<保険料が約半分!?>たばこを吸わない人・健康な人は保険が安くなる

<保険料が約半分!?>たばこを吸わない人・健康な人は保険が安くなる

出典: FASHION BOX

何らかの保険に加入して、毎月保険料を支払っている方は多いはず。それでも意外と知られていないのは、喫煙や健康状態によって保険料が違うということ。たばこを吸わない人、健康状態が良い人は保険料が安くなる保険を活用するのがベスト! ファイナンシャルプランナーの藤川太さんが詳しく解説してくれました。

1年間の喫煙歴と血圧・BMIが判断基準

<保険料が約半分!?>たばこを吸わない健康な人は保険が安くなる
出典: FASHION BOX

生命保険では、たばこを吸わない人に「非喫煙者(ノンスモーカー)割引」、健康な人に「健康体割引」を適用して保険料を安くする仕組みの導入が広がっていて、特に収入保障保険はこうした割引のある商品が多くなっています。非喫煙者割引は過去1年間(保険会社によっては2年間)たばこを吸っていないことが条件で、専用の器具で唾液を調べるのが一般的です。

健康体割引は、最高血圧と最低血圧、BMIが一定の範囲内であることが条件。BMIは、体重(kg)を身長(m)の2乗で割って肥満ややせすぎを見る指標です。保険商品によって、健康体の判断基準が血圧のみ、BMIのみ、血圧とBMIの両方の3パターンがあります。

また、非喫煙者割引のみがある商品と、非喫煙者と健康体の組み合わせで3つまたは4つの保険料区分がある商品があります。非喫煙者・健康体の割引率は保険商品によって異なりますが、ある商品の例では、標準体と非喫煙健康体の保険料の差が年間1万円以上になることがあります。
非喫煙者や健康に自信がある人は、保険の見直しや新規加入の際に非喫煙者割引や健康体割引のある保険を調べてみましょう。喫煙者や健康に自信のない人は、割引のない商品のほうが保険料は安いかもしれません。

【オススメ記事】
実質負担2000円で特産品が手に入る!? ふるさと納税で賢く節約!
シングルも既婚者も貯蓄できる! お金が貯まる2つのワザ
戻ってくるお金がある!? 忘れずに行うべき確定申告とは?

このコンテンツの監修者は……

<保険料が約半分!?>たばこを吸わない健康な人は保険が安くなる
出典: FASHION BOX

藤川 太さん
【Profile】
生活デザイン株式会社代表取締役、ファイナンシャルプランナー。「家計の見直し相談センター」での相談業務、講師、メディアへの出演などで活躍。著書に『年収が上がらなくてもお金が増える生き方』(プレジデント社)など。

【オススメ記事】
あなたはどのタイプ? 今から老後資金を増やす4つのルール
初心者は少額からスタート! 金融のプロが教える「株式投資」

(抜粋)

<保険料が約半分!?>たばこを吸わない人・健康な人は保険が安くなる
出典: FASHION BOX

TJ MOOK『これで安心! 老後の2000万円を貯める本』
監修:藤川 太

企画協力:生島典子
編集協力:恩田康信(ブルーラグーン)、中山壮太(ブルーラグーン)
執筆協力:生島典子、坂本君子、高橋晴美、タケイ啓子、長尾義弘、畠山憲一、馬養雅子、森谷健一
写真提供:ピクスタ
表紙イラスト:Inspring / Shutterstock.com
WEB編集:FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
その兆候、ヤバいかも……日本人の4人に1人の命を奪う血管病のサイン
【心臓血管外科のスーパードクターが実践している秘密の健康法】マネできる5つの習慣
突然死のリスクを下げる! 医師に聞いた、血管力を高める食べ方
最悪の場合、死に至る! 血管病リスクを高める悪の5大要素
ウォーキングが肝だった! 血管がよろこぶ運動習慣
この肩こり、どうにかしたい……寝る前の肩甲骨はがし運動がおすすめ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ