アーティストが惚れ込む♡オーガニックコスメで肌に革命

出典: FASHION BOX

化学肥料や農薬を使わず、厳しい環境を生き抜いた植物の力で、エネルギッシュな美しさを切り拓いていくオーガニックコスメ。その魅力にハマるミューズ世代も多く、注目度は高まるばかりです。今回は、今、知っておきたいスキンケア、メイクアイテムの人気オーガニックブランドをピックアップ。大人の肌悩みや敏感肌に優しい処方のアイテムも必見です!

大人髪の救世主!オーガニックのヘアケアがブレイク中

MiMC
[エムアイエムシー]

出典: FASHION BOX
01_一度は完売した話題の毛穴カバー下地。ミネラルイレイザーバームSPF20/PA++¥5,800
02_1回分が1プッシュで出て、仕上がりはみずみずしいツヤ肌。ミネラルリキッドリーファンデーション SPF22/PA++¥6,500※セット価格
03_パウダーでUVカットする看板アイテム。環境汚染物質にも立ち向かう。ナチュラルエイジングケアミネラルパウダーサンスクリーン SPF50+/PA++++スノーホワイト7g ¥6,300(全てMiMC)

アーティストが惚れ込む“メイクでスキンケア”
開発者であり代表の北島寿さんは、化学物質過敏症とアトピーの経験者。似たような悩みを抱える女性が輝けるように、と2007年に立ち上げたのがMiMC。当時から“メイクでスキンケア”をテーマに掲げ、全アイテムがお湯と石けんでのオフが可能という徹底っぷり。しかも、トレンドも追える。人気の爆上がりも納得です。

憧れの美肌!宇垣美里が語るスキンケアのコツ

ITRIM
[イトリン]

出典: FASHION BOX
01_名水で知られる立山の水を厳選配合。染み入るように広がって潤いチャージ。エレメンタリー スキンローション125mL ¥18,000
02_淡いピンクのマルチプロテクター。エレメンタリーフェイシャルプロテクション SPF45/PA++++80g ¥12,000
03_とろっとしたジュレベースに、天然植物スクラブを配合。美のプロフェッショナルたちが絶賛。エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g ¥12,000(全てITRIM)

「いと、凜」と生きるエイジングケア
そのブランド名にも託されたように、「いと(とても)、凜」と生きる女性のためのプレミアムなエイジングケアブランド。先人たちが伝承してきた植物を、最新美容の知見に照らし合わせた処方で、新たな息吹を大人の肌に。昨年の9月にデビューするやいなや、熱烈ファンを獲得して、ヒット街道を驀進中。

スキンケアは変顔がコツ⁉︎意外な美肌テク

naturaglacé
[ナチュラグラッセ]

出典: FASHION BOX
01_下地とファンデの機能を併せ持ち、すっぴんキレイを実現。メイクアップクリーム SPF44/PA+++ 01 シャンパンベージュ 30g ¥2,800
02_まるで塗るフェイスマスク。乾かないスキンケアファンデ。スキントリートメントファンデーション SPF25/PA+++ 20mL ¥4,000
03_ボリュームリップはお手のもの。リキッド ルージュ 06 テラコッタブラウン ¥3,000(全てナチュラグラッセ/ネイチャーズウェイ)

繊細ミネラルのひとツヤで、毎日メイクに革命
ナチュラグラッセは、100%天然由来の原料にこだわるメイクアップブランド。オーガニック植物の力と優しさをベースに、ミネラルの繊細な艶めきで彩る。だから「メイクしているのに、軽やかで心地いい!」という感嘆の声が続々。メイクが楽しくなるから、肌も表情もますます輝いて美しく。

肌の悩みを解消する下地の塗り方Wテク

rms beauty
[アールエムエス ビューティ]

出典: FASHION BOX
01_唇に頬に艶やかな血色が作れる!と大ブレイク。rms beauty リップ チーク プロミス 5mL ¥4,800
02_人気のハイライターが4色も楽しめる太っ腹なパレット。くすみを飛ばして、ヘルシーに輝く立体肌に。rms beauty ルミナイザークワッド 4.8g ¥6,200
03_潤いを保ちながら、高発色。rms beauty リップスティック ブレインティーザー 3.8g ¥3,800(全てアルファネット)

未体験の透明感とツヤに、メイク界が震撼
「化粧品選びの基準を変えていきたい」と語る、創設者でメイクアップアーティストのローズ・マリー スウィフト。漂白や消臭、高温加熱などの製造工程に疑問を感じ、rms beautyは、栄養素が破壊されない無精製の成分と、非加熱で抽出したオイルを使用。内側から輝き出すような透明感とツヤに、ただひたすらうっとり。

モノマネ芸人が再現!ナチュラルメイクのカン違い

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph_TOMOKATSU NORO [TRIVAL]
styling_MICHIE SUZUKI
text_AKIKO NISHIMURA
edit_AYAKI ANDO[vivace], FASHION BOX
otona MUSE 2019年8月号
【いま読まれている人気記事】
男はぽちゃ好き?マシュマロボディの作り方
デリケートゾーンの匂い&黒ずみ対策
結婚って本当にしたほうがいいの?[恋愛指南塾]
女医に聞いた大人のニオイが独特なワケ
納豆を食べるなら朝と夜、どっちが健康にいい?
更年期障害の予防にはアーモンド!?

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ