お弁当に入れても硬くならない!? 豚のしょうが焼きを作る裏ワザ

出典: FASHION BOX

ササッと作れて美味しい豚のしょうが焼き。でも時間が経つとお肉が硬くなってしまうこと、ありませんか? 焼くときにちょっとした工夫をすれば、柔らかく仕上げることができますよ。

 

教えてくれたのは……

出典: FASHION BOX

前田量子さん
料理家・管理栄養士。前田量子料理教室主宰。東京理科大学卒業後、織田栄養専門学校にて栄養学を学ぶ。著書に『誰でも1回で味が決まるロジカル調理』(主婦の友社)。

 

豚肉のしょうが焼き

肉は手短にどんどん焼いて、しっとりとしたおいしさを閉じ込めて。

出典: FASHION BOX

調味料の比率

しょうゆ 1 : みりん 1 : 酒 1

 

火入れのコツ 〜薄い肉を焼く〜

  1. フライパンを熱してから焼く
    薄い肉は、鶏1枚肉などと違い、すぐ火が入る。逆に、火を入れすぎると硬くなるので、熱したフライパンでさっと手短に火を通す。
  2. 焼けた肉は重ねる
    焼けた肉を一度取り出すと、温度差で硬くなる。一度硬くなると戻らないので、フライパン内で重ねて蒸し焼き状態にすればやわらかい。

 

<材料> ※2人分
豚肩ロース薄切り肉…250g
調味料:しょうゆ、みりん、酒…各大さじ1
しょうがのしぼり汁…2かけ分
油(サラダ油やごま油など好みで)…小さじ2

<作り方>

  1. フライパンに油を広げ、強めの中火にかける。十分に温まったら、肉を1枚広げて焼き、裏返す。続けてもう1枚を焼き、焼き上がったものは、後から焼いた肉の上にどんどん重ねていく(油が足りなくなったら、適宜足す)。
  2. すべての肉が焼けたら火を止め、肉を全体に広げる。調味料としょうがのしぼり汁をかけ、全体になじませる。
  3. 再び中火にかけ、調味料がぶくぶくと泡立ち始め、それぞれの泡が大きく直径5mmほどになるまで全体を煮からめる。

 

(リンネル編集部)
cooking: Ryoko Maeda
photograph: Miyako Toyota
styling: Hiroko Nakada
illustration: Kayo Yamaguchi
text: Masami Fukuyama, P.M.A.Tryangle
edit: FASHION BOX, P.M.A.Tryangle
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

# レシピ
# キッチン
の記事もチェック♡
【いま読まれている人気記事】
余ったそうめんがご馳走に!レンチン調理の和え麺レシピ
“ミニーちゃん”着こなし術
【SWEET WEBの注目記事】
見えてもOK!? スポーティ系下着を“みちょぱ”が試着
荷物多い女子に!小ぶりバッグ2個持ちがヒットの兆し

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ