パパの人形は浴槽へ……犬山紙子さんが綴る愛娘チャゲの斜め上をいく行動

パパの人形は浴槽へ…犬山紙子が愛娘の斜め上をいく行動を告白

出典: FASHION BOX

テレビのコメンテーターとしても大活躍中の犬山紙子さん。私生活ではチャゲという愛称で呼ぶ女の子のお母さんでもあります。そんな犬山さんとチャゲちゃんが過ごしたひと夏の日常とは? 大人の想像を超えるチャゲちゃんの行動や発言に思わずくすっとします。

PROFILE

パパの人形は浴槽へ……犬山紙子さんが綴る愛娘チャゲの斜め上をいく行動
出典: FASHION BOX

犬山紙子
イラストエッセイスト、コラムニスト。現在は、日本テレビ『スッキリ』のコメンテーターも務める。『私、子ども欲しいかもしれない。妊娠・出産・育児の“どうしよう”をとことん考えてみました』(平凡社)が発売中。

☆犬山紙子さん出演中のTOKYO FM「ホメラニアン」公式サイトはコチラ

 

犬山紙子さんとチャゲちゃんのひと夏Diary

7月9日

チャゲのコップの茶をちょっと飲んだら「違う! ママ違う!」とキレられた。いいじゃん……、ちょっとくらい飲ませておくれよ。

 

7月17日

チャゲ、寝言で「しまじろう……」と言う。可愛すぎて夫と悶絶。まあ寝室に入って2時間寝てくれなかったんですが。

 

7月18日

毎度のことですが、今日も全然寝ついてくれない。お風呂に入って、寝室を冷やしてもダメ。「どんぐりころころ!」と言いながらすげー勢いで転がりまくり寝ない。

 

7月19日

よく聞いたら「お池にはまってさぁ大変」を「お池に挟まってさぁ大変」と歌っていた。可愛いから何度も歌ってもらった。もちろん全然寝ませんね。

 

【オススメ記事】
辛酸なめ子、インスタ萎え系女子の通路女子会を観察
巨匠スピルバーグ監督の爆弾発言に全米が震撼!? [おこぼれワイドショー]

 

7月20日

チャゲを連れて川越ゆりえさんの作品を見に青山スパイラルへ。人の心に潜むネガティブな感情や弱さを架空の虫の標本として表現する神作品の数々。嫉妬心の標本は、ブツブツの虫がネッチョリくっつきあったりしていて「代弁〜! 私の心代弁〜!」ってIKKOさんのように心の中で叫びました。チャゲは笹岡由梨子さんの映像作品に「怖いねえ」と言いながら釘づけになっていた。

 

7月21日

参議院選挙の日だったので家族で投票へ。投票所で風船をもらってチャゲもうれしそう。子どもが投票所に行くと喜ぶことをするってシンプルでとてもいい取り組みだな〜とほっこりしました。私は夫とは政治については話し合うほうで、お互いいい感じに集めた情報やら意見やらの影響を与えあっています。

 

7月24日

キティちゃんハウスで遊ぶチャゲ。母親の人形はベッドでゴロゴロ、いつも風呂に入れてくれる父親の人形は風呂に沈める。普段の行いを的確に表しているな……。

 

7月28日

チャゲを連れて『塩田千春展』を見に森美術館へ。膨大な意図で膨大な空間の中を編み込んでいく作品群。その様子は死んだ人たちの魂が絡み合ってるようで「この世にあの世があるんじゃん、地続きなんだな」なんて思ったり。チャゲは「赤いねえ」と言っていました。

 

【オススメ記事】
内田裕也への想いも! 深すぎる樹木希林の「遺言」が40万部超え大ヒット!!

 

7月29日

チャゲを連れて『虫展』を見にミッドタウンへ。虫の「このデザインマジ自然界が生み出したん!? 奇跡〜!!」という美しさをダイレクトに感じる。最後に自分の考えた虫を作れるコーナーで、チャゲと「モチモチプニプニシマシマモフモフセンパイ」というアホみたいな虫を作った。色はオレンジと赤です。元気カラー。

 

7月30日

チャゲ、寝る前に「もっと遊びたい!」と言って泣く。カーチャンももっと遊びたいよ、1日30時間とかあったらいいのに。気持ち、わかるよ、でも寝るんだよ。

 

7月31日

パパの人形は浴槽へ……犬山紙子さんが綴る愛娘チャゲの斜め上をいく行動
出典: FASHION BOX

アニメの動画をマネてほっぺにチュウをしてくれる。

 

【オススメ記事】
男子は意外と見てる!? 犬山紙子「メイクを変えたら、綺麗になった」と言われた

 

8月1日

チャゲがキティちゃんにハマったので、粘土でキティちゃんを作ってみた。喜んで握りしめるチャゲ。ひしゃげるキティ。ひしゃげで愛情を表現できる粘土っていいもんだなあ、マヌケヅラになったキティが愛おしい。

 

8月3日

チャゲを連れて『メスキータ展』を見に東京ステーションギャラリーへ。メスキータはエッシャーの先輩でアウシュヴィッツで亡くなったアーティスト。木版画の彫り方で光と影がダイナミックに表現されていて、削ぎ落として魅せる美を感じる。チャゲは「この人怒ってるね」など感想を言っていました。アウシュヴィッツが「優生思想の成れの果ての地獄」だとすると、それを圧倒的な才能で否定する作品群は「優生思想がまたはびこりだした今」こそ見ておくべきだなとも。

 

犬山紙子さんのひと夏の総括

この1カ月、移動では本にかぶりつき、休日となるとチャゲと夫を連れてやたらと美術館へ行っていました。ここずっとアウトプットばっかりしてたので、脳が「お前そろそろインプットせ〜や〜」って指令を出したのか、本を読むのも作品を見るのも超快感で生きるのが楽しくて仕方ない……。で、それをチャゲと一緒に見られるってのがよりうれしいんですよ。何かを見て感想を言い合えるのって夢だったから。チャゲもチャゲなりに小さな心にインプットをしているんでしょう。どう発露するのか楽しみ。

☆犬山紙子さん出演中のTOKYO FM「ホメラニアン」公式サイトはコチラ

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
文と絵:犬山紙子
編集:FASHION BOX
steady. 2019年10月号

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ