iPhoneの電池がすぐ減るならココをチェック!今すぐできるバッテリー節約術まとめ

出典: FASHION BOX

なにかと便利だから、朝から晩まで手放せないiPhone。ですが、充電してもバッテリーがすぐなくなる……と、不満を抱いている人も多いのでは?もしかしたらそのイライラ、設定を変更することで解消するかもしれません!

☆「スマホの『AirDrop痴漢』を防ぐには?知らないと危険なiPhoneワザ」の記事もチェック!

バッテリーの持ちが悪いなら、この設定をチェック!

バッテリーの駆動時間は、設定によって大きく変わります。特に、画面表示やWi-Fiなどの通信、GPSといった機能は電力を消費しやすい傾向が。これらの設定でムダを省けば、バッテリーの持ちがかなり改善します。
ただし省電力性を重視しすぎて不便になっては本末転倒。バランスを考えて調整しましょう。

なお「OSの更新をかけたらバッテリーの減りが早くなった」という声をよく聞きますが、これはアップデート直後にアプリなどの更新がまとめて行われるのが原因。しばらくすると正常に戻るはずなので、様子を見て。

■画面表示や通信機能のムダを省く

1.
「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」を開き、画面がロックされるまでの時間を短めにする

出典: FASHION BOX

 


2.
Wi-FiやBluetoothは、使っていないときは「設定」からオフにしよう。状況によっては「機内モード」にするのも手

出典: FASHION BOX


3.
アプリが勝手に通信していると、電力の消費が増える。「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」で不要なものをオフにしよう

出典: FASHION BOX


4.
GPSの設定は「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」で行う。すべてオフにすると不便なら、アプリ別に設定するとよい

出典: FASHION BOX

■不要なアプリの通知をオフにする

1.
通知もバッテリーを消費する原因になる。不要なものをオフにするには、「設定」→「通知」をタップし、一覧からアプリを選んでタップする

出典: FASHION BOX


2.
「通知を許可」でオン/オフを選択できる。完全にオフにすると不都合な場合は、「ロック画面」をオフにするだけでも一定の効果がある

出典: FASHION BOX

 

■ピンチのときは「低電力モード」に

「設定」→「バッテリー」→「低電力モード」をオンにすると、電力消費の激しい機能が一括でオフになる。

出典: FASHION BOX

 

■壁紙を「黒一色」にする

iPhone X/XS/XS Maxで採用されている「有機EL」ディスプレイは、バックライトではなく画面のピクセルひとつひとつが発光します。このため、明るい色が基調の壁紙だと、よりバッテリーを消耗してしまうことに。壁紙にこだわりがないなら、黒一色に。黒壁紙は標準で用意されています。

黒一色の壁紙は「設定」→「壁紙」→「壁紙を選択」→「静止画」から選択できる

出典: FASHION BOX

 

バッテリーが劣化していないか確認するには……

電池の減りを防ぐ裏技があるとはいえ、使い続けるうちにバッテリーが劣化し、最大容量が少なくなってしまいがち。もうバッテリー交換をしたほうがいいのかな……。
そんなときは現在の状況を、「設定」画面にある「バッテリーの状態」で確認可能。おおまかにいって、ここが80%を切るようであれば、バッテリーの交換を考えましょう。

なお、バッテリーの劣化を防ぐには、電池残量がゼロになることや100%になることを避け、常に40~80%を維持するように心掛けましょう。

出典: FASHION BOX

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」をタップし、「最大容量」を確認する。80%未満なら劣化がかなり進んだ状態で、有償交換の対象に。

■バッテリーの異常をチェック

「バッテリーの状態」画面の「ピークパフォーマンス性能」では、バッテリーの状態に異常があるかどうかを確認できます。「標準のピークパフォーマンスに対応しています」と表示されていれば問題ありません。

(参考)

出典: FASHION BOX

TJ MOOK『iPhoneのスゴすぎる便利技!』

編集協力/森谷健一(ケイズプロダクション)、久野由紀(オフィスミュウ)
執筆協力/折中良樹、宮下由多加、今村丈史、岩渕 茂、久我吉史
撮影/高原マサキ
編集/浅野智明、島袋尚也、FASHION BOX
※ 本文は2018年10月中旬の情報をもとに掲載しています。製品、サービスの概要などは、事前のお知らせなしに内容・価格が変更されたり、販売・配布が中止されたりすることがあります。あらかじめご了承ください
※ 文中の内容はiOS 12を搭載したiPhoneを対象としています。また、動作の確認や画面の撮影には、主にiPhone XS(一部にiPhone XS MAX/iPhone Xなどを含む)を使用しています。OSのバージョンや機種によっては、動作や画面が異なることがあります
※ 掲載内容に基づいた操作をする場合は、すべて自己責任で行ってください。宝島社および編者、執筆者は、操作ミスなどによる不具合の責任は負いかねます
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

【いま読まれている人気記事】
“スマホ口臭”にご用心!? 歯科医師が説くお口の健康
20代で肌のたるみが深刻化!? スマホにまつわる落とし穴
ブランド?個性派系?OLのスマホケースの正解はどれ??
# 生活実用
の記事もチェック♡

 

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ