日本全国“お尻ブス”が急増中! 垂れ尻防止のため、今日から家ではお尻歩きで!!

出典: FASHION BOX

突然ですが、ご自分のお尻がどんな表情をしているか、ご存じですか? 鏡を見ない日はないでしょうけど、お尻まで気にする人は少ないでしょうね。もともと日本人の女性はお尻のスタイルに無頓着。スタイルがいいのに、お尻が垂れ下がった、ちょっと残念な人も多いのだとか。

気になるようなら、まずは全身鏡でお尻の形のチェックを。横から見たときにお尻がキレイな半円形をしていたら理想の丸いヒップ。楕円形だったり平らになっている人は危険信号! 中でも、お尻が下がって太ももとの境目がなくなっている人は要注意!! 最近、そんな本来のお尻の位置とは随分違う位置にお尻がある“お尻ブス”が急増中なのです。

これ以上ブスにならないようなんとかしたい、できれば美尻になりたい……そんな人におすすめの『TJ MOOK こげなつの上がる! 美尻トレーニング』が発売されました。著者の「こげなつ」ことNATSUさんは、インスタグラムのフォロワー18万人、「アジアNo.1の美尻」「丸い! 垂れない! 理想の神尻」と、その日本人離れしたプロポーションが超話題の人。TVや雑誌で今もっとも注目されているトレーナーでもあります。

出典: FASHION BOX

『TJ MOOK こげなつの上がる! 美尻トレーニング』
著者:NATSU
https://tkj.jp/book/?cd=TD287670

理想のお尻の条件は、こげなつさんに言わせると形だけではありません。「形」「弾力」「バランス」の3つがそろってこそ美尻なのだそうです。こげなつさんの「神尻」の条件とは……。

(1)まぁるい上向きヒップは最低条件!
垂れ尻、四角尻は論外! 横から見たときに歪みのない半円を描いていれば桃尻の証拠。

(2)柔らかくしなやかな筋肉を持っている
柔軟性のある筋肉を作ることで、ふんわり柔らかなのに弾力もある理想のお尻が手に入る。

(3)ウエスト・太ももとのバランスが神!
神尻は全体のバランスが重要。引き締まったくびれと太ももはセットと心得よう。

(『TJ MOOK こげなつの上がる! 美尻トレーニング』P.29より引用)

出典: FASHION BOX

本書は、こげなつさんがトレーニングメソッドを惜しみなくレクチャーする初めての本。トレーニングというとジムに通ったり、特別な器具を使ったりすると思いがちですが、彼女が行っている美尻トレーニングの中から、自宅ですぐにできるものを厳選。さらに家にいるときも、移動中も、いつでもどこでもできるヒップトレーニングも掲載しています。

ここでは、彼女も普段から実践している「こげなつ流 ながら尻トレ」の中から、お家の中での移動に取り入れたいお尻エクササイズの定番「お尻歩き」を紹介しましょう。

お家の中ではお尻歩きで移動!

(1)脚を伸ばし、骨盤を立てて座る
脚を閉じてまっすぐに前に伸ばし、つま先は天井に向ける。骨盤を立て、背筋を伸ばす。

出典: FASHION BOX

(『TJ MOOK こげなつの上がる! 美尻トレーニング』P.80より引用)

(2)お尻を使って前進→後進を繰り返す
お尻を左右に動かしながら10歩ほど前進する。同じように10歩ほど後ろに下がる。これを繰り返す。上体の反動は使わずお尻だけで歩くのがコツ。

(3)姿勢をキープし、お尻を浮かせて進む
目線はまっすぐ前を向き、腕を大きく振って、上体がぶれないように片側ずつお尻を浮かせて進む。お尻だけではなく、太ももや腹筋、背筋も鍛えられる。

 

お尻の一番大きな筋肉である大臀筋が刺激されるので、お尻がキュッと上向きになり、立体的な桃尻になるそうですよ!

今でこそお尻はカラダの中の自慢のパーツだというこげなつさんですが、実は昔は大きなお尻が大のコンプレックスだったそう。でも、お尻こそが自分のチャームポイントなのだと気づき、トレーニングでお尻を磨き上げました。

そんな彼女が開発した、自然とくびれが作れて全身が美ボディに見える、こげなつ流・尻トレメソッド。女子みんなが憧れる神尻とくびれが、今日から自宅で作れます!!

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

# 体形
の記事もチェック♡

【SWEET WEBのオススメ記事】
最後の撮影で安室ちゃんに贈ったものは…
この冬手に入れるべき「ほわほわ三種の神器」

【オススメ記事】
物足りない年金が増える神ワザ3!
絶対に食中毒を防ぐための9カ条

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ