PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]

つらいPMSをラクにするには? 生理中が快適に過ごせる最新アイテム[産婦人科医ほか監修]

働く女性のウェルネスと最新技術
女性の体とウェルネス&フェムテック/PMSや月経について

女性の体を考えたとき、もっとも身近な問題が月経。月経によるPMSに悩んでいる読者も多く、トラブル解決法はもっとも関心の高いトピック! そこで産婦人科医の尾西芳子先生とfermata COOの近藤佳奈さんに生理にまつわるあれこれをレクチャーしてもらいます。自分の体を大切にするヒントがいっぱい!

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

PMSとは?

「月経前症候群」といわれるもの。月経の3〜10日ほど前から始まり、月経が始まると数日で治ってしまう不快な症状のこと。人によって症状はさまざまで、むくみ、乳房のハリ、ニキビ、腹痛などのほか、不安、イライラなど精神的な症状が表れる人もいます。

身体的不調

・ニキビや肌荒れ
・乳房のハリ
・腰痛
・頭痛

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]

 

精神的不調

・鬱
・不安
・イライラ
・落ち込む

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]

 

つらいPMSをやわらげるために

原因や要因は?

PMSは、月経前に増加するホルモンによるものではないか、などさまざまな原因が考えられており、まだきちんとした原因はわかっていません。ですが、元来真面目な気質の人やキレイ好き、鬱傾向にある人に強く出やすいようです。

1:生活習慣を正す

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]

まず、生理前に生じる自分の症状が、PMSに当てはまるかどうかをチェック。PMSであると認識できたら、1日3食きちんと食事をとり、適度な運動や早寝など、基本的な部分を整えて。規則正しい生活を心がけましょう。

2:産婦人科に相談

PMS症状が耐えられない場合は、ぜひ婦人科へ相談を。低用量ピルは、女性ホルモンが2種含まれることから、生理周期による女性ホルモンの変動を抑える作用が。そのことからPMSをやわらげるために処方されることもあります。
→ただしPMS症状だけでは低用量ピルの処方は保険適用外(子宮内膜症、月経困難症は適用内)

まずは市販のPMS対策アイテムを試すのも◎!

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
トコエル¥1,296/大塚製薬

月経前に女性が感じている、心と体の変化をサポートしてくれるサプリ。2つのビタミンE、エクオール、カルシウムを配合。

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
「クラシエ」漢方加味逍遙散料エキス錠¥2,640/クラシエ薬品お客様相談窓口

ホルモンバランスの乱れによるイライラや、生理不順にも効果的な漢方薬。

月経について

Q1:月経痛はなぜ起きるの?

「月経痛には、さまざまな原因があります。代表的なものは、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜症を患っている場合。病気はないけれど、子宮の入り口が狭かったり、子宮内膜で生まれる痛み物質に敏感になる月経困難症なども」
(産婦人科医 尾西芳子先生)

Q2:月経痛がひどい場合、病気の可能性はある?

「子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫の可能性があります。年々月経痛が悪化していたり、出血量が多く日中2時間おきにナプキンを替える、昼間でも夜用ナプキンを常に使っているなどの人は、病気の可能性もあるので、婦人科へ」
(尾西先生)

《COLUMN》更年期障害について

steady.世代ではまだ先になると思いますが、日本人の閉経は平均で50歳といわれています。その5年くらい前、45歳くらいから更年期障害が出始めます。

月経期間中を快適に過ごすための最新アイテム事情

月経期間中のお悩みは、「これは仕方ないことだ」と思って、我慢をしていた人も多いと思います。でも、自分と向き合って解決法を探していくのは楽しいこと。アイテムをどんどん試して月経期間を快適に過ごして!

吸水サニタリーショーツ

月経直前の不安なときもはくだけで安心! まずは量の少ない生理の始まりや終わりかけなどから始めて!

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
EDITOR'S CHOICE
ムーンパンツ ハイウエスト¥7,480/アジュマ

お腹を冷やさないハイウエストタイプ。前面にはカイロ用ポケット付きなのもうれしい。

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
HUG you リークプルーフショーツ for active ¥5,940/ハグユー

逆U字型吸水構造で股下から内腿までしっかり吸収。立体構造でフィット感も抜群。

お手入れ簡単!

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]

流水で、汚れが出なくなるまで洗い流して、ネットに入れて洗濯機で洗えばOK。面倒でなければ専用の洗剤を使ってもいいけれど、使用しなくても問題ありません。気になる人は重曹でつけ置きしても◎。

肌荒れ対策

生理期間は、ホルモンバランスが崩れて肌荒れもしやすいはず。女性の体の周期にあわせてスキンケアアイテムも選ぶとベター。

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
EDITOR'S CHOICE
Rael フェイシャルマスク(5枚入り)各¥1,980/フェルマータ

排卵期や黄体期など、生理周期にあわせて使っていく4タイプのマスク。ホルモンバランスの乱れに対応!

月経カップ

月経3周期分は練習が必要といわれていますが、慣れると快適。吸水サニタリーショーツと併用が◎。出血量がわかるので体の異変にも気づきやすい。

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
EDITOR'S CHOICE
ソフィ(R) ソフトカップ オープン価格/ユニ・チャーム

初めて月経カップを使う人にも扱いやすいように、やわらかさにこだわった素材。リング型の取っ手付きなので使用後も取り出しやすい。

デリケートゾーンケア

VIOの脱毛など、意識が高まっているデリケートゾーンケア。脱毛していない人はしっかり泡立てて洗ったり、脱毛済みの場合は、逆に洗い過ぎに注意が必要だったりさまざま。ソープやクリームなど、自分の体にあわせてチョイスを。

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
EDITOR'S CHOICE
コラージュ フルフル泡石鹸(ピンク)【医薬部外品】¥2,530/持田ヘルスケア

汗や汚れで雑菌トラブルの多いデリケートゾーンを清潔に保ってくれる。カビも細菌もWで抗菌。

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
VAGIクリーム¥3,850/SOB

産婦人科医・尾西芳子先生が監修。デリケートゾーンにうるおいやハリ、弾力を与えてくれるクリーム。美白成分のほか、抗炎症、抗酸化成分も配合。

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
明日 私は柿の木に登る フェミニンミスト¥4,180/フェルマータ

デリケートゾーンの保湿ケアにおすすめ。植物由来のミストで、ローズマリーなどの爽やかな香りで気分もすっきり。

話題の「吸水ショーツ」をまだ使ったことのない人に、オススメしたいブランド3選♡

アラサー女性の健康問題について『steady.』読者に調査! 8割以上がPMSの自覚あり!?

教えてくれたのは……

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
産婦人科医
尾西芳子先生

産婦人科医
尾西芳子先生

【PROFILE】
都内産婦人科クリニックに勤務し、院長を歴任。妊娠・出産から、婦人科系のガンの手術、不妊治療まで幅広く学んだ知識で、患者の診察に当たる。2児の母でもある。

PMSをやわらげる生活習慣は? 吸水ショーツなど生理中快適に過ごせる最新アイテムも紹介[産婦人科医 監修]
fermata COO
近藤佳奈さん

fermata COO
近藤佳奈さん

【PROFILE】
「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」を掲げ、「どうにもならない」と思っていた女性たちの悩みを解決できるように働きかけるfermataに参画。事業戦略や営業などを統括する。

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

元アンジュルム・和田彩花|同世代へ自分の体と向き合う大切さをメッセージ! 生理中前向きに過ごすためのアイテムも

アラサー女性が気をつけたい婦人科系の病気って? 妊活にまつわるQ&Aなども産婦人科医が解説

セクシャルウェルネス事情を『steady.』読者にアンケート! 性交痛を緩和するアイテムも登場[産婦人科医 監修]

イラスト/あきもとみゆき
取材・文/弓削桃代
steady. 2022年2月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ