子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南

出典: FASHION BOX

社会に不安が高まっている現在、避けられるリスクには、自分で対処したいもの。今だからこそ、防犯意識を高めて、自分、家族と財産を守りましょう。子どもに教える防犯対策について、立正大学の小宮信夫教授に教えていただきました。

≪目次≫
●子どもに教える防犯対策
 ○「人」ではなく「場所」を意識して犯罪を防ぐ
 ○どっちがあぶない?
●教えてくれたのは……小宮信夫教授 プロフィール

子どもに教える防犯対策

「人」ではなく「場所」を意識して犯罪を防ぐ

「子どもがひとりで遊びに行くようになると、親の防犯意識は高まりますが、そのときに誤ったメッセージを伝えている場合が多いのです」と、小宮教授。

特に「不審者に気をつけなさい」「知らない人と話してはダメ」というのは、子どもに伝わらない注意になりがち。きちんとした服装の人が犯罪者であったり、道端で2、3回あいさつした人も子どもには「知っている人」になります。

犯罪に結びつくかどうかを、“人”で判断するのではなく“場所”で判断することが大切。犯罪が起こりやすいのは、“入りやすく、見えにくい”場所です。たとえば、“木に囲まれた公園がその典型”。また、植え込みやガードレールのない通学路は、車で現れる犯罪者が子どもと直に接してしまう“入りやすい”場所です。

注意したいのは、死角でさえぎられている場所が“見えにくい”のはもちろんですが、人が多すぎる駅の周りなども、連れ去りなどが起こっていても異変に気づいてもらえない、“見えにくい”場所であるということ。

「子どもがひとり歩きするようになったら、どんな場所があぶないのか、親子で散策しながら一緒に考えるといいでしょう」

防犯アドバイザーが伝授<泥棒><特殊詐欺><ご近所トラブル>有効な対策は?

ストーカーに狙われやすいのはどんな人? 防犯のプロに聞く防犯対策 [Q&A]

◀◀◀どっちがあぶない?▶▶▶

日常の行動範囲の中でも思わぬ場所に危険が。“入りやすく、見えにくい”を基準に、危険度を考えて。

**********

【高い塀の住宅街】

子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南
出典: FASHION BOX

 VS

【窓が面した通り】

子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南
出典: FASHION BOX

一見安全そうな高級住宅街ですが、高い塀に囲まれた家ばかりの道は“見えにくい”場所に。通りに面した窓がたくさんあって、視線を感じる住宅街は犯罪者にとって見えやすい場所になり、犯罪を抑止してくれます。

**********

【木で囲まれた公園】

出典: FASHION BOX

 VS

【フェンスで囲まれた公園】

子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南
出典: FASHION BOX

日本の公園は誰でも入れるつくりが多いですが、防犯視点で考えると不十分。特に周りが木で囲まれていると、“見えにくく”危険性がアップ。海外の公園は児童以外は入れないように柵で囲まれており、大人は柵の向こうで見守ります。

**********

【誰でもトイレ】

子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南
出典: FASHION BOX

 VS

【男女入り口の分かれたトイレ】

子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南
出典: FASHION BOX

男女どちらでも入れる「誰でもトイレ」は、犯罪の危険地帯です。公園ならば、男女の入り口が建物の反対側にある、商業施設なら女子トイレと男子トイレは別のルートで入るなどの場所が安全です。それ以外の場合は、親がついていって。

**********

【ガードレールのない道】

子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南
出典: FASHION BOX

 VS

【ガードレールのある道】

子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南
出典: FASHION BOX

車道から犯罪者が子どもに声をかけ、車内に連れ込もうと思っても、ガードレールや植え込みがあれば、それが障害になり“入りにくく”なります。子どもには、ガードレールの外側を歩かないよう、言い聞かせましょう。

防犯のプロが教える<痴漢にあったとき・夜道・ひとり暮らし>のNG行動とは?

【知っておきたい防犯対策】10項目で自宅をチェック! [防犯アドバイザー監修]

教えてくれたのは……

子どもを犯罪から守るには?「あぶない場所」の見極め方を防犯の専門家が指南
出典: FASHION BOX

小宮信夫教授 Nobuo Komiya プロフィール

立正大学文学部教授。「地域安全マップ」の考案者。自治体や教育委員会で防犯アドバイスを行う。著書に『子どもは「この場所」で襲われる』(小学館)。

プロが選んだ100均でおすすめの防犯グッズ8選! これでお家の防犯対策を

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
text_Ema Tanaka
illustration_Nonoco Shiraishi
リンネル 2020年7月号
web edit_FASHION BOX, Ayaki Ando[vivace]

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ