眼科医が警鐘!第一印象を左右する目力が急速に衰えるワケ

出典: FASHION BOX

「目は口ほどにものを言う」「目で殺す」などと表現されるほど、美しさはもちろん、自分という存在をアピールするためにも、目は重要なパーツ。目まわりは他のパーツと何がどう違うのか、どのように変化し、それはいつ定着するのか。アジア人の目の特徴など、客観的な事実から、目力が弱くなる理由を探ります。

1,800本の針を目元に貼って寝る!?進化系アイケア速報

お話を伺ったのは……

出典: FASHION BOX

あまきクリニック院長 味木 幸先生
日本眼科学会専門医。慶應義塾大学医学部卒業。2003年に現クリニックを開院。肌など美容悩みにも医療でアプローチする。4児の母。

見た目も機能的にも変化が表れる30代半ば。生活習慣も見直して

出典: FASHION BOX

「目まわりの皮膚に、20代とは違う悩みが定着し始める30代半ばは、目が疲れやすくなったり、機能的な不調も感じるころ。いわば、ターニングポイントです」と、眼科医でありながら美容皮膚科も担当する味木 幸先生は警鐘を鳴らします。もちろん年齢だけではなく、目と目まわりの老化の表れ方には個人差が。

「まずは慢性的に睡眠不足の人。目は起きている時間はずっと動き続けているので、睡眠不足の人は目を酷使していると考えて。もともと加齢による症状だったドライアイも、長時間のパソコンやスマホ使用で、いまや老若男女に表れています。さらに目が酸欠状態になるコンタクトレンズも目の乾きや疲れ目を招き、目を触りがちになるので摩擦のリスクも」。目を疲れさせる生活習慣で、瞳のキラキラ感も低下。

「目の潤い不足はメイクでもカバーできません。最新コスメでシワやたるみを防ぐケアと並行して、良質な油をたっぷり摂り目を休める生活を意識し、エイジレスな見た目印象をキープしましょう」

「眠れない」「疲れやすい」は女性ホルモン不足?女の味方、婦人科へ行こう!

大人の目力にまつわる真実1:目まわりの皮膚の薄さは約4分の1!

顔のなかでも特にデリケートな目のまわり。その理由は皮膚の薄さで、他の部位と比べて厚みが4分の1しかありません。極めて薄く皮脂分泌も少ないため、摩擦などの刺激や乾燥に弱く、微弱な炎症を起こしやすいパーツです。それなのに、クレンジングやアレルギーのかゆみでゴシゴシこすってしまう人も多く、慢性的な炎症で早期老化に。

大人の目力にまつわる真実2:アイクリーム使用率が一番高いのは40代

ロート製薬が20~60代女性237人に行った調査によると、目まわりの悩みが深刻化する40代は、50、60代よりもアイクリーム使用率が高いことが判明。悩みの1位は目の下・目尻のシワで、そのあとにクマ・くすみ、たるみが続きます。

[眼精疲労・ドライアイ]目が乾く、目が疲れたと感じたらすぐできる対処法

大人の目力にまつわる真実3:まばたきの回数は1日に約15,000回!

出典: FASHION BOX

起きている間、絶えず繰り返されるまばたき。8時間睡眠で1日約15,000回、睡眠不足だとさらに増えることに。まばたきには涙の分泌を促すはたらきがありますが、上眼瞼挙筋やミュラー筋など、まぶたを開け閉めする筋肉は日々酷使されて疲労していると心得て。

大人の目力にまつわる真実4:目まわりのシワは1週間で定着する

出典: FASHION BOX

ストレスや疲れによる顔の筋肉収縮が、どのような影響を与えるか、女性41名に類型学調査を実施したのはクラランス。その結果分かったのは、1週間でストレスや疲れ、緊張によるシワが定着するという怖ろしい事実。特に頰、目まわり、口もとで影響が大きく表れたそう。

大人の目力にまつわる真実5:アジア女性は目の小ささに悩んでいる

出典: FASHION BOX

地域や人種によって骨格も色相も異なり、それは目もとの悩みにも反映されるようです。2017年に目まわりの悩みを調べたランコムのデータによると、アジアの女性は「目が小さい」が一番の悩みで、次いで「クマ」が気になると回答。アメリカやヨーロッパでは「疲れているように見える」がもっとも多く、次いで「目の印象が薄い」と答えています。明るく元気な印象の目を望んでいるのは世界共通。

[デスクワークに疲れたら…]お疲れ女子向け癒やし情報まとめ

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photo_TAKASHI YOSHIDA[MAKIURA OFFICE](model)
hair&make-up_KEIKO CHIGIRA[cheek one]
styling_MIHOKO SAKAI
model_MIKIKO YANO
illustration_AKIKO HIRAMATSU
text_ERI KATAOKA
edit_SUMIE YOSHIDA[& ROSY]
web edit_FASHION BOX, SATOKO ISHIKAWA[vivace]
& ROSY 2019年10月号
【いま読まれている人気記事】
[掃除のコツ]ダニの死骸が大量発生!? 季節の変わり目には中掃除を
トイレは掃除機をかけてはいけない⁉ 細菌・ウイルスを寄せつけない部屋づくりのポイント
結婚式お呼ばれコーデ4選☆ どんな服着ていけば良い?
30代以上の女性はほぼ全員発症!? 血管の病気「下肢静脈瘤」とは
春に起こりやすい自然現象を表す漢字クイズ5問
足がつりやすい、むくみやすい人必見!血流を滞らせない座り方&寝方

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ