脱コミュ障! 「ビジネスシーン」で役立つたった4つの印象アップテク

出典: FASHION BOX

上司との会話やプレゼンなど、ビジネスシーンで役立つコミュニケーション術をレクチャー。日頃から意識しておくようにしましょう。

お手本となる先生はこの3人!

■婚活コンサルタント 澤口珠子さん

婚活に特化したイメージコンサルタント。理想のパートナーを引き寄せる外見・マインド作りのプロ。著書『はじめての「ネット婚活」幸せになるための最短ルート』(幻冬舎)他。

公式サイト http://sawaguchitamako.com/

■心理カウンセラー 水希さん

東京中央カウンセリング代表。元銀座No.1ホステス。独自のカウンセリング技法にファンが多く、TV、新聞、雑誌などメディアでも幅広く活躍中。新著『超実践! 銀座式オトナ女子の雑談力』(宝島社)が発売。

■テレビ朝日アナウンサー 宇賀なつみさん

2009年4月、立教大学卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。現在「羽鳥慎一モーニングショー」「池上彰のニュースそうだったのか!!」のアシスタントとして活躍。“宇賀ちゃん”の愛称で親しまれている。

 

大事な仕事のプレゼンはゆっくり&低トーンで

出典: FASHION BOX

ビジネスでは話すスピードや声のトーンを意識しておくと◎。特に会議やプレゼンで使えるテクを伝授!

「プレゼンではゆっくり話すほうが、口に出す前に一度頭で考えることができて失敗が少ないです。また、一般的には声は高いほうが親しみやすいですが、仕事で大事な話をしているときは、やや低めのトーンのほうが信頼されやすいです」(宇賀さん)

 

誤った敬語は逆効果! 正しい敬語を心がけて

出典: FASHION BOX

職場で敬語がうまく話せないと悩む人も。誤った敬語を使わないためにまずは勉強することも大切!

「かしこまりすぎると『拝見させていただきます』といった二重敬語を使ったり、誤った敬語になってしまうことも。まずは本やネットなどを活用して敬語をしっかりマスターしておき、失礼のない言葉遣いを心がけましょう」(宇賀さん)

 

話し方をあわせるペーシングの活用を!

出典: FASHION BOX

上司や取引先の人と会話する際は、相手にあわせた話し方を。特に声のトーンやスピードは意識して。

「『ペーシング』と呼ばれる、相手にあわせるコミュニケーション術の活用を。相手の声のトーンが高ければ自分も高め、低ければ低めにしてみて。話すスピードもなるべく相手にあわせ、相手が頷いたら自分も頷くと◎」(澤口さん)

 

目を見すぎるのはNG。上方向に視線を外して

出典: FASHION BOX

会話中、ずっと相手の目を見て話すと逆効果になることも。時折視線を外したほうが話しやすい印象に。

「相手の目をずっと見て話すと怖いので、時折視線を外すほうが好印象。ただし、下を向くと自信がなさそうだったり、拒絶しているように見えたりするのでNG。視線を外す際は斜め上だったり、上方向にそらすようにして」(水希さん)

 

(steady.編集部)
イラスト/たきたて玄米
取材・文/白石梨沙
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

コミュニケーション
ライフスタイル
の記事もチェック♡

 

【オススメ記事】
目上に使う「メールの言い回し」ちゃんと知ってる?
元カレの連絡先削除!「ヒト断捨離」のやり方解説

【steady.編集部の記事をもっと読む】
※  スタイリストいち推しのGU「白ブラウス」が優秀♡
※ 「年齢よりも若い肌」に! お手軽美容法4つ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ