男性が取れる育児休暇は日本が世界一長いって知ってた?でも取得率は…|父親の育休期間ランキング

男性が取れる育児休暇は日本が世界一長いって知ってた?でも取得率は…|父親の育休期間ランキング

出典: FASHION BOX

小泉進次郎環境大臣が取得したことで注目を集めた、男性の育児休暇。日本ではまだ、男性の取得は珍しいのではないでしょうか?ですがユニセフが行った調査によると、日本の父親が取れる育休期間は諸外国と比べると、群を抜く長さだったのです。一体どういうことなのでしょうか? 人気社会科講師の伊藤賀一先生に解説してもらいましょう!

≪目次≫

 

父親が取得できる育休期間は日本が最長

男性の育休制度は整えてはいるものの……

ユニセフ(国連児童基金)は、41カ国を対象にした子育て支援政策に関する調査の報告書で、日本を男性の育休制度で1位に評価しました。「父親に6カ月以上の(全額支給換算)有給育児休業期間を設けた制度を整備している唯一の国」というのが評価の理由です。
ただし喜んではいけません。「2017年に取得した父親は20人に1人」として、取得率の低さの特異性も指摘されました。一方、女性については16位でした。また、2位は韓国、3位はポルトガルでした。

 

父親が取得可能な有給育児休暇期間 ランキング国 TOP10

1位 日本 30.4週

2位 韓国 17.2週

3位 ポルトガル 12.5週

4位 スウェーデン 10.9週

5位 ルクセンブルク 10.4週

6位 ノルウェー 9.8週

7位 アイスランド 7.8週

8位 オーストリア 6.9週

9位 フィンランド 5.7週

9位 ドイツ 5.7週

出典:国連児童基金(ユニセフ)「Are the world’s richest countries family friendly?」

 

「家族にやさしい政策」の国ランキングでは北欧がトップ/世界の豆知識

ユニセフの「両親が少なくとも6カ月間の有給育児休業が取得できる」などを基準にした「家族にやさしい政策」の国ランキングの第1位はスウェーデン、2位ノルウェー、3位アイスランドという評価でした。やはり北欧は「高負担」の代わりに「高福祉」のようです。

 

教えてくれたのは/伊藤賀一 先生

【PROFILE】

伊藤賀一先生
出典: FASHION BOX

伊藤賀一(いとう・がいち)

1972年、京都生まれ。法政大学文学部史学科卒業後、東進ハイスクール講師を経て、現在、リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」で高校日本史・倫理・政治経済・現代社会、中学地理・歴史・公民の7科目を担当する「日本一生徒数の多い社会科講師」。43歳で生涯教育学を学ぶため再受験し、現在は早稲田大学教育学部5年に在学中。著述業・ラジオパーソナリティ・リングアナウンサーなど、その活動は多岐にわたる。著書に『世界一おもしろい 日本史の授業』『笑う日本史』(ともにKADOKAWA)、『ニュースの“なぜ?”は日本史に学べ』(SB新書)、『47都道府県の歴史と地理がわかる事典』(幻冬舎新書)などがある。

 

【オススメ記事】
スーパーの牛肉のラベルに注目! 「和牛」と「国産牛」の違いを解説
なぜ香川県では讃岐うどんが栄えたの?
岩手名物「わんこそば」がおかわりさせるのはなぜ?ルーツに迫る
世界一清潔な空港は羽田!では成田が“世界一”に輝いたのは…?|最も清潔な空港ランキング
実はアメリカ発祥!日本のセブン‐イレブンは“世界一のコンビニ”って本当!?

 

(抜粋)

男性が取れる育児休暇は日本が世界一長いって知ってた?でも取得率は…|父親の育休期間ランキング
出典: FASHION BOX

宝島社新書『「日本が世界一」のランキング事典』
著者:伊藤賀一

 

※掲載の情報は、基本的に2020年3月初旬時点のものです
著者写真 小谷信介
編集協力 佐古京太(ファミリーマガジン) 、荻田美加、早川満、幕田けいた

Web編集 FASHION BOX

 

【いま読まれている人気記事】
[雑誌付録まとめ 4月上旬発売]L.L.Beanトートやスヌーピーの保冷バッグなど新生活に役立つモノが勢ぞろい!
紐パンをはくメリットは? 着用方法やお手入れ方法も解説
[雑誌付録まとめ 3月下旬発売]L.L.Beanほか待望のコラボバッグがたくさん登場!
過敏性腸症候群を改善するおすすめの食事法とは? 納豆やヨーグルトはおなかに良くないってほんと?
中性脂肪・コレステロールは下げられる! 効果的な自宅でできる運動や食べ物・飲み物は? 中性脂肪の減らし方を解説!
ダイエットは朝ごはんがカギ!痩せる朝ごはんのポイントとは?

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ