくピンクを着るからと思って張り切ると、ピンク×ピンクになっちゃうときもあります」

――そんな気分の日もあるんですね(笑)。

「そうなんです。ただ、基本的にはちょっと大人っぽいスタイルが好きなので、可愛らしいピンクを着るときは、子どもっぽくならないように気をつけていますね」

――メイクでもピンクを取り入れることはある?

「顔が華やかになるからピンクメイクって素敵ですよね。愛用していたリップは、渋めのくすみピンクでした。やっぱりピンクには憧れがあるし、大人の女性がピンクを着ているのって素敵だと思うから」

――最近では、男の子も着る人が増えているらしいですよ!

「男子のピンク、好きです! 上手に取り入れているとおしゃれだなって思います」

――ファッションもジェンダーレスになってきてるから、男女でリンクコーデしたり。

「可愛いですよね、リンクコーデ。この前、古着屋さんで買い物をしていたら、カップルがいたんです。翌日にディズニーに行くから、『一緒にブラックコーデしようね』って話しているのが聞こえてときめきが止まらなかったです(笑)」

――う、羨ましい……! ピンクがちょっと苦手という人にアドバイスするなら?

「私がピンク着て大丈夫かな?と心配な人もいると思うんですけど、ピンクへの苦手意識って、勝手に自分で自分を縛ってる部分が大きい気がするんです。私もそうだったように。これだけ種類があるので、自分の好きなピンク、似合うピンク、楽しいと思えるピンクをまず探してみるといいと思います!」

今田美桜が色のパワーを語る! この春の注目の6色 [インタビュー]

上白石萌音が大胆な背中見せドレスで登場! この春、ヒールの靴で行きたい場所は?[インタビュー]

PROFILE/今田美桜(いまだ・みお)

1997年3月5日生まれ。福岡県出身。A型。最近の出演作に、ドラマ『恋はDeepに』、連続テレビ小説『おかえりモネ』、映画『東京リベンジャーズ』など。4月より初主演となるドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』が日本テレビ系にて毎週水曜夜10時スタート。

『mini』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 


川口春奈がインタビューで明かした親への想いが泣ける! 来年のNHK朝ドラ『ちむどんどん』への意気込みも語る

吉高由里子 「基本、『へらへら』している」日々を送るためのストレス発散法は? |インタビュー

[今田美桜]民放初主演ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』で「元気をチャージしてもらえたら」インタビュー

photography_SAKI OMI [ io ]
styling_MAI FUKUDA
hair & make-up_AIKO TOKASHIKI
text_HAZUKI NAGAMINE
mini 2022年4月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

web edit_FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ