あと半年で消費税10%に!増税前に買うべきもの&買わなくていいもの

出典: FASHION BOX

2019年10月から消費税10%がスタートします。たった2%の増税とはいえ、金額が大きいものを買うと、数万~数十万円も多く支払うことになるかも。ですが“増税前に買わなくていい商品”もあるって知っていましたか?ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんに詳しく教えてもらいましょう!

☆ 「今すぐできる!お金が貯まる財布の作り方をFPが指南!!」の記事もチェック!
☆「いらないお中元は商品券と交換可!?20~40代の貯金ワザ」の記事もチェック!

【教えてくれたのは…】
丸山晴美(まるやま はるみ)
ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー、節約アドバイザー。旅行代理店、コンビニ店長などを経て、2001年からマネーの専門家としてTV、雑誌などで幅広く活躍している。自身の経験をもとにした、初心者にもわかりやすいマネー術に定評あり。

額の大きさではなく「値動きするか」が鍵

「家は大きな買い物なので迷うところですが、現在は土地の価格や建築資材が高騰しているので“買い”ではありません。けれどリフォームをするなら、増税前、しかも需要が落ち着いている今がおすすめ。
何事も“増税前だから”と慌てて買うのではなく、しっかりと見極めることが大切です。住宅や自動車など、必ずしも”増税前がお得”とは限らない商品も結構ありますよ」(丸山さん)

家電製品や自動車など値動きするものは、増税前の駆け込み需要が増えて価格が上がることもあるそう。逆に、増税後は需要が落ち込み、値下げする可能性もあります。

 

失敗しない!増税前の購入ルール

RULE 1
値動きのあるものは、増税前に駆け込み購入する人が増えて、価格が上がることも。

RULE 2
増税後の需要の落ち込みによって、逆に値下げする可能性もあるので見極めが必要。

RULE 3
もともと値下げしないもの、値崩れしにくいものは、購入資金が貯まっていれば買ってしまってOK。

増税前に買うべきもの

値崩れしにくいものや定価品は買うべき!

必ず値上がりするであろう、人間ドック・薬やデパートコスメなどの「定価品」、カートリッジ等の交換品、墓石・非常食等、一定の需要がある商品など「値崩れしにくいもの」は買っておいて◎。まとめ買いする際は有効期限に気をつけて、ムダを出さないように注意しましょう。

■リフォーム

出典: FASHION BOX

新規の住宅購入のように税の減免措置がないので、増税前に。税率8%の適用には「2019年9月30日までに引き渡しが完了していること」、もしくは「2019年3月31日までに契約を締結していること」が条件なので注意して。

■ブランド品

出典: FASHION BOX

基本的に値引きをしないものは、増税分がそのままプラスされてしまうので増税前に。ただし、分割払いやリボ払いにするのはNG。

 

■定期券

出典: FASHION BOX

公共交通機関の料金も、施行日前の支払いには旧税率が適用されます。定期券や回数券、国内線の航空券などは事前購入が◎です。

■レジャー

出典: FASHION BOX


映画館や美術館、レジャー施設の前売り券、年間パスポートなどは、増税後に使用しても差額を払う必要なし。有効期限を確認して。

■結婚式

出典: FASHION BOX

結婚式は、増税前がベター。増税前に予約して増税後に挙式の場合、経過措置で8%のままになることもあるので会場に確認を。

 

増税前に買わなくていいもの

値動きの激しいものは増税後に値下げも!?

増税よりもバーゲンなどの値引き額のほうが大きい衣類、普段の値下げ幅が大きい日用品、値動きの激しい家電製品などは、慌てて買い込む必要のない商品の代表格。需要の落ち込む増税後にも値下げやセールなどが予想され、増税分以上にお得に買える可能性も。

■衣料品

出典: FASHION BOX

セールなどの値引き額が大きいので、増税の影響はほぼありません。需要が減る増税後は、一部のブランド品を除いて価格が下がるかも。

■日用品

出典: FASHION BOX


普段から値引きされているので買いだめのメリットはなし。増税後の値下げやポイント還元で、増税前よりもお得に買えるなんてこともありそうです。

■家電

出典: FASHION BOX

値動きの激しい家電製品は、増税前に駆け込みで購入したら増税後のほうが安かったなんて結果にも。普段から価格をよくチェックして。

■商品券

出典: FASHION BOX

商品券やプリペイドカード、切手などは購入時には税金がかからず、使用する際に課税される仕組み。なので買いだめは無意味です。

■住宅

出典: FASHION BOX

建築資材が高騰中なこと、土地は非課税なこと、また「すまい給付金」という制度があることを考えると「増税前に買うべき」とはいい切れません。また、個人から中古住宅を購入する場合も税金がかからない(不動産会社への仲介手数料などは課税される)ので注意が必要です。

(参考)

出典: FASHION BOX


TJ MOOK『steady.特別編集 簡単!しっかり貯まる お金の基本』

監修 : 丸山晴美

Illustration/徳丸ゆう
Design/畔上龍之介(T-Project Design)、大岡宏子(猫舌)、本橋雅文(orangebird)
Writing/尾崎 稚、高橋佳代子、豊泉陽子、八木啓子、山内章子(情報技研)
Edit/小山靖子(S925)、鹿倉風香(S925)、滝田純子(S925)、FASHION BOX
※ 本文中の情報は、とくに記載があるものを除き、2018年12月現在のものです。制度は予告なしに変更・廃止になる場合がありますので、詳しくは該当の自治体や関係機関などにご確認ください
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

【いま読まれている人気記事】
お札は下向きに入れるのが正解!?「貯まる財布」5つの条件
レシートはNG!プロが教えるお金が寄ってくる財布とは?
花粉症の鼻づまりは"足首輪ゴム”で解決!?耳鼻科医考案の裏技
# 節約
の記事もチェック♡

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ