アラサー女性の健康問題について『steady.』読者に調査! 8割以上がPMSの自覚あり!?

アラサーOLの8割がPMSあり、半数が女性特有のがんを心配 etc. 『steady.』読者に健康にまつわるアンケート

働く女性のウェルネスと最新技術
アラサー女性の体についてアンケート

毎月やってくる生理の悩みをはじめ、女性が抱える体や心の悩みは数多く存在します。いつものことだからと見過ごさないで向き合ってみましょう。まずは『steady.』読者に健康問題について、アンケートを実施しました。みんな自分の体のことをどう考えているの?

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

steady.1000人アンケート アラサー女性の体について

女性特有の健康の問題について、みんながどれくらい考えているのかを徹底調査! 今話題のワード「フェムテック」についても聞きました。

フェムテックとは?

「女性=Female」と「技術=Technology」を組み合わせた造語で、女性の体にまつわる悩みをテクノロジーで解決しようというもの。欧米を中心に女性の社会進出が進み、働く女性が増えている中、企業の管理職や上層部にいるのは男性がメイン。そのため彼らに、女性の健康課題をより身近に感じてもらうために作られた言葉です。ジャンルとしては、生理痛対策や妊活に関するものから、乳がん検診に使用する医療機器まで幅広い!

・デリケートゾーンケア
・更年期
・セクシャルウェルネス
・不妊
・女性の病気
・妊活
・月経
・PMS

Q:フェムテックという言葉を知っていますか?

アラサー女性の健康問題について『steady.』読者に調査! 8割以上がPMSの自覚あり!?

知らない……77.4%
知っている……22.6%

フェムテックという用語は、一般的にはまだまだ浸透していない様子。常日頃からアンテナを張っている人が知っているというのが現状。

「フェムテックは、ネットの記事で見て知りました。今まで知らなかった最新のグッズや技術が色々あるようなので、興味津々です!」
(教育関連勤務・29歳)

「知らなかったです! どういうものなのかこれから調べていきたいです。個人的にはPMSがあるので、関連のアイテムがあるのか気になります」
(教育関連勤務・30歳)

Q:フェムテックのトピックで一番興味があるものは?

アラサー女性の健康問題について『steady.』読者に調査! 8割以上がPMSの自覚あり!?

PMS・月経……31.5%
デリケートゾーンケア……25.8%
婦人系の病気……24.5%
セクシャルウェルネス……9.1%
不妊や妊活……8.4%
その他……0.7%

普段の生活でネックになる、月経やPMS。毎月やってくるものだから、上手に付き合いたいと思っている人は多いみたい。人には話しづらいデリケートゾーンなども関心度は高め。

Q:月経中の症状で悩んでいるものは?

1位:生理痛
2位:イライラするなどのメンタルの不調
3位:吐き気

多くの人が悩んでいるのが、生理痛。鎮痛剤が手放せない人や、2日目は出勤がつらいという人も。この時期にメンタルの不調を感じる人も多く、生理の期間は憂鬱なもの、という認識に。

Q:PMSの自覚はある?

アラサー女性の健康問題について『steady.』読者に調査! 8割以上がPMSの自覚あり!?

ある・精神面身体面両方……50.3%
ある・身体面……19.6%
ある・精神面……16.1%
ない……14%

PMSを感じている人は8割以上! 精神面と身体面の両方で症状を感じている人も半数いて、深刻です。具体的な対策をどのようにしたらいいのかわからない人も、たくさんいるみたい。

「生理2日目は仕事のミスが圧倒的に増えます。生理痛がひどいわけではありません、集中力が続かないような気がします。対処法があれば知りたい!」
(事務・32歳)

「お腹が痛くなる前に鎮痛剤を飲んだり、とにかくお腹や足先、下半身を温めることを意識しますが、毎月大変です」
(教育関連勤務・27歳)

Q:体のお悩みで気になることは?

アラサー女性の健康問題について『steady.』読者に調査! 8割以上がPMSの自覚あり!?

(複数回答可)

女性特有のがんについて……45.2%
PMSや月経痛……25.9%
がん以外の女性の病気について……19.6%
生理不順……13.4%
不妊治療について……6.2%
検診について……2.3%
その他……15.2%

アラサー世代にとって、女性特有のがんも身近な問題。母親をはじめ、近しい存在が罹患していると、特に不安に思うよう。検診に行くことがまず大切!

「友人が乳がんになったので、年齢関係なく、かかるのだなと感じました。毎年、検診は欠かさずに受けるようにしているし、自宅でもお風呂上がりにセルフチェックをするようにしています」
(金融関連勤務・35歳)

「特に今心配事はないけれど、婦人科検診には行くようにしています。何かがあってからでは遅いので……。まだ20代だからか、周りで定期的に受けている人は少なめです」
(広告関連勤務・26歳)

話題の「吸水ショーツ」をまだ使ったことのない人に、オススメしたいブランド3選♡

元アンジュルム・和田彩花|同世代へ自分の体と向き合う大切さをメッセージ! 生理中前向きに過ごすためのアイテムも

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 


PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]

アラサー女性が気をつけたい婦人科系の病気って? 妊活にまつわるQ&Aなども産婦人科医が解説

セクシャルウェルネス事情を『steady.』読者にアンケート! 性交痛を緩和するアイテムも登場[産婦人科医 監修]

イラスト/あきもとみゆき
取材・文/弓削桃代
steady. 2022年2月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ