たまねぎで病気を予防! 万能食材の驚きの効果とは?

たまねぎで病気を予防! 万能食材の驚きの効果とは?

出典: FASHION BOX

超高齢社会・日本。長生きできるのはうれしいけれど、年齢を重ねると心配になるのが生活習慣病などの病気。将来、健康で長生きするためには、毎日の食事がとても大切です。小田原雅人先生が、たまねぎがもたらす嬉しい効果を教えてくださいました。たまねぎの力で健康な体を目指しましょう。

このコンテンツの監修者は……

たまねぎで病気を予防! 万能食材の驚きの効果とは?
出典: FASHION BOX

医療監修
小田原 雅人 (おだわら・まさと)さん
東京医科大学
糖尿病・代謝・内分泌内科 主任教授

【Profile】
糖尿病、動脈硬化、代謝異常などの研究が専門。東京大学医学部卒業後、同大学附属病院助手、筑波大学臨床医学系内科、イギリス・オックスフォード大学医学部講師などを経て、現職に。テレビ番組への出演など多くのメディアでも活躍中。『やせるホルモン分泌! さば缶で健康になる!』(学研パブリッシング)、『水煮缶でラクにやせる&みるみる健康になる』(宝島社)などの監修や、『名医の言葉で病気を治す メタボリック症候群』(誠文堂新光社)など著書も多数。

【オススメ記事】
適量を覚えておいしくダイエット! 食事量の目安を医師が解説

食物繊維がコレステロール値を上げにくくする!

たまねぎで病気を予防! 万能食材の驚きの効果とは?
出典: FASHION BOX

家庭の定番野菜であるたまねぎには、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、便秘解消に効果的なイメージがありますが、ほかにもさまざまな効果が。

そのひとつが、コレステロール値を上げにくくすること。食物繊維は、消化器官でコレステロールが吸収されるのを抑える働きがあるため、コレステロール値が上がりにくくなります。コレステロール値が高い状態が続くと動脈硬化を起こすので、しっかり予防しましょう。

【オススメ記事】
さば缶とたまねぎはいいことだらけ! 医師が健康効果を解説

ポリフェノールの抗酸化作用で動脈硬化を抑制!

たまねぎに含まれるケルセチンやフラボノイドなどのポリフェノールには抗酸化作用があります。動脈硬化は、加齢による血管の老化も原因のひとつです。ポリフェノールの抗酸化作用で細胞の老化を防ぐことができれば、自然と動脈硬化の予防につながるということ。動脈硬化によって心臓、脳につながる血管へのダメージが蓄積すると、命に関わることもあります。たまねぎでポリフェノールを摂り、血管の老化を防ぎましょう。

【抗酸化作用とは?】
人の体は、酸化することで細胞にダメージが与えられ、老化が進みます。この酸化を防ぐ作用が抗酸化作用。細胞のダメージを最小限に抑えることで老化を遅らせ、生活習慣病やがんなどの病気を予防したりすることができるのです。また、肌の老化にも関係があり、酸化を防ぐことで、シミやシワなどをできにくくするといわれています。

【オススメ記事】
1日5分からできる! イスを使ったエクササイズでお手軽有酸素運動!

アリシンで疲労回復! 血栓を予防!

たまねぎに含まれるアリシンは、体内でビタミンB1と結びつき、アリチアミンという物質になります。アリチアミンは、ブドウ糖がエネルギーになる際のサポートをする役割があり、疲労回復に効果的だと考えられています。

また、アリシンには血液を固まりにくくする作用もあるため、血栓の予防にもつながります。血栓は、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす原因になると考えられています。血液が固まりやすくなると、血栓ができやすくなるので、血液をサラサラに保つことはとても大切なのです。「たまねぎを食べると血液がサラサラになる」といわれるのは、このアリシンが含まれていることも理由のひとつです。

そのほかにも新陳代謝の活性化や、コレステロール値の抑制などさまざまな効果が期待できるうれしい成分です。

【アリシンとは?】
硫化アリルの一種。たまねぎを切ると涙が出ますが、これは、揮発(きはつ)した硫化アリルが目や鼻の粘膜を刺激するためです。たまねぎの辛み成分はこのアリシンで、水に溶けやすい性質があるので、たまねぎを切って水にさらすと50%程度は溶け出してしまうといわれています。また、アリシンには強い抗菌、抗カビ作用があります。

【オススメ記事】
健康効果は値段以上? 医師が1缶200円のさば缶につまった魅力を解説

フラクトオリゴ糖で血糖値の上昇を抑制! 脂質異常症を改善!

食事を摂ると血液中の糖分(血糖)が多くなり、血糖値が上がります。食後に血糖値が急激に上がったり、また急激に下がったりと激しく変動することは、とても危険。この急激な変動を「血糖値スパイク」と呼びますが、血糖値スパイクは、糖尿病の原因となるだけでなく、血管の壁を傷つけます。血管の傷を修復するために免疫細胞が血管の内側に入り込み、壁を厚くして血管を狭くしてしまいます。これが繰り返されると血管が狭く硬くなる動脈硬化につながります。たまねぎに含まれるフラクトオリゴ糖には、食後血糖値の上昇を抑える働きがあるため、糖尿病や動脈硬化の予防につながるのです。

また、フラクトオリゴ糖は食物繊維の一種。消化器官でコレステロールが吸収されるのを抑える働きがあるため、脂質異常症の改善にも効果的です。

【フラクトオリゴ糖とは?】
食物繊維の一種。たまねぎはオリゴ糖が豊富で、このフラクトオリゴ糖もそのひとつ。たまねぎの甘みは、オリゴ糖によるものですが、低カロリーなので、ダイエットにぴったり。ごぼうやアスパラガス、トマトにも含まれており、おなかの調子を整え、腸内フローラを改善する働きもあるため、便秘の改善などにも効果的です。

【オススメ記事】
糖尿病は一度かかると治らない! 発症しないための生活の心がけ

(抜粋)

たまねぎで病気を予防! 万能食材の驚きの効果とは?
出典: FASHION BOX

TJ MOOK『血圧・血糖値を正常化する最強救世主! さば缶たまねぎ』
監修:小田原雅人

構成・編集・原稿:小山暢子
撮影:深澤慎平
WEB編集:FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
誰このイケメン!? 人気お笑いコンビが別人級の大変身
一度見たら忘れられない! 衝撃のおもしろ看板3連発
[雑誌付録まとめ 11月下旬発売] ポケモングッズや冬コーデに使えるアイテムが続々!
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチまとめ
[ローソン限定] スヌーピーのバッグ&ポーチで行楽の秋がもっと充実!
糖尿病は一度かかると治らない! 発症しないための生活の心がけ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ